中学受験プロ家庭教師 弱点克服・志望校入試傾向対策
中学受験専門プロ家庭教師が語る

雙葉中学校 入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2020年度「雙葉中学校の算数」
攻略のための学習方法

本校の入試は、答えを求めるまでの計算が複雑なことが多い(特に小数の計算)。
したがって、素早く正確な計算力を身につけるためにも、日々の計算演習は欠かせない。

また、試験時間の割に、問題の量的負担が大きい年度がある。
本校は、問題によって処理量に大きな差が見られる場合があるので注意したい。
多くの年度の過去問に取り組むことで、本校で要求される処理スピードに慣れる必要がある。

もちろん、日頃の学習においても処理量が多そうか判断する習慣をつけておくとよい。

さて、本校の入試問題は、特色が比較的はっきりしているので、分野ごとの対策は立てやすい。

 

規則性

本校での規則性の問題は、工夫が必要であったり、手を動かして調べなければならなかったりと、単純には解決できない問題がよく見られる。
他の分野でも、規則性の考え方が必要になる場合もあるので、苦手意識があれば早めに克服しておきたい。
秋以降の本格的な志望校対策のためにも、標準的な問題は夏前までに解けるようにしておく必要がある。

 

平面図形の対策

面積の和や差に注目したり、等積移動したりなどの工夫をしながら、長さや面積を求める問題が多い。
逆に、比をメインとした問題や角度に関する問題は、あまり出題されていない。
過去の問題と似たような問題も少なくないので、過去問にはしっかり取り組むとよい。

本校では、考え方によっては答えが2通り出てしまう問題もある。
これは近似値の使い方によって起こる現象なので、途中式が正しければ正解となるので、心配にはおよばない。

また、数年に一度程度だが作図をさせる問題が出題されている。
個々の図形の性質を理解したうえで、定規とコンパスが使えれば、特別の対策は不要であろう。
ただし、コンパスを使っての作業がスムーズにできるようにはしておく必要がある。なお、作図問題以外では、コンパスなどを使わなくてもよい。

 

文章題の対策

食塩水、売買算、仕事算、相当算、つるかめ算などいろいろ出題されている。
やや難しい問題も出題されるが、標準的な内容をしっかりおさえておけば対応できる。
ただし、不定方程式(いもづる算)については、ある程度高度な問題まで演習しておくとよい。

 

速さの対策

グラフなどに図示して考える問題、図示せずに地道に手を動かしていく問題の両方が出題されている。
グラフを活用する問題では、やや難しい問題も出題されている。しかし、演習を重ねれば対応できるので、数多くの問題に取り組んでおきたい。手を動かしていく問題では、注意力・正確さ・粘り強さが求められる。過去問などを利用して、練習を積み重ねるのがよいだろう。

なお、図形を一定の速さで移動させる問題は、意外と手間がかかることが多い。
普段はじっくり時間をかけて演習することになるが、入試本番では後回しにするなどの判断が必要になることがある。

2020年度「雙葉中学校の算数」の
攻略ポイント

2020年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】小問集合 6分
【大問2】暦に関する問題 標準 7分
【大問3】平面図形 標準 8分
【大問4】数の性質 やや難 15分
【大問5】速さ 標準 13分

特徴と時間配分

例年通り、途中式を必要とする問題ばかりである。難問は出題されていないものの、正確な処理能力や注意深さが要求されており、そこが点数差に表れやすい。

特定の問題に時間をかけすぎなければ、50分の試験時間で最後まで解くことができるだろう。とはいえ、やや手間のかかる問題もあるので、短時間で解ける問題は素早く終わらせるようにしたい。

 

【大問1】小問集合

  • 難度:
  • 時間配分:6分
  • ★必答問題

易しい問題なので、素早く正確に処理したい。

(1)は計算問題。

 

(2)は割合の問題。基本的な問題である。

 

(3)はリングをつないだときの長さを求める問題。

【大問2】暦に関する問題

  • 難度:標準
  • 時間配分:7分
  • ★必答問題

2月1日土曜日から4月30日までの、月曜から金曜の日付の数字を足す問題。

3か月の日付の和から、土日の日付の和を引けばよい。難しくない問題ではあるが、やや手間がかかる。

【大問3】平面図形

  • 難度:標準
  • 時間配分:8分

(1)は易しいが、(2)は方針が立てにくく感じた受験生が多かったのではないだろうか。

 

(1)は角度の問題。正十角形の1つの外角の半分と考えると楽である。

 

(2)は面積を求める問題。三角形に分割して求めることはすぐに予想できるだろう。片方の面積は簡単に求められる。もう一方の面積は等積移動が必要になる。

【大問4】数の性質

  • 難度:やや難
  • 時間配分:15分

一見すると規則性の問題に見えるが、実質的には数の性質の問題といえる。

 

(1)は、分母が72の既約分数の個数を求める問題。基本的な問題である。

 

(2)では、分子が3で、分母が421以下の既約分数の個数を求める。分母が3の倍数でない分数の個数を求めればよい。ただし、分母は4以上でなければならないことに注意が必要である。

 

(3)は、分子だけをかけた数が5で何回割り切れるかを考える問題。丁寧な作業が必要になり、手間がかかる。

【大問5】速さ

  • 難度:標準
  • 時間配分:13分

バスと令子さんが、バス停Aからバス停Dに向かっていく問題。問題文の読み落としなどに注意したい。

 

(1)はAB間の道のりを求める問題。解きやすい問題である。

 

(2)では、令子さんがバス停Cを出発するまでに、何本のバスがバス停Cに止まるかを考える。解き方自体は難しくないだろう。

 

(3)は、バスと令子さんがすれ違う時刻を求める問題。なるべく楽に求めるようにしたいところ。

攻略のポイント

【大問4】【大問5】は時間がかかるので、【大問1】~【大問3】で時間を使い過ぎないように注意したい。【大問3】(2)で方針が立たない場合は、早めに後回しにする決断をした方が無難である。

【大問4】は、正解を求めたつもりでも、思わぬミスが起こりやすい。正確な処理能力と注意深さが要求される問題なので、油断せずに取り組みたい。

【大問5】は情報を整理しながら解いていけば、難問ではないはず。なるべく処理量が少ない解法を選択したいところ。

雙葉中学校の科目別
入試対策一覧

中学受験のために
家庭でできること

インタビュー=学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸び

TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。