中学受験専門プロ家庭教師が語る

慶應義塾湘南藤沢中等部 算数入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2019年度「慶應義塾湘南藤沢中等部の算数」攻略のための学習方法

傾向

本校の入試は、解法が分かっても手間のかかる問題が比較的多く、処理能力が要求されている
また、試験時間がやや短いので、手際の良さも必要である。計算力や手を動かして調べる力は、素早く正確でなければならない。

日常から、スピードと正確性を意識した学習を心がけたい。模試でも、「考え方は正しいし、単なるミスだから……」というような言い訳は禁物である。
最後の答えまできっちり正解するということに強くこだわってほしい。もちろん「正解までの過程はどうでもよい」などというつもりは全くないが。

解答形式は全問答えのみ

全ての問題について、答えのみを書くスタイルである。途中点は存在しないので、くれぐれもミスには気をつけたい。
また、後半の大型問題は、はじめの小設問を間違えると、連動して大型問題を1題すべて落としてしまうケースが多いことを知っておきたい。
本校の入試本番では、じっくり見直しをする余裕がない場合が多い。1回で正解を求められるように、急ぎつつも慎重に解く習慣を身につけておくようにしたい。

規則性の対策

本校では、規則性の出題が非常に多い。難度は、標準的なものから高度なものまで出題されている。規則性が苦手な受験生は、問題集や過去問などで十分に練習しておくことが、本校の対策として欠かせない。

速さの対策

速さは、終盤の大型問題としての出題が多い。ほとんどの場合、グラフを利用しながら考える問題なので、グラフには十分に慣れておく必要がある。難度が高い問題にも積極的にふれておきたい。
なお、本校の速さの問題では、流水算が多いという傾向がある

立体図形の対策

体積の求積、水量とグラフに関する問題がよく出題されている。体積の求積は面倒なものが多い。特に、回転体の体積に関する問題は、慣れていないと解きにくい問題が多いので、十分に練習をしておきたい。

割合の対策

本校の大型問題では、仕事算、ニュートン算、食塩水に関する出題が目立つ。少なくとも標準的な問題は、正解できるようにしておきたい。

過去問演習

本校の入試問題は、出題分野に偏りが見られるうえに、過去問と設定が似ている問題が出題されることがある。したがって、過去問演習は非常に重要である

本校のかつての入試問題は、近年よりも高難度な問題の割合が多かった。いたずらに難しいのではなく、良問でもある。可能であれば、古い過去問にも触れておくとよいだろう。特に、規則性、速さ、立体図形などの頻出分野はよい練習になる。

2019年度「慶應義塾湘南藤沢中等部の算数」特徴と時間配分と攻略ポイント

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】小問集合 2分
【大問2】小問集合 標準 2分
【大問3】平面図形 標準 7分
【大問4】規則性 やや難 10分
【大問5】流水算・平面図形 標準 11分
【大問6】割合・仕事算 12分

特徴と時間配分

本校は、全問とも解答のみを答える形式で、試験時間は45分である。正確で素早い処理能力が要求されるのが本校の特徴となっている。

今年度の問題は、易しめだった昨年度に比べると、質的にも量的にもハードになっている。

全ての問題を解くのはなかなか厳しいので、問題の取捨選択と時間配分もポイントになる。

【大問1】小問集合

いずれも確実に解かなければならない問題である。

(1)は最大公約数を求める問題

(2)は計算問題。( )内の計算は工夫できるが、分子の数字に注意が必要である。

【大問2】小問集合

いずれも基本的な問題なので、短時間で正確に答えを求めたいところ。

(1)は平面図形。紙を折ったときの長さを、相似に注目して解く問題。類題は十分に経験しているはず。

(2)は場合の数。男女が交互に並ぶ場合を考えればよい。

(3)は立体図形。容器内の水量を求める問題で、相似を利用すると楽に求められる。

【大問3】平面図形

さくにつながれた犬が動くことができる範囲について考える問題。さくにつないだひもの端が固定されていないが、落ち着いて考えれば動ける範囲を図示するのは難しくない。計算量も多くないので、しっかり得点する必要がある。

(2)(3)は、ひもの端がBC間、CD間、DE間にあるときに分けて作図すると分かりやすい。

【大問4】規則性

操作を行うことで、円状にならんだランプをつけたり消したりする問題。本校らしい問題である。

(1)は操作を3回行うだけなので、どのランプがつくのか具体的に調べてみればよい。

(2)では操作が6回になる。6回なので、地道に調べることもできるだろう。

(3)は操作回数が多いので、地道に調べるわけにはいかない。ランプごとに、ついたり消えたりする回数を考えるとよい。

【大問5】流水算・平面図形

流水算は本校では頻出であるが、本問は平面図形と融合した問題になっている。

(1)は易しい問題である。

(2)は船の静水時の速さを求める問題。船の速さの和と静水時の速さの関係に気づくことがポイント。

(3)は、平面図形との融合問題。難しそうに思えるかもしれないが、図形の性質に着目すると、慶太の位置がうまくわかるように設定されている。

【大問6】割合・仕事算

3つの液体原料を混ぜて薬品を作る問題。仕事算の問題だが、原料の割合にも注目していくことになる。

(1)は基本的な問題。

(2)は、どの液体原料を何分入れるかを考える問題。どの液体原料が先に必要量に達するかを考えていけばよい。

(3)は、23本のパイプを使って薬品を作るときの最短時間を求める問題。液体原料の割合に注目するとよいのだが、解答への方針が立たなかった受験生が多かったと思われる。

攻略のポイント

問題量が多く、考えにくい問題も見られるが、それほど難しくない問題も少なくない。時間配分に注意しながら、得点を重ねていきたい。

【大問1】~【大問3】について

考えにくい問題はないので、素早く正確に解きたいところ。算数が苦手な場合は、【大問3】は丁寧に解くことを心がけた方がよいだろう

 

【大問4】~【大問6】について

いずれの大問も(1)は易しいので、最低限(1)は正解する必要がある。そのうえで、どこまで得点を伸ばせるかが重要になる。【大問6】(3)は深追いしなくてよいが、【大問4】~【大問6】では、6割の得点を目指したい

慶應義塾湘南藤沢中等部トップページはこちら

中学受験のために家庭でできること

インタビュー =学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

  • オンラインでプロ家庭教師

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