中学受験プロ家庭教師 弱点克服・志望校入試傾向対策
中学受験専門プロ家庭教師が語る

浅野中学校 入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2021年度「浅野中学校の社会」
攻略のための学習方法

スライド式学習

「地理」「歴史」「公民」と「時事問題」の「知識」を確実に定着させておく必要がある。「基礎的事項」は当然だが、相当細かな「知識」や「深い理解」も求められるので注意したい。テキストの「注」や「囲み説明」等もチェックしておくこと。

ただ、人は忘れるものだ。時が経てば経つ程忘れる。ここに実は落とし穴がある。基本的に「暗記」が最重要となる「社会」では、各単元をいつ学習し、定着させたのか、その時期が問題となる。塾では通常、本格的な受験勉強が始まる5年生になってから、「地理」⇒「歴史」⇒「公民」と単元消化していき、6年生の夏休み前には終える。

その後は「復習」となるが、そのメインは圧倒的に定着すべき事項の多い「歴史」にならざるを得ない。そのまま、秋から冬となり「過去問演習」と続いていく。6年生で学習した「公民」はまだしも、「地理」はどうだろうか? 実質的に1年以上の空白が生じてしまう。それはまずい。浅野では「地理」単元に含まれる全ての分野から多数出題されるのだ

そこで、独自の「復習」が必要となる。塾での進度とずらして(スライドさせて)、まだ時間的に若干の余裕がある5年生の冬休みやその後の春休みを利用して徹底的に「地理」の「復習」をしておくことが勝利につながる。「重要事項チェック問題集」のようなものを活用して、ライバルに差をつけておきたい。

いもづる式学習

「暗記事項」はそれぞれ単独に(単なる「一問一答方式」)定着させておいてもあまり意味がない。バラバラに覚えているだけでは、自分が覚えた通りに問われなければ結びつかないし、関連問題にも答えられないからだ。

そこで重要となるのが「いもづる式学習法」だ。「点」で覚えているものを「線」で結び、さらには「面」をも理解するには不可欠の学習だ。1つの「暗記事項」を確認する際、それに関連すると思われる「事項」を次から次へと思いつく限り引き出していく。単元も無視する。もし「言葉」としては覚えていても内容があやふやになっているものがあれば、すぐに確認しておく(ついでにここでも「復習」できる)。

また、それらは「線」で結びついているはずなので、どのように結びつくのかを確認していく。その上で、それらが結びつく背景(=「面」)も理解するようにする。このようにして改めて定着させた「事項」はどのような問われ方をしても「線」で結びつけて答えられることになる。さらに、単元もまたいでいるので、「単元融合問題」にも対応できるようになる。また、浅野特有の「考えさせる問題」でも「知識」をつなぎ合わせることができるようになる

手づくり式学習

特に「歴史」単元の「復習」で必要となる。塾での「歴史」の学習は普通、「政治史」を軸とした「通史」として「時代別」「時代順」になっている。だが、浅野に限らず入試問題ではそうした単純なものはない。特定の切り口での「分野史」が多いし、必ずしも「時代別」「時代順」ではなく様々な時間軸で出題される。

それらに対応するために必要なのが「手づくり年表」だ。「政治史」「社会経済史」「外交史」「文化史」「人物史」等の「分野史」別の「年表」を作成しながら復習する。その際、「原始」~「現代」という長い時間軸にする。当然、「重要事項」だけしか記入できないが、それでいい。「関連事項」を頭に思い浮かべるようにすれば、「いもづる式学習」にもなる。

さらに、その「年表」には「世紀」と「日本の時代名」「中国の王朝名」を対応させて記入しておきたい。「世紀」と「時代」がすぐに結びつかないと答えられない問題が多いからだ。「年表づくり」を楽しみながらやってみよう。

細部へのこだわり式学習

必ず出題される「資料読み取り問題」や「設問文の内容を組み合わせて考える問題」。これらを考えるに当たって最も重要なことは、「資料」や「内容」をいかに正確に読み取るかということだ。資料や設問文に示されていることだけに基づいて「考えるヒント」を見つけ出す。とにかく「細部」にこだわって読み取ることが必要となる。

そのためにはトレーニングが欠かせない。過去問等を用いて、資料の細かな「数字」や「項目」と「設問文の内容」を全て材料として、そこから何が導き出せるのかを確認する訓練をするのだ。導き出せることについては、「解説」等に示されているので活用すること。

