中学受験プロ家庭教師 弱点克服・志望校入試傾向対策
中学受験専門プロ家庭教師が語る

フェリス女学院中学校 入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2021年度「フェリス女学院中学校の社会」
攻略のための学習方法

スライド式学習

「フェリス対策」では当然、「地理」「歴史」「公民」全単元の「知識」を確実に定着させることが最優先となる。「基礎的事項」は無論、細部にわたる「知識」や「深い理解」が求められる問題もあるので、テキストの「注」や「囲み説明」等のチェックもしておきたい。

だが、悲しいことに人は忘れるものだ。時が経てば経つほど忘れる。ここに落とし穴がある。基本的に「暗記」が最重要となる「社会」では、各単元をいつ学習し定着させたのか、その時期が問題となる。塾では通常、本格的な受験勉強が始まる5年になってから、「地理」⇒「歴史」⇒「公民」と単元消化していき、6年の夏休み前には終える。

その後は「復習」となるが、メインは圧倒的に定着すべき事項の多い「歴史」にならざるを得ない。そのまま、秋から冬となり「過去問演習」と続いていく。6年で学習した「公民」はまだしも、「地理」はどうだろうか? 実質的に1年以上の空白が生じてしまう。それはまずい。フェリスでは「地理」の全分野から出題されるのだ。

そこで、独自の「復習」が必要となる。塾での学習時期とはずらして(スライドさせて)、まだ時間的に若干の余裕がある5年の冬休みやその後の春休みを利用して、徹底的に「地理」の「復習」をしておくことがポイントだ。「重要事項チェック問題集」のようなものを活用するといい。さらに、その後も定期的に「地理」の理解を深めるような学習をこっそり続けておくことで、ライバルに差をつけておきたい。

いもづる式学習

特に「歴史」単元の「復習」で必要となる。塾での「歴史」の学習は通常、「政治史」を軸とした「通史」で「時代別」「時代順」になっている。しかし、フェリスではそうした単純な出題はほとんどない。特定の切り口での「分野史」が多いし、必ずしも「時代別」「時代順」ではなく様々な時間軸になっている。

それらに対応するために必要なのが「手づくり年表」だ。「政治史」「社会経済史」「外交史」「文化史」「人物史」等の「分野史」別の「年表」を作成しながら復習する。その際、「原始」~「現代」という長い時間軸にする。当然、「重要事項」だけしか記入できないが、それでいい。「関連事項」を頭に思い浮かべるようにすれば、「いもづる式学習」にもなる。

さらに、その「年表」には「世紀」と「日本の時代名」「中国の王朝名」も対応させて記入しておきたい。「世紀」と「時代」がすぐに結びつかないと答えられない問題が多いからだ。特にフェリスでは「なん世紀」を問う問題が必ず出る。「年表づくり」を楽しみながらやってみたい。

手づくり式学習

ある一つのテーマをもとに、いろいろな時代について総合的に問うパターンが多く見られる。
世界遺産のある土地に関係する歴史(平成24年度)や、各時代の外国との交流(平成25年度)など、話題は多岐にわたる。

この分野では、難しいとされる出来事の並び替えの問題も出されている。
発生した時期が近い出来事の並び替えなどは、年号をはっきり覚えておくか、年表のように一連の流れを思い出せるようにしておかないと正確には答えられない。

人物や出来事について一通り覚えたら、次に年表を使って時間の流れに沿ってまとめていき、地図や白地図で合わせて場所も確認しておく。歴史史料をもとに考えさせる設問もみられるので、資料集の図版などを見分けられるようにしておきたい。
また、用語を書かせる問題が多数あるので、漢字で書けるようにする必要がある。

細部へのこだわり式学習

「リード文」「設問文」「統計資料」等の「要素」と自らの「知識」を多角的に結びつけないと解けない問題がフェリスにはある。考える際の前提は無論、それぞれの「要素」をいかに正確に読み取るかということだ。そこから「考えるヒント」を見つけ出すのだから、「細部」にこだわって読み取ることが重要となる。

