中学受験プロ家庭教師 弱点克服・志望校入試傾向対策
中学受験専門プロ家庭教師が語る

浅野中学校 入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2021年度「浅野中学校の国語」
攻略のための学習方法

知識

ありとあらゆる「知識」が求められ出題される。当然、一朝一夕には身につかないので、地道な努力が必要となる。浅野合格を目指した時点から、しっかりと取り組むこと。

先ず「語彙力」。日々の積み重ねあるのみ。塾での「小テスト」等を確実にこなし、もし間違ったものがあれば、必ず書き出して覚えるようにする。「漢字の読み書き」だけではなく、「同音異義語」「同訓異字」「類義語」「対義語」「慣用的表現」、また、「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」「故事成語」や分かりづらい言葉の意味等も押さえておきたい。

また、過去問や演習問題を実施する場合、問題文中の語彙で「読み・書き・意味」のいずれかがあやふやなものがあったら、書き出して自分なりの「言葉ノート」を作成しておくといい。そこには自分が分からない言葉がたまっていくので、折に触れ確認し定着させていく。入試当日に持っていけば、「お守り」にもなる。

これらの「語彙」は様々な形式で出題されるし、「記述」の際にも重要だ。字数制限の中でいかに的確な「言葉」を用いるかが勝負となる。

そして、「文法」。塾でも学習しているはずだが、定着していない受験生が多い。直接出題されるだけではなく、「記述」にも不可欠だ。日本語として「文法的」に正しい文でなければ減点されるし、そもそも内容が正確に伝わらないからだ。特に、「文節の相互関係」や「付属語」(「助詞」「助動詞」)の用法を確実に定着させておくことが重要だ。

速読

大学入試にも匹敵する分量の問題文を読まなくてはならない。大問2題で10000字以上の年度もある。しかも、解答時間は50分。当然、「速読」が求められる。しかも、設問を解くために読むのだから通常の「速読術」を使うわけにはいかない。やはり文章に応じての「速読」のコツを習得しなくてはならない。

「論説文」(説明文)であれば「Nの法則」。意味段落の「序論」「結論」は論旨が述べられているのでしっかりと読み、「本論」は「段落相互関係」に注目しながら各形式段落の最初と最後を読み進める。

「小説」「随筆」は「場面分け」をしながら新たな「登場人物」をチェックしつつ、メリハリをつけて読んでいく。

これらのコツは塾でも教えてくれるはずだし、自分から聞いてみるといった積極性も求められる。その上で、とにかくできる限り数多くの過去問の文章を読むことだ。 浅野に限らず、他の学校の入試問題も読んでおきたい。練習あるのみ。そして、最終的には分速600字以上(できれば650字以上)で「速読」できるようにしておきたい

解法

「論説文」(説明文)と「小説」「随筆」、それぞれに応じた特有の「解法」。そして、共通する「解法」。それらを体系的に理解して定着させ、応用できるようにしなくてはならない。

たとえば、塾での練習問題。答え合わせをして解説を聞き納得、以上終了ではダメだ。必ず「考え方」の道筋をなぞっておくことが重要。特に、間違った問題は宝の山。解き方の過程のどこで誤ってしまったのか? その分かれ道をしっかりと確認して頭に刻み込んでおくことが、同じ間違いを繰り返さない秘訣だ。

さらに、いくつもの練習問題を通じて同種の設問に共通する解き方を身につけたい。それが「解法」となる。そうして理解、習得したものを書きとめた自分なりの「解法ノート」を作成しておきたい。解き方に迷ったらそのノートを確認して、確実に応用できるようにしておくこと。繰り返すことで、やがて自然と「解法」を用いて解くようになるはずだ。

記述

ここ3年間出題はないが、「長文自由記述」は浅野の伝統だ。他の「記述」はさほど多くないが、やはり、準備をしておく必要がある。

先ずは「文を記す」ことに慣れる必要がある。最初は時間がかかってもいい。いやがらずに、とにかく「書く」。そして、書いた「文」は必ず誰かに読んでもらう。「文法」等、正しい日本語の「文」になっているのか、言いたいことが正確に伝わっているかどうかを確認しなくてはいけない。

何を「書く」か。読解の練習問題にある「記述設問」はもちろんだが、その問題文の「要約」をするのがとてもいい方法だ。100字程度で書いてみる。無論、内容は先生に確認してもらう。「要約力」は文章の「理解力」にもつながるので一石二鳥。

次の段階としては「字数の感覚」を身につけることだ。書こうとしている内容は何文字くらいになるのか? 解答欄を埋め始めてから「過不足」を後悔しても遅い。下書きしている時間もない。だからこそ、「字数の感覚」が重要なのだ。