こうした「細部へのこだわり学習」をつづけることで、次第に資料や設問文に示された「手がかり」が自然と浮かび上がるようになる。後は自分の「知識」と結びつけて考えればいいのだ。

 意識継続式学習

 常に何かを「意識」しながら学習することが重要だ。漫然と机に向っていても意味がない。その時々、何を目的としてどのような学習(たとえば、上記の「○○式学習」)をしているのか、具体的に「意識」し続けていることが大切。

そうして何かを「意識」することが継続できるようになったら、次は同時にいくつものことを「意識」しながら学習したい。本番では40分という制限時間の中で、重要な「設問条件」をクリアして答えなくてはいけないのだ。だからこそ、「設問」を正しく理解しているか? 「条件」を満たしているか? つまらないミスはないか? といったようなことを、問題を考え、解き、解答欄に答えを書き入れるいくつもの段階で常に「意識」しながら学習する必要がある。

さらに、「時間」も「意識」すること。入試では見直しの時間はないと思った方がいい。常にそれらの「意識」を継続しているということは、何度も「見直し」をしていることになるのだ

2021年度「浅野中学校の社会」の
攻略ポイント

特徴と時間配分

大問は「総合」(「地理」「歴史」「公民」「時事」と「考察問題」)。「『ヒト』『モノ』『カネ』の移動についてのリード文」からの出題。

小問は全21問(解答数21)。「選択肢」のみ(「不適切」、「組み合わせ」、「複数完全解答」あり)。

 

大問は「歴史」。 「『関所』に関する2つの史料」からの出題。

小問は全3問(解答数3)。「選択肢」(2問)と「長文説明記述」(1問。「110字以内」指定)。時間配分としては、「長文説明記述」に6分ほど、他は1問で1分半弱のペースとなる(例年と比べてやや余裕あり)。

【大問1】「総合」(「地理」「歴史」「公民」「時事」と「考察問題」)

  • 難度:標準
  • 時間配分:31分
  • ★必答問題

「2020年、新型コロナウイルス感染が世界規模で拡大」という「時事ネタ」を切り口とした、「国内外の『ヒト』『モノ』『カネ』の移動の変化」についての「リード文」からの出題。全ての単元のあらゆる分野、そして、「考察問題」と多種多様な小問が並んでいる。

本校としてはとても珍しく「選択肢設問」のみだが、「不適切」⇔「組み合わせ」⇔「複数完全解答」と目まぐるしく転換するので混乱しないようにしたい。多くは基礎的事項が問われているので、焦ることなく得点を重ねたい大問だ。以下、いくつかを「設問」を確認してみよう。

 

[問7]  「下線部に関連しての不適切選択肢設問」(4択)。「歴史」単元。「リード文」中の下線部⑦の「『ヒト』や『モノ』が動かないことで世の中の『カネ』の回り方が急速に停滞」とは逆に、「江戸時代末期に『鎖国』が終わると、『ヒト』『モノ』『カネ』は新たな動きを始め、国内経済に大きな影響を与えた」が、「その説明」として「適切でないもの」を答える。

各選択肢の「要点」で正誤判別していきたい。

 

(ア)「輸入品の中心だった繭(まゆ)」

  ⇒当時の輸出の中心は「生糸」であってその原料の「繭」ではない。勘違いしないこと=不適切。

 

(イ)「外国産の安い綿織物」「国内の綿織物業が成り立たない」

  ⇒主にイギリスからの輸入=適切。

 

(ウ)「日本と外国では金・銀の交換比率が異なり、日本から大量流出」

  ⇒幕末経済の混乱のひとつの要因として知っているはず=適切。

 

(エ)「質の悪い金貨で物価上昇」

  ⇒(ウ)の当然の結果=適切。

 

したがって、「答え」は(ア)になる。「正誤判別」では、細部にこだわることが肝要だ。

<時間配分目安:1分>

 

[問8]  「下線部についての空所補充選択肢設問」(4択)。「考察問題」。「リード文」中の下線部⑧「飲食店」について、示されている「喫茶(きっさ)店のメニュー表示」から考察できる「説明文」の空所に「SサイズとLサイズで比較してもあまり変わらない」が「あてはまるもの」を答える。

「メニュー表示」は「ホットコーヒーについて、[Sサイズ(240ml)280円]・[Lサイズ(480ml)380円]」となっている。それぞれの「説明文」をチェックして。「答え」を出してみたい。

 

[買う側の視点]として「1杯あたりの価格と容量についての割安感は、  ア  。」

⇒「容量」は倍だが、「価格」はそれよりも安い=不適切。

 

