中学受験専門プロ家庭教師が語る

聖光学院中学校 国語入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2014年度「聖光学院中学校の国語」攻略のための学習方法

出題傾向と特色

[知識]
聖光では、大問一の「漢字」、大問二の「オノマトペ」等の「語彙問題」、さらに「読解問題」の中にも「知識問題」がちりばめられている。内容もあらゆる「知識」が求められ出題される。しかも、配点が大きい。さあどうする。当然、一朝一夕には身につかないので、地道な努力が必要となる。
先ず「語彙力」。日々の積み重ねあるのみ。塾での「小テスト」等を確実にこなし、もし間違ったものがあれば、必ず書き出して覚えるようにする。「漢字の読み書き」だけではなく、「同音異義語」「同訓異字」「類義語」「対義語」、また、「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」「故事成語」や「分かりづらい言葉の意味」等も押さえておきたい。
また、過去問や演習問題を実施する場合、問題文中の語彙で「読み・書き・意味」のいずれかがあやふやなものがあったら、書き出して自分なりの「言葉ノート」を作成しておくといい。そこには自分が分からない言葉がたまっていくので、折に触れ確認し定着させていく。入試当日に持っていけば、「お守り」にもなる。これらの「語彙」は様々な形式で出題されるし、「記述」の際にも重要だ。字数制限の中でいかに的確な「言葉」を用いるかが勝負となるからだ。最終段階では、問題集等で何度も確認しておくこと。ちなみに、「語彙力」強化用では「言葉力1200」「言葉力ドリル」(共に学研)等がオススメだ。
そして、「文法」。塾でも学習しているはずだが、定着していない受験生が多い。直接出題されることもあるし、「記述」にも不可欠だ。日本語として「文法」的に正しい文でなければ減点されるし、そもそも内容が正確に伝わらないからだ。特に、「文節の相互関係」や「付属語」(「助詞」「助動詞」)の用法を確実に定着させておくことが重要だ。

[速読]
大学入試にも匹敵する分量の問題文を読まなくてはならない。大問2題で10000字以上。解答時間は60分。当然、「速読」が求められる。
しかし、設問を解くために読むのだから通常の「速読術」を使うわけにはいかない。やはり文章に応じての「速読」のコツを習得しなくてはならない。
「論説文」(説明文)であれば「Nの法則」。意味段落の「序論」「結論」は論旨が述べられているのでしっかりと読み、「本論」は「段落相互関係」に注目しながら各形式段落の最初と最後を読み進める。
「小説」「随筆」は「場面分け」をしながら新たな「登場人物」をチェックしつつ、「心情表現」を拾いながら素早く読んでいく。これらのコツは塾でも教えてくれるはずだし、自分から聞いてみるといった積極性もほしい。その上で、とにかくできる限り数多くの過去問の文章を読むことだ。
聖光に限らず、他の学校の入試問題も読んでおきたい。練習あるのみ。
そして、最終的には分速650字以上(できれば700字近く)で「速読」できるようにしておきたい。
 
[解法]
特に「選択肢消去」の「解法」が重要だと前述したが、無論それだけでは不十分だ。「論説文」(説明文)と「小説」「随筆」、それぞれに応じた特有の「解法」。そして、共通する「解法」。それらを体系的に理解して定着させ、応用できるようにしなくてはならない。
たとえば、塾での練習問題。答え合わせをして「解説」を聞いて納得した。以上終了ではダメだ。必ず「考え方」の道筋をなぞっておくことが重要。特に、間違った問題は宝の山。「解き方の過程」のどこで誤ってしまったのか? その分かれ道をしっかりと確認して頭に刻み込んでおくことが、同じ間違いを繰り返さない秘訣だ。さらに、いくつもの練習問題を通じて同種の設問に共通する「解き方の過程」を身につけたい。それが「解法」となる。
そうして理解、習得したものを書きとめた自分なりの「解法ノート」を作成しておきたい。解き方に迷ったらそのノートを確認して、確実に応用できるようにしておくこと。繰り返すことで、やがて自然と「解法」を用いて解くようになるはずだ。
 