その際、10~20字程度をひとつのブロックとして考えるといい。「記述設問」で得点を左右する「重要なポイント」「必要な要素」は、それぞれその程度が目安だ。マス目のある原稿用紙を使って、自分が書こうとしているポイントがその範囲に収まるようになるまで何度も練習すること。ある程度「感覚」がつかめたら、「最重要ポイント」を文末にして、他の「ポイント」を下から積み上げていくように記述する訓練をしていく。

意識

常に何かを「意識」しながら学習することが大切だ。無意識に机に向っていても無駄だ。その時々、何を目的として学習しているのか、具体的に「意識」し続けていることが重要。

そうして何かを「意識」することができるようになったら、次は同時にいくつかのことを「意識」するようにしたい。「設問」を正しく理解しているか? 「条件」を満たしているか? つまらないミスはないか? といったようなことを、問題を考え、解き、解答欄に答えを書き入れるいくつもの段階で常に「意識」している必要がある。 ひとつのミスが致命的になる浅野では特に重要だ。

入試本番では、見直しの時間はないと思った方がいい。常に「意識」しているということは、何度も「見直し」をしていることになるのだ

2021年度「浅野中学校の国語」の
攻略ポイント

特徴と時間配分

大問は「漢字の読み書き」(全10問。「書きとり」8問、「読み」2問)。

2分程度で丁寧に終えたい。

 

大問は「小説」、出典は「小説すばる」(2017年8月号)所収の香月夕花「左手のルロイ」(文字数約5800字)。

小問は全9問(解答数10)、内容は「選択肢」(「空所補充」、「内容合致」、「総合的知識問題」あり)、「抜き出し」(1問)、「表現記述」(空所補充)、「説明記述」(1問。「25~35字以内」指定)。問題文は7分半程度で読み切り、設問を15分弱で解きたい。

 

大問は[文章1]が「論説文」で[文章2]は「随筆」、出典は前者が野矢茂樹編著「子どもの難問――哲学者の先生、教えてください!」(文字数約1100字)、後者は道尾秀介「煙の謎」(文字数約2000字)。

小問は全8問(解答数9)、内容は「選択肢」(「空所補充」、「組み合わせ」、「乱文整序」、「複数文章読み取り」、「総合的知識問題」あり)、「説明記述」(2問。「10~15字以内」と「20~30字以内」指定各1問)。問題文は4分ほどで読み切り、設問を20分強で解きたい。

【大問一】「漢字の読み書き」(「書きとり」8問と「読み」2問)

  • 難度:標準
  • 時間配分:2分

「漢字の読み書き」(「書き取り」8問と「読み」2問)。示されている例文の「傍線部①~⑧のカタカナを漢字で、⑨・⑩の漢字をひらがな」で答える。

本年度は難解だった昨年度と比較して、本校の標準的な難易度。注意すべきものを確認する。

 

「校長先生のコウワを聞き」=「講話」

  ⇒馴染みが薄いか? 「分かりやすく説いて聞かせること。また、その話」のことだ。

 

「古くなった屋根をホシュウする」=「補修」

  ⇒「同音異義語」に要注意。

 

「世界の平和をキキュウする」=「希求」

  ⇒「社会」(「日本国憲法」の条文)で知っているはず。

 

リロ整然と自らの主張を述べた」=「理路」

  ⇒「理路整然」(=話、文章、議論の筋道が整っているさま)という「四字熟語」として覚えておきたい。

 

ジョウセキどおり」=「定石」

  ⇒中学入試の定番、「囲碁で、最善とされる決まった打ち方。転じて、物事を処理するときの決まった仕方」という意味。

 

曖昧(あいまい)なものがあった諸君は、未だ本校の求める「語彙レベル」には達していないと心得て、精進せよ。

<時間配分目安:全問で2分>

【大問二】「小説の読解」(「説明記述」1問あり)

  • 難度:
  • 時間配分:23分

高校生の「若葉(わかば)」は、9歳のときから飼っていた猫の「ルロイ」が死んですぐに、家族が新しい仔猫(こねこ)を「ルロイ」と呼び始めたことに違和感を覚えながら、亡(な)き「ルロイ」の気配を感じていた――そんな彼女の様子が、同級生の「千夏(ちなつ)」とのやりとりも含めながら描かれている。

内容は難なく理解できるはずだが、5つもある(中略)をまたいでの設問があるので、「小説」の「基本的解法」が通用しなかったり、「総合的知識問題」で厄介なものがあったりと、相当に難解な大問だ。戦術的に「捨て問」をいかに素早く判別するかがポイントとなる。以下、いくつかを検証してみたい。