[売る側の視点]として、「1杯あたりの原料にかかる費用は、  イ  。」

⇒「容量」が倍ということは、「原料」も多少は多く必要になるはず=不適切、

 

「1杯あたりの人件費・家賃・光熱費などの費用は、  ウ  。」

⇒「容量」が違っても、同じ店で、手間や人手も変わらないに決まっている=適切、

 

「価格から費用を差し引いた利益が1杯の価格に占める割合は、  エ  。」

⇒「価格」の差ほどは「費用」は違わないはずなので、「利益率」は「L」の方が大きくなる=不適切。

 

したがって、「答え」は(ウ)ということになる。

「考察問題」は無論、「知識」だけでは答えられない。与えられている「情報」を的確に組み合わせて「思考」する練習を繰り返すことが肝要。

<時間配分目安:2分>

 

[問13]  「下線部についての選択肢設問」(4択)。「公民」単元(「時事的要素」あり)。「リード文」中の下線部⑬「働き方」について、「近年の日本の労働環境の説明」を答える。

各選択肢の「要点」や「キーワード」で正誤判別してく。

 

(ア)「失業率は諸外国と比較して高い水準」

  ⇒近年の失業率は「2~3%」程度だと知っていなくてはいけない。もちろん、「低い水準」だ=不適切。

 

(イ)「非正規雇用(こよう)の労働者と契約社員との賃金格差が問題」

  ⇒「契約社員」も「非正規雇用」であって、「正規雇用労働者」との「賃金格差」が問題となっていることは常識=不適切。

 

(ウ)「労働時間に応じて賃金を支払うフレックスタイム制」

  ⇒「フレックスタイム制」とは「労働者自身が始業と終業の時刻を決められる制度」だということは知っていてほしい=不適切

  ⇒尚、「仕事の成果に応じて賃金を支払う」のが「成果主義」だ。

 

(エ)「育児休暇の取得率は諸外国と比較して低い」

  ⇒「女性の83.0%」に対して「男性は7.5%」で圧倒的に低いということは、典型的な「時事問題」だ=適切。

 

よって、「答え」は(エ)。「公民」単元では常にアップデートした「知識」が求められていると心得よ。

<時間配分目安:1分強>

 

[問15]  「下線部についての不適切選択肢設問」(6択/複数完全解答)。「地理」単元。「リード文」中の下線部⑮「大雨」について、「洪水被害を減らすための取り組み」として「適切でないもの」を「すべて」答える。

「複数完全解答」なので、より細心の注意を払いながら、各選択肢の「要点」で正誤判別する。

 

(ア)「川幅を広げる」「川底を掘り下げる」

  ⇒誰が考えても「洪水被害を減らす」ことになると分かる=適切。

 

(イ)「支流を合流させる」

  ⇒「合流」によって水量増加→「洪水の危険が増す」と考えられるはず=不適切。

 

(ウ)「市街地全域をコンクリート化」

  ⇒「雨水」などが地面にしみこまない→下水道からの水量増加→「洪水の危険が増す」のは当然=不適切。

 

(エ)「蛇行(だこう)する河川を直線に」

  ⇒それだけ早く排水される=適切。

 

(オ)「遊水地を設置」

  ⇒「洪水対策」ということは周知=適切。

 

(カ)「ハザードマップを作成」

  ⇒「洪水被害を減らすため」には今や不可欠なのは常識=適切。

 

よって、「答え」は(イ)(ウ)だ。「複数完全解答」では、集中力の欠如(けつじょ)が致命的になると心得よ。

<時間配分目安:1分半>

 

[問17]  「下線部についての不適切選択肢設問」(4択)。「時事」単元。「リード文」中の下線部⑰「インターネット」について、「情報技術が発達することで考えられる問題点」として「適切でないもの」を答える。

各選択肢の「要点」で正誤判別していこう。

 

(ア)「情報を得やすい環境にいる人とそうではない人との格差が生じる」

  ⇒いわゆる「デジタルデバイド」のことだとすぐに判断できなくてはいけない=適切。

 

(イ)「映画や音楽の著作権が保護されないことがある」

  ⇒たびたび「ニュース」になっていることは知っているはず=適切。

 

(ウ)「個人情報や人を傷つける言動が拡散される問題」

  ⇒「木村花さんの自殺」は大きな問題となった。典型的な「時事問題」=適切。

 

(エ)「行政機関が情報を発信することで、議論の可能性をせばめてしまう」

  ⇒むしろ逆に、「議論の可能性」は広まると考えられるはず=不適切。

 

