明治大学付属明治中学校

中学受験専門プロ家庭教師が語る

明治大学付属明治中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

明治大学付属明治中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、第1回

受験の攻略ポイント

明治系列の共学校。どの科目も、標準的な問題が解けるということは最低条件として、各科目それぞれ、明治大学付属明治の傾向に合わせた対策を十分に取る必要あり。

算数 オーソドックスな難問が並んでいるため、受験算数にどれだけ真摯に取り組んできたかが問われる。
国語 「少ない情報」の中で、いかに「設問内容」を的確に把握できるかがポイント。
社会 知らない事柄に対して、「自らの知識」を多角的に結びつけて考察することが出来るかどうかが問われる。
理科 4分野から出題される。計算問題は典型問題で知識問題も受験頻出レベルのため、ミスをしないことが必須。

2020年度大学入試を意識した出題

新しい傾向の出題が見られました

明治大学付属明治中学校では2018年度入試より、新しい傾向の出題がみられる。2020年度大学入試改革を踏まえた出題とみられ、受験生には対策が必要だ。

・2018年度 社会【大問Ⅲ】問11

本校初の自由論述設問に新機軸の傾向が見られた。「憲法改正」についてAかBの立場を取り、その理由を論述する。しっかりと「思考」し、「判断」して、自らの考えを「表現」することが肝要で、いかに説得力のある理由説明ができるかがポイント。さまざまな「出来事」や「事柄」に関して、常に「自分の考え」をまとめるなどして、鍛錬することが必要。

※明大明治は明治大学附属校なので「新大学入試制度」は直接は無関係と思われるが、一般入試での入学者は新たな資質が問われるわけで、本校からの大学入学者にも同等のものを求めていると考えられる。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

・割合と比の文章題…昨年度同様、本年度も複数の出題を見ており、最重要分野であることは変わりない。難易度は標準~難問までさまざまであり、前半の標準レベルのものは必ず正答できるように仕上げておこう。
本年度は【大問1】の(2)(4)、【大問2】食塩水、【大問5】仕事算とこの分野が半数近くを占めた。

・速さの問題…本年度は【大問3】に旅人算が見られ、過去問でもおなじみの,動点の問題が復活した。グラフをからめてくるときもしばしばで、難易度は高いので設問によっては取捨選択が必要となるだろう。

・図形…他校に比べると図形の割合は少ない。本年度は小問に1問と【大問4】に見られたものの難易度はそれほどでもなく、しっかり得点しておきたい分野だ。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】小問5題(計算・倍数算・相似・売買損益・場合の数) 標準 15分
【大問2】食塩水の問題 6分
【大問3】速さ(旅人算) 標準 8分
【大問4】図形(多角形の面積) 標準 8分
【大問5】仕事算 やや難 12分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

※本校は例年、2回の試験が実施されているが、ここは全て「第1回試験」についての説明。

近年、出題形式が安定していなかったが、2015年度以降、大問2題(「読解問題」と「漢字問題」)に落ち着いてきた(2018年度も同)。
文章内容としては「論説文」(説明文)のみということでほぼ一貫している(本年度も同。ただし2014度のみ+「随筆」だった)。解答数は30ほどだったものが、一昨年、昨年度と一気に増加したが、本年度は例年並みの31(増減の激しさが気になる)。文章量は、例年7000字ほどだったが、昨年度は一気に増加して約10300字、本年度は減少し約8900字(それでも例年以上なので、今後の動向に注意が必要)。

「解答形式」および「設問内容」は、「選択肢」「空所補充」「抜き出し」「乱文整序」「脱文挿入」「語句記述」「総合的知識問題」、「説明記述」(例年10問程度。本年度は12。近年、「記述総字数」は増加傾向)などと多様。特徴として「端的な設問文」が挙げられる。読み違えるということはほぼないが、「端的」なだけに「手がかり」「ヒント」も少ないということになってしまう。
また、多彩な「説明記述」への迅速で的確な対応も求められる。やはり、本校に即応した「対策」が必要となる。

100点満点。試験時間は50分。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】「説明文の読解」(「説明記述」12問あり) 標準 48分
【大問二】「漢字の書きとり」(全10問) やや難 2分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:75点

