青山学院中等部

中学受験専門プロ家庭教師が語る

青山学院中等部の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

青山学院中等部の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

青山学院中受験の攻略ポイント

青山学院系列の共学校。どの科目も、解答数が多いため、標準的な問題が解けるということは最低条件として、それらを早く正確に解答する「処理能力」が求められる。

算数 問題のレベルは標準的だが、試験時間と問題量を考えると、「速読即解」の能力が必須。
国語 全体的に小設問数が多いため、時間配分を意識して、素早く処理していく必要あり。
社会 解答数と時間を考えると、相当な「スピード」と「臨機応変な対応」、「思考力・処理能力の高さ」が求められる。
理科 時事的な内容を含んだ問題も出題されるため、幅広い知識を身につけておくことも必要。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

大問は全部で14、これは例年青山学院の標準問題数になっている。テストの大半は大問1つに設問1つという問題であり(本年度は特に顕著)、後半に設問が2つの大問が登場する。以下の分野を優先して取り組んでいくとよい。
「平面図形」・・・この学校で目立つのは、三角形などを折り返した図形から角度を求めていくというもの。昨年度【大問8】に続き、本年度は【大問10】に出題された。
「単位の計算」・・・本年度は不発だったが例年出題されている内容だ。面積・体積などの単位がきちんと頭の中に整理されていればすんなりと正解できる、が意外と単位換算に弱い生徒も多い。受験直前に整理するという手も。
「速さ」・・・後半に出て、合否を決めるカギになる場合がある。本年度は【大問14】に出題された。
他には、「割合と比」「整数問題(倍数と約数など)」「文章題」など,オールラウンドな出題が特徴的だ。また、四則計算が必ず複数出される。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1~3】 計算問題 4分
【大問4】植木算 3分
【大問5】売買損益の問題 標準 3分
【大問6】割合と比 標準 3分
【大問7】平面図形 3分
【大問8】差集め算(つるかめ算) やや難 5分
【大問9】平均算 やや難 4分
【大問10】角度 標準 3分
【大問11】水の深さと体積 やや難 5分
【大問12】平面図形の面積 標準 3分
【大問13】立体図形 やや難 5分
【大問14】速さの問題(旅人算) 3分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

読解問題は、長めの文学的文章1問・短めの説明的文章2問という出題がほぼ定形となっている。問題の難易度はさほど高くはないが、文章量は多いのでスピードを意識した練習を。
特に2018年度は計12000字にもなっている。今後も文章量の多さは意識しておくべきだろう。
小説・論説文・詩と各分野で対策を。特に小説は素材文が長いので、できれば読書を習慣として速く正確に読めるように訓練しておくことが望ましい。
設問量も制限時間から考えると多いので、各設問をすばやく処理していく必要がある。テンポよく解き進める。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】漢字の書き取り 標準 1分
【大問2】論説文の読解 やや難 9分
【大問3】詩の鑑賞 やや難 10分
【大問4】論説文の読解 標準 10分
【大問5】小説の読解 20分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間:25分
  • 満点:50点

地理・歴史・現代社会、全ての単元から出題される。
最新年度の大問は6題。これまでと異なり、1問2点で総解答数が25問というシンプルな構成となった。
解答形式は、選択肢が多く短い短文記述の問題も見られる。
時事問題は詳しく訊かれる傾向があり、重大ニュース集だけ読んでいても足りない場面がある。ニュース・新聞にもできる限り目を通し、特に直近1~2年の社会的な出来事をよく知り、その背景や原因も理解しておこう。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】地理分野 やや難 11分
【大問2】政治経済分野 やや難 5分
【大問3】歴史分野 標準 2分
【大問4】歴史分野 標準 2分
【大問5】歴史分野 標準 4分
【大問6】歴史分野 やや難 1分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間:25分
  • 満点:50点

例年通り、生物・物理・地学・化学の4分野からの出題であったが、化学・生物分野の出題比率が高かった。各分野の基本をバランスよく学習できているかが大切である。また、時事的な内容や科学知識を問う問題の出題も本校の特徴である。日頃からニュース・天気予報などにも気を配り、幅広い知識を身につけておくことも必要である。

2018年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】 小問集合 標準 3分
【大問2】生物分野 植物の働きに関する出題 標準 4分
【大問3】地学分野・生物分野 化石と生物の系統樹に関する出題 標準 5分
【大問4】化学分野 気体の性質と発生に関する出題 標準 5分
【大問5】化学分野・物理分野 水の状態変化と熱および浮力に関する出題 やや難 8分

青山学院中等部合格者の声

生駒先生には勉強面だけでなく、精神的にもサポートして頂きました。過去問に似た問題を作成して下さった事もあり、心強く感じました。先生には大変感謝しております。本当にありがとうございました。

R.Oさんの保護者様

中学受験のために家庭でできること

インタビュー =学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

学校概要

学校 青山学院中等部
偏差値 2018予測偏差値 男57/女64(四谷大塚80%)
併願校 1月入試では市川中東邦大学付属東邦中、2月は早稲田大学高等学院中慶應中等部早稲田実業中明大明治中渋谷教育学園渋谷中吉祥女子中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点は、男女による差(女子が高め)があるが、事前の過去問対策では、男子なら55%、女子なら65%は最低限クリアしよう。出身塾別で見ると、サピックスが多く、四谷大塚、日能研・早稲田アカデミーが続いている。
進学実績 卒業生の80%が青山学院大学に内部進学している。学部・学科は本人の希望と成績によって決定される。
その他 キリスト教に基づいた教育を実践。基礎学力の充実と進路や興味に応じた学習ができる。いわゆる受験のための教育はおこなっていない。
基本情報 所在地 〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
最寄駅 銀座線/千代田線/半蔵門線「表参道」徒歩10分・JR/私鉄「渋谷」徒歩13分
連絡先 ℡:03-3407-7463
沿革 昭和22年開校。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら
  • 青山学院中等部

  • 青山学院中等部受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