中学受験専門プロ家庭教師が語る

白百合学園中学校 算数入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2018年度「白百合学園中学校の算数」攻略のための学習方法

分析

 女子校では珍しく、計算問題・一行問題がまったく出題されず、問題数はかなり少ない。問題構成は男子難関校のようになっている。
しかし、超難問は出題されておらず、標準~やや難レベルの問題が出題されている。
やや難しい問題も出題されることがあるが、まずは標準的な問題を確実に解けるようにすることが重要である。
また、試験時間を考えると、ある程度手際よく解くことも必要である。
正解すべき問題(標準的な問題)をきちんと正解すれば、合格に必要な点数には届く。
しかし、頻出分野については、やや難しい問題にもなるべく取り組んでおきたい。

平面図形の対策

この分野では、やや解きにくい問題も出題されることが多い。
標準的な問題については、解法がすぐに思いつくようになるまで練習しなければならない。
そのうえでやや難しい問題にも積極的に取り組む必要がある。
なお、本校の入試問題では、円周率を「3.14」としない場合がよくあるので注意したい。

割合と比の対策

割合・比に関する文章題では、いきなり式を書こうとするのではなく、図や表に表して整理することが大切である。
この分野では、テクニックが必要になることがほとんどない。問題文をわかりやすく整理することができれば、ほぼ解決できる。
日常の学習から、図や表を書いて考える習慣をつけておくとよい。
これは、途中式を書く練習にもなる。

速さの対策

グラフや図で表すことで、状況が整理できるので考えやすくなる。まずは、手を動かして整理することが重要である。
白紙の状態で頭を抱えている状態は避けたい。
この分野は、別解が考えられることが多い。
いくつかの解法で考える経験を積むことによって、短時間で問題を解ける方法を選択できるようになる。

解答形式は一部記述式

式や考え方を記述する問題がかなり出題されている。
記述式問題は、受験生にとっては記述しやすい問題であり、採点者にとっては途中過程を確認しやすい問題であることが多い。
学校側は、記述式にする問題をよく考えたうえで決定しているように感じられる。
記述式問題の答案については、かなり細かく見たうえで採点していることが予想される。
必要以上に細かく記述しなくてよいが、考え方を採点者にはっきり伝わるように書く必要があるだろう。
解答欄のスペースは十分に与えられているが、過剰に書いてしまうとやや狭く感じるであろう。
過去問演習では、実物サイズの解答用紙で練習するとよい。

2018年度「白百合学園中学校の算数」特徴と時間配分と攻略ポイント

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】文章題 やや難 7分
【大問2】過不足に関する問題 標準 8分
【大問3】速さ 標準 9分
【大問4】立体図形 標準 7分
【大問5】平面図形 やや難 9分

特徴と時間配分

例年通り、計算問題・一行問題がなく、すべてが大型問題である。また、途中式を書く問題もやはり出題されている。

今年度の問題は、例年より質的にも量的にも厳しい出題である。この問題を40分で完答するのは困難であり、例年と同じつもりで取り組むと時間が足りなくなるだろう。このため、受験者平均点34.4点、合格者平均点48.9点と去年より大きく低下している。

【大問1】文章題

赤、緑、黄の紙の販売枚数と代金に関する問題。

(1)は3種類のつるかめ算。緑と黄の枚数が同じなので、比較的解きやすいタイプである。

(2)は枚数の比と購入金額の比に注目して考えていく問題。赤、緑、黄の購入金額の比を求めて、消去算に持ち込むとよい。

【大問2】過不足に関する問題

バスに乗る人数、お菓子・ジュースを配ったときの過不足から、条件にあてはまる人数をすべて求める問題。
まずは、お菓子・ジュースを配ったときの過不足から、考えられる人数をしぼりこむとよい。最後に、バスの人数の条件に合致するかチェックすれば答えにたどり着く。

【大問3】速さ

池の周りを3人が移動していく問題。

(1)は、AとCが出会ってから、AとBが出会うまでに注目すればよい。

(2)は、AとCが再会するまでの時間を求める問題。状況の変化を図示して整理すると考えやすくなる。

(3)は(2)が正解できれば難しくない。

【大問4】立体図形

円すい台の表面積を利用して、側面積を求める問題。表面積が528平方センチメートルとなっていることから、辺の長さを求めるのは得策ではないことが容易に推測できる(528を円周率で割ると、非常に汚い数字になる)。この問題では、辺の長さを求めずに、面積比で考えていくことになる。
単純な問題なのだが、相似比・面積比をきちんと理解し、使いこなせていないと解きにくいだろう。

【大問5】平面図形

相似に関する問題である。

(1)は比較的解きやすい。

(2)について。相似に着目する問題であることは予想できるだろう。しかし、FDとGHが平行という条件をどのように捉えるかがこの問題のポイントになっていて、このような問題は類題が少ない。したがって、解きにくく感じた受験生が多かったのではないだろうか。

(3)は、(2)が正解できていれば、相似を作ることで難なく解決できる。

攻略のポイント

今年度は、質・量ともに厳しい出題である。量的な負担が特に大きく、40分ですべての問題に取り組むとなると、じっくり考える時間がほとんどないのが実情だろう。

無理にすべての問題に手をつけるよりも、比較的解きやすいと感じた問題を、確実に解いていくことが重要である。「特徴と時間配分」で示した時間配分目安は、すべての問題にきちんと取り組むことを想定しているので、この時間よりも多少時間がかかっても問題はない。

実際のところ、【大問1】9分、【大問2】12分、【大問3】11分、【大問4】8分、【大問5】11分程度と考えて問題ないだろう。もちろんこのペースでは解き終わらないが、平均点を見ればわかるように、全部の問題が解けなくても十分である。

白百合学園中学校トップページはこちら

中学受験のために家庭でできること

インタビュー =学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