※本校は例年、2回の試験が実施されているが、ここは全て「第1回試験」についての説明。

「地理」「歴史」「公民」「時事」、全ての単元から出題される。大問数は近年3題が定着(2018年度も同)。各大問は原則的に「3単元対応」だが、「単元融合型総合問題」が出題される年度もある(本年度は「3単元対応」)。全解答数は一定ではなく、40~60ほど(本年度は増加して66)。
単元別の配点比率では、「歴史」「地理」が主流で(本年度は共に3割強)、以下、「公民」(同3割弱)、「時事」(同1割未満)。設問では、「リード文」や「単一テーマ」についての「説明文」、それに関する様々な「地図」「地形図」「統計資料」「図版」「絵図」「写真」などからの各単元に対応した「小問」が並ぶ。
解答形式は、「選択肢」(「不適切」「組み合わせ」「複数完全解答」あり)、「事項記述」、「年代整序」、「書き込み」、「説明記述」(例年数問程度。本年度は4問)など。特徴としては、ある特定の分野に関して、徹底的に「掘り下げた設問」が出題されるということだ(本年度は「地理」での「位置特定」)。
また、「公民」での難問が多いのも特色。
尚、2020年度からの「新大学入試制度」を意識した「思考力・判断力・表現力」を問う「自由論述」が初めて出題された(無論、来年度以降も要注意だ)。また、解答数が多いので即断即決が求められる。

75点満点。試験時間は40分。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問Ⅰ】「地理」(「経度・緯度での位置特定」あり) やや難 15分
【大問Ⅱ】「歴史」(「年代整序」「説明記述」あり) 標準 11分
【大問Ⅲ】「公民」「時事」「思考」(「自由論述」あり) やや難 14分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:75点

物理・化学・地学・生物の4分野からまんべんなく出題されている。
物理分野では「力のつり合い」および「ばねの伸び」、化学分野では「気体の性質」および「中和反応」、地学分野では各単元の知識問題、生物分野では「だ液の働き」および「植物」が出題された。
ここ数年を見ても4分野からまんべんなく出題されており、今後もこの傾向が続くと予想される。
今年度は出題されていないが、実験器具の使い方について問われている年もあり、対策が必要である。また、例年時事的な内容を含む出題も見られるので、時事問題対策も必要となる。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】化学 中和反応 標準 6分
【大問2】化学 気体の性質 標準 6分
【大問3】生物 だ液の働き 5分
【大問4】生物 植物 やや難 6分
【大問5】地学 天体・気象の知識問題 やや難 5分
【大問6】物理 力のつり合い 標準 6分
【大問7】物理 ばねの伸び 標準 6分

中学受験専門プロ家庭教師が明治大学付属明治中学校合格をサポート

中学受験指導で40年以上の実績を誇るリーダーズブレインが紹介する教師陣は、これまで多くの中学受験生を志望校合格に導いてきた中学受験専門のプロ教師に限定しています。プロたちは、積み重ねた指導経験から体得した入試問題分析力と、進学塾のカリキュラムに精通しているが故に導き出せる効率的な学習方法、そして豊富な合格実績に裏付けられた学習プランの策定力をもって「合格までの最短距離」を示します。

リーダーズブレインのトッププロ家庭教師陣

リーダーズブレインがプロと認定した教師陣は、プロ教師界でトップの実力を持つ選び抜かれたプロ家庭教師です。それは、トッププロ教師がプロを選び出す採用システムによって可能となります。30年以上にわたって構築し続けてきたトッププロ講師による妥協のない採用システムは、合格率約5%の厳しい採用基準となっています。また、この採用システムは、指導経験7年以上の現役プロ教師だけをエントリーの対象者としています。
リーダーズブレインは、皆様がプロ家庭教師に求めるクオリティをお届けいたします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

教師対談インタビュー -プロの視点で語る受験への取り組み方

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。

どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

学校概要

学校 明治大学付属明治中学校
偏差値 2018予測偏差値 男61/女64(四谷大塚80%)・男56/女55(サピックス80%)
併願校 1月入試では市川中栄東中、2月男子は早稲田実業中渋谷教育学園渋谷中、2月女子は早稲田実業中豊島岡女子中が多くみられる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点は、男女による差(女子の方が高め)があるが、事前の過去問対策では、60%以上は越えておきたい。出身塾別で見ると、四谷大塚が多く、早稲田アカデミー・サピックス・日能研が続いている。
進学実績 卒業生の9割以上が明治大学へ進学し、ごく一部が難関国立大や早慶上智に進学している。また、国公立大受験の際は、明治大学への内部推薦資格を保持したまま受験することができる。
その他 大学入試でも人気のある明治大学への内部推薦が得られる附属校ということもあり、早稲田大学・慶應大学附属校に次いで人気を集めている。
基本情報 所在地 〒182-0033 東京都調布市富士見町4-23-25
最寄駅 京王線「西調布」徒歩18分・京王線「調布」「飛田給」、JR中央線「三鷹」、南武線「矢野口」よりスクールバス
連絡先 ℡:042-444-9100
沿革 明治45開校。平成20年調布市移転、男女共学化。
  • 明治大学付属明治中学校

  • 明治大学付属明治中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