当然、トレーニングが欠かせない。過去問や練習問題等を用いて、各「要素」の細かな「意味」や「資料の数字」、そして「関連事項」など全てを材料として、そこから何が導き出せるのかを確認する練習をしなくてはいけない。導き出せることについては、過去問や問題集の「解説」に示されているので活用する。

こうした「細部へのこだわり学習」を続けることで、次第に様々な「要素」から着目すべき「手がかり」が自然と浮かび上がるようになる。後は自分の「知識」と結びつけて考えていけばいい。

意識継続式学習

どのような場合も、常に何かを「意識」しながら学習することが必要だ。無意識に机に向っていても無意味。その時々、何を目的としてどのような学習(たとえば、上記の「○○式学習」)をしているのかを具体的に「意識」し続けていることが重要だ。そうして何かを「意識」することが継続できるようになったら、次は同時にいくつものことを「意識」しながら学習したい。

フェリスの入試では30分という制限の中で、様々な「要素」を考え「条件」をクリアして45前後もの問題に答えなくてはならない。だからこそ、「設問」を正しく理解しているか? 「要素」は全て確認したか? 「他の設問」との関連は大丈夫か?「条件」を満たしているか? つまらないミスはないか? といったようなことを、問題を考え、解き、解答欄に答えを書き入れるいくつもの段階で常に「意識」しながら学習する必要がある。入試では見直しの時間はないと思った方がいい。常にそれらの「意識」を継続しているということは、何度も「見直し」をしていることになるのだ。

2021年度「フェリス女学院中学校の社会」の
攻略ポイント

特徴と時間配分

大問 1 は「地理」。「瀬戸内海およびその沿岸地域」についての「リード文」からの出題。

小問は全3問(解答数9)、「選択肢」(「組み合わせ」あり)、「事項・地名記述」(「空所補充」あり)、「説明記述」(1問。「字数指定」なし、「40字ほど」の解答欄)。

大問 2 も「地理」。「外国との貿易」についての「リード文」からの出題。小問は全7問(解答数7)、「選択肢」、「事項・県名記述」(「空所補充」あり)、「説明記述」(1問。「字数指定」なし、「30字ほど」の解答欄)。

大問 3 は「歴史」。「私たちと馬との関わり」についての「リード文」からの出題。小問は全16問(解答数19)、「選択肢」(「不適切」、「複数完全解答」あり)、「事項記述」(「空所補充」あり)、「説明記述」(2問。ともに「字数指定」なし、「30字ほど」と「40字ほど」の解答欄)。

大問 4 は「公民」(ただし、「時事」「考察問題」が混在)。「ジェンダー平等」についての「リード文」からの出題。小問は全5問(解答数5)、「選択肢」(「不適切」、「複数完全解答」あり)、「事項記述」(「空所補充」、「漢字指定」あり)、「考察記述」(1問。「字数指定」なし、「80字ほど」の解答欄)。時間配分としては、「説明記述」に10分ほど、「事項等記述」「選択肢」は1問を30秒強という超ハイペースで解いていくことになる。

【大問1】「地理」(「説明記述」1問あり)

  • 難度:
  • 時間配分:6分

「瀬戸内海およびその沿岸地域である中国・四国地方各県」についての「リード文」からの出題。「リード文中の空所」を補充した上で(「事項・地名記述」)、各小問に答えていくという形式。「統計資料」と「地形図」に関しての、「地理」単元の「基礎的事項」が問われている。