[記述]
例年数題で字数は減少傾向だといっても、当然、準備をしておく必要がある。先ずは「文を記す」ことに慣れる必要がある。最初は時間がかかってもいい。いやがらずに、とにかく「書く」。そして、書いた「文」は必ず誰かに読んでもらう。「文法」等、正しい日本語の「文」になっているのか、言いたいことが正確に伝わっているかどうかを確認する必要がある。
何を「書く」か。読解の練習問題にある「記述設問」はもちろんだが、その問題文の「要約」をするのもとてもいい方法だ。50~60字程度で書いてみる。無論、内容は先生に確認してもらう。「要約力」は文章の「理解力」にもつながるので一石二鳥。
次の段階としては「字数の感覚」を身につけることだ。書こうとしている内容は何文字くらいになるのか? 解答欄を埋め始めてから「過不足」を後悔しても遅い。下書きしている時間もない。だからこそ、「字数の感覚」が重要なのだ。その際、10~20字程度をひとつのブロックとして考えるといい。「記述設問」で得点を左右する「重要なポイント」「必要な要素」は、それぞれその程度が目安だ。マス目のある原稿用紙を使って、自分が書こうとしているポイントがその範囲に収まるようになるまで何度も練習すること。
ある程度「感覚」がつかめたら、「最重要ポイント」を文末にして、他の「ポイント」を下から積み上げていくように記述する訓練をしていく。聖光の場合、「40字以内」が多くなってきているので、「最重要ポイント」+ひとつの「必要な要素」が目安だ。

[意識]
常に何かを「意識」しながら学習することが大切だ。無意識に机に向っていても無意味なのは当然だ。
その時々、何を目的として学習しているのか、具体的に「意識」し続けていることが重要。
そうして何かを「意識」することができるようになったら、次は同時にいくつかのことを「意識」するようにしたい。「設問」を正しく理解しているか? 「条件」を満たしているか? つまらないミスはないか? といったようなことを、問題を考え、解き、解答欄に答えを書き入れるいくつもの段階で常に「意識」している必要がある。
60分という時間で解き進めていかなくてはならない聖光では、ひとつのミスが致命的になる。入試本番では、見直しの時間はないと思った方がいい。
常に「意識」しているということは、何度も「見直し」をしていることになるのだ。

2014年度「聖光学院中学校の国語」特徴と時間配分と攻略ポイント

特徴と時間配分

大問一は「漢字の書きとり」(全5問)。1分程度で丁寧に終えたい。
大問二は「語句知識」(全5問)。3分程度でクリアしたい。
大問三は「小説」、出典は友井羊「ボランティアバスで行こう!」(文字数約6500字)。小問は全10問(解答数は12)で、出題形式は「選択肢」「抜き出し」「記述」。問題文は10分以内で読み切り、設問を20分強で解きたい。
大問四は「論説文」、出典は加藤昌男「テレビの日本語」(文字数約4200字)。小問は全8問(解答数は9)で、出題形式は「選択肢」「「記述」。問題文は7分弱で読み切り、設問を20分弱で解きたい。

[大問1]漢字の書き取り

 例によって「いかにも聖光の漢字」。「文脈」全体から的確に判断しないと間違う。
「同音異義語」「同訓異字」をどれだけ習得しているかがポイントとなる。
本問で特に注意したいのは、②「シドウ(する)」(=「始動(する)」)、④「選手たちのシキ」(=「士気」)だ。しっかりと覚えておくこと。
難易度:B(「標準」。以下同じ)。

[大問2]語句知識

「オノマトペ(擬態語)の記述」。聖光ではおなじみなので、対策をしていれば問題ないはず。
間違いやすいのは、③「ありあり」(「はっきりと」した様子)、④「よくよく」(「程度が激しい」様子)か。
難易度:B。