 

[問一] 「文節相互関係の選択肢」(4択)。「総合的知識問題」。「文法」だ。傍線部①「だから、の三文字を」について、「この表現がかかっている部分」を答える。

そもそも、「かかっている部分」? となってしまう諸君はいないだろうか? 「文法」の基本、「文節の相互関係」についての問題だ。よって、「一文」全体を確認する必要がある。「だから、の三文字を、いつも若葉に言い聞かせる時のように、はっきり三つの音に区切って、父は電話にまくしたて始めた。」となっている。「文節の相互関係」=「言葉のかかり受け」では、直接つなげてみて「意味がまとまる文節」にかかっていることになる。したがって、「答え」は選択肢(ウ)の「区切って」になる。「だから、の三文字を」→「区切って」ということだ。仮に本問の「文法的事項」が曖昧(あいまい)な諸君がいたならば、改めて確認しておく必要がある。

<時間配分目安:1分弱>

 

[問二] 「空所補充の表現抜き出し」(「6~10字以内」指定)。本文中の空所  A  に「入れるのにもっとも適切な表現」を「六字以上十字以内」で抜き出して答える。

「抜き出し設問」では、「抜き出すべき内容」を特定してから「抜き出し範囲」を絞り込んでいく。「内容」をつかむためにまずは空所前後を確認したい。「  A  されるのって、一体どんな気持ちだろう」となっている。これだけではまだ分からないので、「同一場面」で「状況」を読み取る(「小説」「随筆」は「同一場面の直前直後に手がかり・ヒントあり」が鉄則)。「父」が「祖母」に電話をしていて、「あまり話を聞かずに、むやみに励まそう」としている様子を「盗み見た」ときの「若葉の思い」だと分かる。つまり、「抜き出すべき内容」は、「父の祖母への電話での励まし」を聞いたときの「若葉の思い」となる。「範囲」は無論、「同一場面」だ。本文冒頭から最初の(中略)までで相当に長いが、「父の電話」は空所部の前に決まっているのでチェックする。9行前から「父の電話」が始まっている。丁寧に探していくと、「思い出すとつらいって言うんなら、そういうことは忘れちまえばいいんだよ。はじめっからなかったことにするんだ。……、気の持ちようだよ……」という言葉がある。「  A  されるのって」にあてはまることを考えれば、「なかったことに(されるのって)」になると判断できるはずだ。「字数」もOKだ。他に候補はない。したがって、「なかったことに」が「答え」となる。

尚、「抜き出し」では、「候補」はひとつとは限らないので、必ず「抜き出し範囲」の全てを確認することが肝要だ。

<時間配分目安:2分>

 

[問五] 「空所補充の表現記述」(「4字以内」指定)。「総合的知識問題」。「語彙力」が問われている。本文中の空所  B  に「入れるのに適切な表現」を答える。

空所前後を確認したい。「彼女は  B  をしない」。これだけでは内容が不明なので、「同一場面」から「状況」を読み解く。直前で、「私、古文って苦手だな……」と「若葉」が言ったことに対して、「千夏」は「私、得意なの」と「きっぱり答えて」いる。そして、直後には「(彼女=千夏)は得意なものは得意だとハッキリ言う」とある。ということは、「得意なものは得意だと言う」=「  B  をしない」となる。「何をしない」のか? 即座に「謙遜(けんそん)をしない」と結びついた諸君は、本校志望者として求められる「語彙力」が備わっていると考えていい。「謙遜」は「へりくだること。​控え目な態度をとること」だ。よって、「答え」は「けんそん(謙遜)」になる。常日頃、「語彙力」を磨く努力を続けること。

<時間配分目安:1分弱>

 

[問八] 「理由説明選択肢」(4択)。傍線部③「涙は止まってしまった」について、それは「なぜか」を答える。

「選択肢設問」は「消去法」が原則。先ずは「原意消去」をしたい(「原意絶対優位の原則」=「設問」「傍線部」等の「原意」、要は「本来の意味」を最優先に考えること)。ここは「理由説明」なので、各選択肢の「文末」→「だから」→「涙は止まってしまった」と、「直接的理由」として結びつかないものを「消去」していきたい。各選択肢の「文末」を確認する(「選択肢」の説明で最も重要な要素は「文末」に記されている)。

(ア)「素直に喜べなかったから」、

(イ)「悲しめる状態ではなくなってしまったから」、

(ウ)「考える気力を失ってしまったから」、

(エ)「疲れ切ってしまったから」。

さあ、どうだろうか? 判別できるか? 「涙は」「止まってしまった」のだから、「悲しめる状態ではなくなってしまったから」以外は「消去」できなくてはいけない。念のために、「同一場面」を確認する。他の部分の説明も特に誤ってはいない。したがって、「答え」は(イ)でいい。