したがって、「答え」は(エ)

尚、「時事問題」では受験前年のものだけではなく、数年前からの「時事ネタ」を確認しておくことが肝要。

<時間配分目安:1分弱>

 

※尚、[問2]で「人口分布を示した横浜市の地図」、[問12]では「3つの標高地形図」の「読み取り設問」がある。特に「地形図読み取り」は「地理」単元で頻出なので、「地図記号」「等高線」「方位」「縮尺」等の「地形図」に関連する基礎的事項を完全に定着させておくことが肝要だ。

【大問2】「歴史」(「長文説明記述」あり)

  • 難度:標準
  • 時間配分:9分

日本の歴史で、「移動の自由への制約」を行っていた「関所」に関連する「2つの史料」からの出題。「歴史」単元の「選択肢設問」(2問)と「長文説明記述」(1問)だけの大問だ。「選択肢設問」はとても平易で、瞬時に正解することが必須。やや悩ましい定番の「長文説明記述」を考えてみたい。

 

[問3]  「史料読み取りの条件付き内容説明記述設問」(「110字以内」指定)。「[資料A](室町時代の海上関所についての記録)の関所の役割と、[資料B](江戸時代の箱根関所のようすを再現した2枚の写真)の関所の役割の違い」を「110字以内」で説明する。条件は「織田信長の政策と、[図2]・[図3]の写真の意味にもふれながら説明する」こと。

当然ながら、先ずはそれぞれの「資料」を読み解いていく。

 

[資料A]は「兵庫湊(みなと)」(=「大輪田泊」で「日宋貿易」の拠点=[問1]の「答え」)の記録で、通行する船から「税」を徴収していたことが分かる。また、「信長公記(しんちょうこうき)」(織田信長の伝記)の一節として「信長は、領国内に数多くある関所を撤廃した」ことが記載されている。

 

[資料B]は「江戸時代初期に設置された箱根関所のようすが分かる2枚の写真[図2][図3]で、前者は復元された立派な「門」、後者は「女性を取り調べているようす」が再現されていることが分かる(⇒「入鉄砲に出女」と結びつくはず)。

 

以上で、「説明すべき要素」はそろったことになる。あとは、「関所の役割の違い」という論点に即して全体を整理しまとめていけばいい。たとえば、「室町時代は通行税を徴収する役割で、織田信長は経済活性化のために関所を撤廃したが、江戸時代には江戸を守ることが主な役割となり、行き来する人やものを確認し、特に『入鉄砲に出女』への取り締まりがしっかりと行われたという違い。」(109字)といった「答え」になる。

本校必出の「長文説明記述(論述)」では、「問題文」や「条件」という「与えられた情報」と「自らの知識」を結びつけ、多角的に考えていくことが肝要だ。

<時間配分目安:6分強>

攻略のポイント

●冒頭で述べたように、近年ほぼ一貫していた出題傾向が本年度大きく変更された(定着するかどうかは分からないが)。そのためか、「合格者平均得点率」はやや減少した(10年間平均は64.9%なのに対して本年度は63.7%)。だが、「基本的知識」を問う問題が多いことには変わりないので、「地理」「歴史」「公民」全ての単元の全分野、そして、「時事問題」も確実に習得しておく必要がある。もちろん、「漢字」でしっかりと覚えること(本年度は「事項記述」が未出だったが、油断はできない)。「設問内容」は多彩なので、過去問に限らずさまざまな問題を解いておくことが重要。さらに、「時事問題」では「背景理解」も含めて確実にチェックしておくことが不可欠だ。

●近年のお約束となっている「長文説明記述(論述)」だが、ここ数年は明らかに新たな大学入試制度を見据えた「設問内容」になり、「説明記述」というよりは「考察論述」も出題されるようになった。したがって、来年度以降に向けても、これまでの「資料読み取り訓練」と「記述練習」に加え、「思考力・判断力・表現力」を磨く練習が不可欠となる

●配点は「長文説明記述(論述)」以外は各2~3点と推測される。40分という制限時間があるので、先ずは解きやすい設問から攻め、「考える必要のある設問」と「長文説明記述(論述)」に時間を傾斜配分するといった「戦術」が求められる(当然、「捨て問」があってもいい)。また、分かりづらい「設問内容」の問題もあるので、的確に理解することを心がけなくてはいけない。

浅野中学校の科目別
入試対策一覧

中学受験のために
家庭でできること

インタビュー=学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸び

TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。