[大問3]物語文

 「大学生の大石和磨が東日本大震災で被害を受けた山浦という町でのボランティア活動を通じ、次第に意識を変え成長していく」という物語。
本文は「被害者の老人・田中とのやりとり」から始まっている。「前説」(「本文」の前にある説明)をしっかり読んで「背景」をつかみ、登場人物の「心情」に注意しながら読んでいきたい。以下、いくつかの「設問」を確認してみよう。
 
[問1]語句適切使用の選択肢
傍線部(A)「てっきり」(B)「ぞんざい」(C)「吹聴」について、「本文と同じ意味で使っている文」を答える問題。
これまた基本的には「知識問題」。聖光お得意のパターンだ。
例によって「本文と同じ意味」という「条件」が曲者だが、(A)(B)は「原意」そのもので何の問題もなく、それぞれ(オ)(ウ)と結びつくはずだ(できなければ困る)。
唯一、(C)は(ア)「家族に吹聴」と(オ)「近所の人に吹聴」で悩むかも。
「原意」の細かな意味合いとしての「(言い)広める」に着目するか、「何を」「吹聴」したのかという「文脈」からでも、(オ)と答えたい。難易度:B。
<時間配分目安: 2分>
 
[問3]換言説明記述
 傍線部②について、「どういうことか」を答える問題。ここで注目すべきは「設問条件」だ。
わざわざ、改めて傍線部を前後半の2つに分けて問うている(重要なヒントだ。こうした細部の「条件」は絶対に見逃さないこと)。
つまり、各選択肢の説明が「2つの要素」それぞれに的確に対応しているかを確認せよということだ。
従って、「前半」「後半」それぞれについて「原意」で消去していく(「原意絶対優位の原則」=「設問」「傍線部」等の「原意」、要は「本来の意味」を最優先に考えること)。先ずは、傍線部「後半」の「口調が回りくどくなる」。「換言説明」なので各選択肢の説明も後半部分が対応している。(ウ)「思い上がっている」と(オ)「たかをくくっている」は全く「原意」がつながらないので即消去(できなくてはダメ)。残りは(ア)(イ)(エ)の3択。次に「前半」の「優越感から」だ。すると、(ア)「説明しなければな
らないので」と(エ)「理解してもらうために」は「原意」と結びつかないことは分かるはずだ。結局、「正答」の(イ)にたどり着くまで一度も「本文」を確認する必要がなかったということだ。
このように、「換言選択肢」は「原意」のみで答えられることがあるということを覚えておいてほしい(圧倒的な「時間節約」になる)。難易度:B。
<時間配分目安: 2分>
 
[問4]心情説明の選択肢
傍線部③にある田中の「絵」に「指を這わせる」という「動作」について「心情」を答える問題。
「心情」についても、先ずは「原意消去」ができないかを検討する(「選択肢」はできるだけ楽に減らしておきたい)。
「指を這わせる」という「動作」から、さすがに(ウ)「とまどっている」や(エ)「落胆している」は読み取れないはずだ。
次に、「指を這わせ」ている「絵」は何が描かれているかををつかむ。傍線部③は一文全てなので(「傍線部が一文の一部分の場合、傍線部以外が重要」という「傍線部一文一部の法則」は使えない)、直前直後を確認する(「小説」は「直前直後に根拠あり」)。それは「赤い服を着ている女の子」(=「田中の妻の幼い頃の姿」)だと分かる。「妻」に「指を這わせる」のだから、(ア)「自分の姿を」と(エ)「自分の人生を思い出し」は当然不適切となる。難易度:C(「難解」。以下同じ)。
<時間配分目安: 4分>

[大問4]論説文

 「テレビ報道の取材」に着目し、「切り取り方しだい」で「事実を歪めることにもなりかねない」ので「視聴者」にも見極める「賢さがつねに必要」だと論じている。
「テレビ」という身近な題材で、引用されている「具体例」も見聞きしたものがあると思うので内容は分かりやすいはずだ。
以下、2つの「設問」を検証してみる。

