中学受験専門プロ家庭教師が語る

攻玉社中学校 理科入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2019年度「攻玉社中学校の理科」攻略のための学習方法

攻玉社中の理科の満点は50点(算数・国語は100点)、合格者平均は例年7割程度である。知識だけで解ける問題が意外と多く、ここを確実に正答して高得点を狙いたい。
知識不足は大きなマイナス材料となる。ここ数年の問題レベルを見ても同様の傾向にあり、塾のテキストなどで学習する内容を理解してしっかり身につけていれば、概ね得点できるレベルのものが中心となっている。

特定の分野のみを学習するのではなく、どの分野から出題されても大丈夫なように、すべての分野の基本をしっかり固めて欲しい。
夏休みが終わる頃までには各単元の基本知識を固め、秋からの模試・総合的な演習・過去問演習に備えられればベストであろう。テストや模試でできなかった問題については、基本に立ち返ってしっかり復習して欲しい。

<分野毎の学習法>

生物分野 
本年度は動物のからだつくり・動物の誕生と成長に関する出題であった。
ここ数年を見ると、やはり、人のからだの働き、他には植物に関する出題も見られる。
この分野の学習法としては、基本知識をしっかり身につける、ということが第一である。「ヒトのからだの働き」「動物の分類」「光合成、呼吸、蒸散といった植物のはたらき」は出題される可能性が高い。決して難問は出題されないが、細かい知識を問う問題もあるので、とにかく知識を固めることに重点をおいて欲しい。また、実験や観察を通して考える問題の練習も行って頂きたい。

地学分野 
本年度は惑星および地球の歴史に関して出題された。
近年の出題傾向を見ると、天体に関する出題が多く、気象・岩石等に関する出題も見られる。
この分野の学習法についても、基本知識をしっかり固めることが第一である。天体、岩石や地層、気象、どの単元からも出題される可能性があるので、山をかけて学習するよりは、すべての単元の基本を固めるということに重点をおいて欲しい。台風、フェーン現象、火山噴火、地震、日食や月食など細かい知識もしっかり学習して頂きたい。

物理分野 
本年はてこのつり合いに関する出題であった。
過去の出題傾向を見ると、力のつりあい(てこのつりあいなど)は出題頻度が最も高い。他には電気に関する出題も見られる。
この分野の学習方法としては、てこ、滑車・輪軸、ばねののび、浮力に関する基本的な計算ができるように練習を行って欲しい。電気、光、音などの単元についても出題される可能性があるので手を抜くことなく学習して欲しい。決して対応できないような難問は出題されないので、基本をしっかり身につけるとともに、練習を積み重ねて欲しい。

化学分野 
本年度は二酸化炭素の発生に関する問題であった。
ここ数年では物の溶け方、中和の計算等について出題されているが、難問ではなく、テキスト等で学習していれば十分に正答できるレベルの問題であった。
この分野の学習方法としては、まずは気体の性質・水溶液の性質・指示薬の色の変化等の知識を覚えること、そして、中和・金属と水溶液の反応・溶解度・燃焼等に関する計算問題の練習をしっかり行うことがあげられる。
また、実験器具の使い方についても確認を行って欲しい。

攻玉社中の入試で合格点を取れる力を身につけるためには、とにかく基本知識を確実に固めて欲しい。直前期には過去問など時間配分を意識した演習をしっかり行うことも大切である。

2019年度「攻玉社中学校の理科」特徴と時間配分と攻略ポイント

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】生物分野 動物のからだのつくりと働き、誕生と成長 9分
【大問2】地学分野 惑星・地球の誕生 標準 9分
【大問3】化学分野 二酸化炭素の発生 標準 9分
【大問4】物理分野 てこのつりあい やや難 13分

特徴と時間配分

大問数は4題、小問数は40題程度で50点満点。試験時間は40分で例年通りであった。記号選択問題・適語記入問題・計算問題が中心で、記述や作図などの問題は見られなかった。小問数が約40題程度と多いので、試験時間の40分をいかに使うかがポイントになる。
出来る問題から解答欄を確実に埋めていくことが大切で、過去問等時間の使い方を意識した演習をしっかり行って欲しい。

