高校受験プロ家庭教師 弱点克服・志望校入試傾向対策
高校受験専門プロ家庭教師が語る

早稲田実業学校高等部 入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2021年度「早稲田実業学校高等部の国語」
攻略のための学習方法

ハイレベルの入試問題対策で一番重要なことは、的確で迅速な文章読解能力である。受験生からは、試験時間が足りなくて問題文をすべて読み込むことができなかった、と嘆く声をよく聞く。

なぜ、時間内で試験問題を読み込むことができなかったか。特に、論説文などのようにより抽象性の高い場合に、そのような状況になるようである。いくつか原因は考えられると思うが、以下、何点かにわたって、論説文における対策を考えてみたい。

  • 文章を読むスピードが遅い

文章を読む速度は人によって様々である。早ければよいという訳では決してない。いくら速くとも、書いてある内容の理解が足りなければ設問に対して十分な合格答案を導けないことは言うまでもない。どのようにすれば、文章読解の速度が上がるのか。結論から言えば、「緩急をつけた読解」ということになる。それでは、文章読解上の「緩急」とは何か。一言でいうならば、論説文では具体的例示の記載箇所、事実の列挙箇所についてはそれほど神経を使わずに読み進んでよいであろう。逆に、神経を使って読まなければならないのは、筆者の考えや、結論が記載されている箇所、具体的には「つまり」「したがって」などの接続詞によって導かれる文章である。つまり、文章読解で緩急をつけるということは、流し読みで内容を理解する個所とじっくり深く読み込む(指示語などが何を指しているのかを考えながら読む箇所を識別しながら読む方法である。

  • 何が筆者の「結論」であるかを見つけるポイントとは

正確な読解力に欠かせないのは、文章の本質を見抜く力である。キーワードは何か。繰り返される名詞(大概は抽象名詞)は特に注意を払うことが必要である。この繰り返される「名詞」はとても重要であり、具体的に設問文を読む際に、この名詞を丸で囲んだり、傍線を引くことによって文章全体の要旨が「目で見える」状態にすることが可能(=文章の視覚化)となる。この視覚化によって筆者の論旨の組み立てを目で見えるようになることが可能になり、文章の流れがより簡便に把握できるようになるのである。そのような作業を経て筆者の「結論」を明確にあぶり出せることが可能になるのであり、日頃の学習においてもそのようなアプローチを心掛けると、入試問題のような高度で抽象的な文章の読解時間の短縮化にもつながるのである。

  • 記述対策も事前に十分行っておくこと

文章を読んで自分の考えを50~60字でまとめる練習は、日頃から十分行う必要がある。文章の要旨や自分の考えを指定された字数でまとめ上げるのは、しっかりとした練習を積まないと入試本番で慌ててしまうことになる。論理の組み立て方、結論の導き方、説得力ある文章表現力の向上など、これらのスキルは実際に文章を数多く書いてみなければ身に付かない。したがって、ハイレベルな文章読解用の記述用問題集をしっかり仕上げておくことが必要であり、また、誤字・脱字にも気を付けなければならない。そのような意味でも、文章を頭の中だけでイメージするのではなく、実際に鉛筆をもって紙に文章を書くという作業を丹念に行っておく必要がある。

2021年度「早稲田実業学校高等部の国語」の
攻略ポイント

特徴と時間配分

大問1は、小説読解問題<25分>。出題形式は、選択肢問題。本文を要約した文章に適切な語句を選択する問題も出題されている。

 大問2は、科学に関する論説文読解問題<18分>。漢字、記述式問題(20字程度4題)、内容把握選択問題。

 大問3は、古文読解問題<17分>。出典は『おくのほそ道』である。俳句の内容理解、古文の内容把握、文学史に関する問題。

【大問一】小説読解問題

  • 時間配分:25分

出典は、『洟をたらした神』(著者:吉野せい)。

 (問一)文章内容理解問題<2分>。
ともかく生活に「余裕」がなく、「未だかつて子供ために、玩具といえるようなものを買って与えたこと」がないのである。

(問二)内容理解選択問題<2分>。
傍線箇所の「親らしい力」とは、「最低限の経済力」のことである。子どもたちは「バランスを外した貧しい食事」で育てられていたのである。

(問三)内容把握選択問題<3分>。
ノボルが作るコマは、一つとして同じものはなく「確かな個性」が伴っていたのである。

(問四)内容把握抜出し問題<3分>。
コマが回っている状況を描いている箇所から抜出す。「コマは初めは倒れるように大揺れに踊り回るが、…澄むなどという荘重な物々しさとはうらはらにふらふら、ゆらゆら、倒れそうで…」とある。