見事に「一発消去」だ。「原意消去」、是非ともマスターして活用したい。特に、本問のように「選択肢説明」が長い場合(それぞれ100字以上もある)は圧倒的に有利になると心得よ。

<時間配分目安:1分強>

※尚、[問三][問四]に「人物描写読み取り選択肢設問」がある。ともに同じ「指定範囲」からの読み取りだが、(中略)をまたいでいて「同一場面」に「手がかり」を求めることができず、とても難解だ(「解法」が使えないのだ)。すぐに判別ができない場合は「捨て問」で構わないと心得よ。

【大問三】「論説文と随筆の読解」(「複数文章読み取り」あり)】

  • 難度:やや難
  • 時間配分:25分
  • ★必答問題

[文章1]では、「哲学は子どもにしかできない」と指摘する一方で、「子どもには哲学はできない」と論じている。[文章2]では、筆者が子どもの頃、「製紙工場の煙」を見て「その下で働く人々を意識した」を回想している。「2つの文章」からの出題という本校としてはとても珍しい形式だ(ただし、「2つの文章」を同時に読み取る必要がある小問はひとつだけ)。また、「乱文整序」や「空所補充の説明記述」もある。なかなか「クセ」の強い大問だ。いくつかを確認しよう。

 

[問一] 「理由説明選択肢」(4択)。[文章1]の傍線部①「子どもにしか哲学はできない」について、それは「なぜか」を答える。

先ずは「原意消去」からだが、各選択肢の「文末」は全て「子どもにしかないから」となっているので無理だ。

次に、「傍線部一文一部の法則」(「傍線部(空所部)が一文の一部分だった場合、傍線部(空所部)以外が重要」という「重要解法」)に「手がかり」を求める。直前に「だから」とあるので、その前が「理由」だと分かる。確認する。「哲学の問いは、『前に進め』という声から自由な者だけに許されている」となっている。その「原意」と、各選択肢の「子どもにしかない『もの』」とが結びつかないものを「消去」していく。

(ア)「熱中できるような好奇心」、(イ)「楽観的な発想」、(ウ)「多様性について考える必要性」、(エ)「立ち返って考えられる状況」。

「子どもだけ」が「哲学をできる」のであれば、「考えられる状況」があるということ以外は「消去」していいはずだ。また、「『前に進め』という声から自由」⇒「止まっても、もどってもいい」⇒「立ち返って」と結びつく。「同一意味段落」をチェックする(「論説文」「説明文」では「同一意味段落」に「手かがかり・根拠」がある)。他の部分の説明も特に誤ってはいない。よって、「答え」は(エ)になる。

本問は「変則的消去」だったが、「原意消去」が原則だということは忘れずに。

<時間配分目安:2分半> 

 

[問六] 「空所補充の理由説明記述」(「10~15字以内」指定)。[文章2]の傍線部④「あの煙には感謝しなければならない」について、「その理由を説明した文中の空所 」に「あう形」で「十字以上十五字以内」で記述する。

「説明文」の空所前後は、「製紙工場の煙を見た筆者の経験が、   から。」となっている。つまり、「製紙工場の煙を見た経験」が「筆者」の「感謝」結びついているわけだ。なぜか? 「同一場面」から読み解いていく。直前から、「筆者」にとっては「煙」と「小説」が結びついていることが分かる。さらに、前段落では、「製紙工場の煙」は、「筆者」が「小説家になったきっかけの一つだったのかもしれない」と説明されている。こうした内容が「理由」であると考えられるはずだ。したがって、あとは空所前後の「文脈」に合わせ、「字数」を整えてまとめればいい。たとえば、「(製紙工場の煙を見た筆者の経験が、)小説家になった一つのきっかけだ(から。)」(15字)といった「答え」になる。

本校では定番の「短文の説明記述」、「字数調整」がなかなか難してので、十分に練習を重ねておくこと。

<時間配分目安:2分半>

 

[問七] 「乱文整序選択肢」(5択/複数完全解答)。[文章2]の空所    D   には、示されている(ア)~(オ)の各文があてはまるが、それらを「正しい順番に並べかえ」、その「順番」を答える。

「乱文整序」では先ず、「乱文」どうしで「順序」が特定できる組み合わせを探すことで「選択肢」を減らしておきたい。その際は無論、「乱文冒頭」の「接続詞」や「副詞」、「指示語」などが重要な「手がかり」になる。各選択肢を確認する。