【大問1】生物分野 動物のからだのつくりと働き、誕生と成長

(1)肺の中の小さな袋は「肺胞」と呼ばれる。

(2)血液の成分である赤血球に含まれる「ヘモグロビン」が酸素を運ぶ。

(3)心臓から肺に血液を送る血管は「肺動脈」

(4)三大栄養素は「脂肪」「タンパク質」「炭水化物」

(5)タンパク質は「アミノ酸」になって血液に吸収される。

(6)ほ乳類、鳥類、は虫類は体内受精を行う。

(7)母体と胎児をつなぐ器官は「胎盤」

(8)ヒトが受精してから誕生するまでの期間はおおよそ38週

(9)ほ乳類や鳥類は生まれる子どもの数は少ないが、生存率が高い。

(10)ヒトの赤ちゃんは泣くことで自分の存在をアピールしていると考えられる。
   
動物のからだのつくりと働きおよび誕生と成長に関する知識問題。
確実に正答したい。ここでしっかり得点できなかった場合は、ヒトのからだの働きを中心に知識の整理をもう一度しっかり行って欲しい。

【大問2】地学分野 惑星・地球の誕生

Ⅰ 惑星

(1) 惑星が自ら回転することを「自転」と呼ぶ。

(2) 惑星が太陽の周囲を回転することを「公転」と呼ぶ。

(3)(4)惑星は、太陽から近い順に、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星の8個

(5) 火星の大気の成分で最も多いのは二酸化炭素

(6) 小惑星は主に火星と木星の間に存在する。

Ⅱ 地球の歴史

(7) 過去の生物の死骸や生活のあとを「化石」と呼ぶ。

(8) 46億年を365日として比例式を用いて計算すること。

(9) オゾン層が紫外線を遮ることになった結果、植物や動物が陸上に進出するようになった。

(10) コケ植物→裸子植物→被子植物の順に進化していった。
  
惑星および地球の歴史に関する出題で基本知識が中心。
小惑星に関する出題は近年中学入試での出題が増えている。

【大問3】化学分野 二酸化炭素の発生

(1) 液体側のガラス管は長く、気体側のガラス管は短くする。

(2) 塩酸と石灰石を反応させることにより二酸化炭素が発生する。

(3) 三角フラスコを2つつなぐことにより、水に溶ける二酸化炭素を水にほとんど溶けない空気に置き換えている。

(4) 水に溶けやすく空気より重い気体は下方置換法で集める。

(5) 二酸化炭素と石灰水が反応してできる炭酸カルシウムは水に溶けないので、白く濁って見える。また、二酸化炭素が溶けた炭酸水は弱い酸性を示す。

(6) 実験の結果より、二酸化炭素の重さは空気の1.5倍であることがわかる。

二酸化炭素の性質、発生方法、集め方に関する出題。
(5)までの知識は確実に正答したい。また、(6)の計算問題は四捨五入の必要はなく簡単な計算で正答できる。
ここで、しっかり得点できなかった場合は、二酸化炭素だけでなく主な気体の性質、発生方法、集め方および指示薬の色の変化についてしっかり整理して覚えて欲しい。

【大問4】物理分野 てこのつりあい

(1)(2)支点の左右で回転力(支点からの距離×おもりの重さ)が等しい時にてこはつりあう。

(3)(4)棒の中心に棒の重さである20gのおもりがさがっている絵を描くこと。その上で(1)(2)同様に回転力の計算を行うこと。

(5)板をつり下げた時のつり合いに関する問題。問題文のヒントに書かれてある通り、2方向から見てそれぞれのつり合いを考えればよい。

(6)同様に、2方向から見た時のつり合いを考えること。その際に、中心に40gのおもりの絵を描いて考えること。本物のおもりと棒の重さのおもりが重なるので、その場所にはその合計の重さのおもりがあると考えればよい。

(7)全体の4分の1を切断した板のつりあいについての問題。40gの4分の1である10gの正方形の板が3枚あると考える。小さい正方形の中心に10gのおもりの絵を描いて考えること。
      
てこのつり合いに関する出題。
前半はてこのつりあいの一般的なもの。後半の板のつり合いはやや難しいが、問題文の書かれたヒントを足掛かりに解き進めて欲しい。

攻略のポイント

ここ何年かの出題分野を見ると、生物・地学・物理・化学の4分野からまんべんなく出題されている。今年度の地学分野のように、1分野2単元以上の出題も見られるので、幅広い単元に対応できる学力が求められている。特定の単元に的を絞るのではなく、苦手単元を作ることのないように、すべての単元をしっかり学習して欲しい。
多くが基本を身につけていれば十分対応できる問題で、知識のみで解答できる問題も多く含まれている。まずは、各単元の基本知識をしっかり固めることを目標にして頂きたい。
また、化学分野および力学の計算問題については、
練習量をしっかり確保して欲しい。また、多少難しそうに見える問題でも、問題文をよく読めば十分に解答可能な問題が多いので、しっかり問題に向き合うことが攻略の大きなポイントになるであろう。

攻玉社中学校トップページはこちら

中学受験のために家庭でできること

インタビュー =学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