(問五)心情把握選択問題<3分>。
親である「私」は、経済的に余裕がなかったため、子どもから買って欲しいとせがまれたヨーヨーを買い与えることができなかった。そのような状況を頭から振り払うかのように頭を振って、仕事に没頭したのである。

(問六)本文要約適語選択問題<12分>。
本文の内容に関する要約文に13の最適な選択肢を選択する問題。内容をしっかり把握することは言うまでもないが、本文中の適切単語(キーワード)を迅速に見つけ出すスキル・読解力を高めること。類似したような選択肢があるので、確実に微妙な違いを見抜き正解を考える。

【大問二】科学に関する論説文読解問題

  • 時間配分:18分

出典は、『なぜ科学を学ぶのか』(著者:池内了)。

(問一)漢字の書き取り問題<1分>。
基本的な漢字である。「ムジュン」は「矛盾」、「グチ「愚痴」、「アキラめ」は「諦め」と書く。「愚痴」なども書けるようにしておこう。

(問二)内容把握選択問題<3分>。
「犯罪を偶然目撃した人の証言」が「信用できないことが多い」理由は、「辻褄が合うよう知らず知らずのうちに話を作り出していくから」なのである。

(問三)内容把握記述問題<6分>。
日本の政治家や経済人は、「自分たちの主張が思い通りに進まないとき、それに同意しない意見を述べる人」に、「偏った議論」を浴びせるのである。

(問四)文章内容理解記述問題<8分>。
科学においては「数多くの事象を集めて統計をとり、それから導かれる確率」で論じることができる問題が多いのである。しかし、「ある事柄が起こる確率はどれくらいであるか、という答えしか導けない」のであり、「その結果」から「どういう判断をするかは個々人に任されており、科学では何も言えない」、つまり、責任を負うことができないのである。

【大問三】古文読解問題

  • 時間配分:17分

出典は、松尾芭蕉『おくのほそ道』。

(問一)俳句内容理解問題<2分>。
季節の変わり目に衣服を改めることを「衣更」という。また、「黒髪山」より普通の衣から黒(=墨)染めの衣(=僧侶姿)に変えたことにより、曾良はどのような気持ちで芭蕉とともに旅に出ようとしているのかを考える。

(問二)古文内容抜出し問題<2分>。
曾良が病気のため芭蕉との旅を続けることができなくなり、一人伊勢国へと向かった。芭蕉はこれを「隻鴨のわかれて、雲にまよふがごとし」と述べている。

(問三)俳句内容選択問題<3分>。
Bは、病気ななった曾良が詠んだ歌である。旅においてたとえ病に倒れ死んだとしても、萩のさく野原で死ぬことができるのであれば満足である、という句である。
Cは、今日よりは曾良と別れ一人旅路を行くことになったので、これまで笠の裏に書いていた「書き付け(=乾坤無住同行二人)」を消そう、という句である。

(問四)内容把握選択問題<3分>。
親しい人たちが、大垣の家に到着すると昼夜を分かたず訪ねてきた。皆が、長旅から芭蕉が無事に帰ってきたことを喜んでいるのである。

(問五)内容把握選択問題<3分>。
芭蕉は長旅の疲れで気持ちも萎えているのであるが、伊勢神宮の遷宮を拝したいと思い、再び旅立つのである。

(問六)内容把握正誤問題<3分>。
Dの句は「夫婦円満を祈る句」ではないし、「ふたみ」に「ふたつの海」という意味はない。

(問七)文学史問題である<1分>。
芭蕉の句ではない句を選択する。オ以外は、松尾芭蕉の俳句であるとわかるであろう。

攻略のポイント

論説文、小説、古文と全てのジャンルからの出題であり、出題形式も選択肢問題、記述問題と万遍なく出題されている。特に、記述対策はしっかり行っておくこと。20字程度で記述する練習を行うことは言うまでもないが、本文内容をそのような字数でまとめる要約力も磨かなければならない。また、論説文などの内容把握においては、正確で迅速な読解力が求められる。日頃の学習の中で、時間を決めて解答するという練習をしっかり行い、時間内で正確に解答できる「技術」を身に付けることが重要である。また、知識問題として、漢字、文学史、古語知識なども確実に押さえておくこと。

早稲田実業学校高等部の科目別
入試対策一覧

TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。