[問5]視点の違う2つの立場からの解釈についての選択肢
傍線部⑤の「二位じゃダメなんでしょうか」という「発言」について、(A)「発言者の真意」と(B)「批判している人の解釈」それぞれを答える問題(選択肢は5つ)。
ちょいと毛色の変わった問題だ(聖光ではたまにこうした出題があるので要注意)。「設問」自体がややこしい。
一体何が問われているのか? それこそ、そこを正確に「解釈」しないと考えることすらままならない。
傍線部だけでは判断できないので、「傍線部一文一部の法則」を使うと、傍線部は「発言」の「後半」だけであって、それに対して「世界一である必要はないと言った人がいる」との「批判が出された」とある。この段階で(B)=(オ)と決められるはずだ。
次に、「発言」の「前半」を読み取ると、直前に「世界一になる理由は何でしょうか?」とある。要は、「理由説明」を求めたのが「発言者の真意」であり、(A)=(ウ)ということだ。難易度:C。
  <時間配分目安:4分>
 
[問6]理由の説明記述
 傍線部⑥の「なかなかそうはいかない」について、その「理由」を「40字以内」で答える。
当然、「指示語」が出たらすぐ開く。直前の「相手が短い言葉で端的に答えてくれれば」の部分を「そう」は指し示している。つまり、「相手が短い言葉で端的に答えてくれない」ことの「理由」ということになる。
何に「答えてくれない」のか? 前の一文に「市民に込みいった話を聞く機会」とある。これで、考える材料は揃った。
では、その「理由」はどこに説明されているのか? 「論説文」の「本論部」なので、「段落の相互関係」をたどることが鉄則。前段落からは話題が変わっているので、前は無視していい。次の段落で傍線部の「具体例」を通じての説明がなされていると分かる。
「取材相手」が「なかなか核心に触れることばを発してくれない」ことについて、「改まった聞き方をするものだから」と「理由」を述べ、その結果「答える側も堅くなる」と説明している。まさに、これが「理由」だ。ただ、ここで注意してほしいのは「直接的理由」として問題ないかということだ(「理由説明」では「直接的理由」を「文末」にする必要がある)。「改まった聞き方をするから」⇒「端的に答えてくれない」と直接結びつくか? どうもスッキリしない。
しかも、「字数」も足りない。そこで、改めて同段落を確認すると、「微妙な問題」なので「ことばを濁し」とある。これでつながりそうだ。「改まった聞き方をする」⇒「答える側も堅くなる」⇒「微妙な問題」に「ことばを濁し」⇒「端的に答えてくれない」ということだ。この流れをまとめればいい。字数的にも合うはずだ。
「制限字数」は、書くべき「必要な要素」がそれだけあるという「ヒント」にもなっているということを心得ておきたい。難易度:C。
<時間配分目安:5分>

攻略のポイント

●出題傾向は完全に一貫しており、聖光独特の「選択肢」が多く「抜き出し」「記述」(「字数」は減少傾向)はさほどないという「解答形式」も定着しているので、その点では「対策」はしやすい。各設問の難易度については一部「難解」だが、基本的には「標準」レベル。従って、合格ラインは7割以上と高い(2014年度の合格者平均は69%、前年はなんと77%だった)。

●最大のネックは「選択肢問題」。各選択肢の説明が長く(しかも5択)、紛らわしいものが多い。そこで、「ブロック消去」(選択肢の説明をいくつかに分け、下のブロックどうしから消去していく)や「原意消去」といった「選択肢消去」の「解法」を完全にマスターし応用できるようにしておくことが肝要だ。

●次に「知識問題」。これまた聖光の伝統だ。学校自身が「漢字の練習や語句の辞書的な意味の確認・暗記も大事なこと」(聖光のホームページより)と注意を促しているほどだ。本校を志した瞬間から全ての「知識」を吸収するように努力することが必要だ。
●制限時間は60分。時間配分には細心の注意をすること。問題文のボリュームは全体で10000字以上となっている。従って、いかに速く読み取れるかが勝負だ。分速650字以上を目標に「読む練習」を常にすることが重要だ。

聖光学院中学校トップページはこちら

中学受験のために家庭でできること

インタビュー =学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