(エ)が「つまり、煙突から煙なんて出ているはずがなかったのだ。」となっている⇒「つまり」は「説明・補足」の接続詞⇒(ア)の「……工場は、なんと僕が生まれる二年も前に閉鎖されていた。」が直前にあるはずだと分かる。(ア)(エ)は特定できる。

次に、本文の空所前後との「つながり」から特定できるものを確認する。「前」では、「驚いたことに、王子製紙は王子に工場を持っていなかった」と説明されている。よって、空所部の冒頭は「……『王子製紙の工場がさあ』と言い合っていたのは、……勘(かん)違いだったようだ。」とある(ウ)だと判断できる。また、「後」には「――? 僕たちが眺(なが)めていたあの煙は、いったい何だったのだろう。」とあるので、空所部の最後が(エ)だと決められるはず。

残りは2つだ。(イ)は「……そう言っているのを、鵜呑(うの)みにしていたのだろう」⇒「そう言っている」⇒「『王子製紙の工場がさあ』と言い合っていた」とつながるので(ウ)の直後で、(オ)の最後には「……また驚いた。」とあるので、(ア)の「……、なんと僕が生まれる二年も前に閉鎖されていた。」が直結していると特定可能だ。

以上を整理する。結果として、「答え」は「(ウ)(イ)(オ)(ア)(エ)」というわけだ。

面倒な「乱文整序」では、「乱文」どうしの「順序特定」が最大のカギとなると心得よ。

<時間配分目安:2分半>

 

[問九] 「複数文章の読み取り選択肢」(4択)。「働く」ということに関して、[文章1]・[文章2]から「それぞれ読み取れる内容をまとめた文」を答える。

初体験の問題かも知れない。冷静に考えていきたい。問題文にあるように、2つの文章に共通する「テーマ(論点)」は「『働く』ということ」だ。では、他に何か「共通」する「キーワード」や「対応」する「視点」等がないかを読み解いていく。すると、両者から「子ども(子供時代)」という「キーワード」が浮かび上がるはずだ。先ずは、その点に着目して各選択肢を「消去」してみる。確認する。

(ア)では[文章1]について、「子どもでも大人でもない『哲学者』」と指摘し、

(イ)では[文章1]・[文章2]ともに「大人」だけに論及している。

よって、これらは「消去」していいはずだ。

次に、それぞれの「文章」で、「子ども(子供時代)」についてどのように述べているかをチェックしたい。[文章1]では「働いた経験のない子どもは『働く』ということを対象化できない」、[文章2]では「子供時代の経験が、小説家になった一つのきっかけだ」と述べられていることが分かる。そこから、[文章1]について「『働く』ことのイメージは子どもと大人では一致しない」、[文章2]について「大人になった後の仕事を通じて、子どもに『働く』ことの楽しさを伝えられる」と指摘している(エ)も「消去」できる。

それに対して(ウ)は、[文章1]について「子どもにとって『働く』ということを対象化して理解することは難しいこと」、[文章2]について「子どもの頃の原体験が様々な作用をもたらす可能性」を述べている。したがって、「答え」は(ウ)でOKだ。

「複数文章の読み取り」では、「共通」する「テーマ(論点)」や、「対応」する(対になる)「キーワード」・「視点」に着目することが肝要だと心得よ。

<時間配分目安:3分>

攻略のポイント

●合格ラインは年度によってばらつきがあるが、ここ10年間の「合格者平均得点率」は64.4%(120点満点。本年度は66.1%)なので、60%超は絶対に死守したい。解答数と時間を考えると決して楽ではない。「漢字」などの「総合的知識問題」を含め、平易な設問は絶対に落とさないようにすること。単純なミスは禁物だ。

「知識」や「接続詞」「指示語」、基礎的な「換言選択肢」では全問正解が基本。「説明記述問題」は少ないが、いかに減点をなくすかが課題となる。「ポイントとなる要素」を外さずに「過不足なく」記すことが必要だ。特に「設問条件」に留意すること。

●本年度初出の「複数文章の読み取り設問」、冒頭でも指摘したように「大学入学共通テスト」への対策を意識したものに違いない。新たに重視されるようになった「思考力・判断力・表現力」が問われているわけだ。無論、来年度以降もそうした出題が予想されるので、十分に練習しておくことが不可欠だ。

●制限時間は50分。時間配分には細心の注意を要する。問題文のボリュームは毎年異なるが、10000字超の年度もある(本年度は約8900字)。したがって、いかに速く読み取れるかが勝負だ。分速750字以上を目標に「読む練習」を常にすることが重要

浅野中学校の科目別
入試対策一覧

中学受験のために
家庭でできること

インタビュー=学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸び

TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。