1問だけ検証してみる。

[b②] 「下線部についての地形図読み取り理由説明記述設問」(「字数指定」なし、「40字ほど」の解答欄)。示されている、「リード文」中の下線部(b)「西条市」の「地形図」について、図中に「『地図記号 果樹園』が多くみられる理由」を説明する。無論、地図記号の「地図記号 果樹園」は「果樹園」を示している([b①]の「答え」)。「地形図」からは、「緩やかな斜面」に分布していることが読み取れる。「水はけがよく、日当たりがよい」⇒「果樹栽培に適している」ということは知っているはず。が、それだけでは何か物足りない。そう、「西条市」は「瀬戸内海沿岸の愛媛県」だ⇒「温暖で降水量が少ない気候」、これもまた「果樹栽培に適している」と判断できる。こうした内容を「過不足なく」まとめていきたい。たとえば、「温暖で降水量が少ない気候と、水はけと日当たりがよい斜面が果樹栽培に適しているから。」(41字)といった「答え」になる。尚、「地形図読み取り」は本校に限らず「地理単元」での定番だ。「地図記号」「等高線」「方位」等の「地形図」に関連する基礎的事項を完全に定着させた上で、設問に即して的確かつ正確に読み取っていくことが肝要になる。

                                   <時間配分目安:2分弱>

【大問2】「地理」(「説明記述」1問あり)

  • 難度:標準
  • 時間配分:5分

「外国との貿易で発展してきた日本経済」についての「リード文」からの出題。「地理」単元の「貿易」分野からの「基本的知識」を問う小問が並ぶが、やや紛らわしいものもある。2問を確認してみたい。

[d] 「下線部についての内容説明選択肢設問」(4択)。

「リード文」中の下線部(d)「円とドルの交換比率の変化」について、「1ドルが100円から200円になった場合の日本の貿易に与える影響」を答える。頭が混乱しやすい「円高・円安」の問題。「100円→200円」=「円安」だと押さえることが最優先。そして、「円安」⇒「輸出に有利で輸入に不利」という基本を押さえて、各選択肢の「キーワード」で正誤判別をしたい。

(ア)「輸出品の価格」「ドルでは2倍」⇒「ドルでは半分」になる=「不適切」。

(イ)「輸出が減少」⇒「輸出は増加」に決まっている=「不適切」。

(ウ)「輸入が減少」⇒至極、当然=「適切」。

(エ)「輸入が増加」⇒「輸入は減少」だ=「不適切」。

したがって、「答え」は(ウ)だ。「為替」に関してはさまざまなパターンで問われるので、正確に理解しておくことが肝要。

                                  <時間配分目安:30秒以内>

[e] 「下線部についての内容説明記述設問」(「字数指定」なし、「30字ほど」の解答欄)。

「リード文」中の下線部(e)「産業の空洞化」について、「これにより国内ではどのような問題が起こったか」を説明する。「産業の空洞化」、そんなもん知っているに決まっているじゃん。「企業が人件費の安いアジア諸国など海外に工場を移転することによって、製造業が衰退していく現象」のことだ。以上、これが「答え」、ではダメだ。「『産業の空洞化』とは何か?」を問われているのではないのだ。それによって、「どのような問題が起こったか」だ。よって、たとえば、「海外に工場を移す企業が増え、国内で失業者が増えたという問題。」(30字)といった「答え」だ。「早とちりは禁物」といった典型的な問題だ。いくら「知識」が定着していても、「設問」に的確に答えていなければ「失点」すると心得よ。

                                   <時間配分目安:2分弱>

【大問3】「歴史」(「説明記述」2問あり)

  • 難度:やや難
  • 時間配分:13分
  • ★必答問題

「長い間、身近な関係であった私たちと馬とのつながりの歴史」についての「リード文」からの出題。「絵図」や「統計資料」を交えて、「5世紀から太平洋戦争まで」の多種多様な「歴史的事項」が問われている。

いかにも本校らしく、平易な問題に紛れて唐突に難問が出現する。要注意だ。

以下、いくつかの「設問」を検討する。

[d] 「下線部についての時期特定選択肢設問」(4択)。

「リード文」中の下線部(d)「朝廷の儀式や行事」について、「儀式や年中行事が、朝廷の政治の重要な部分を占めるようになった時代のことがら」を答える。はあ? そんなの知るわけがない。「儀式や年中行事」なんて、いつの時代でもやってるんじゃないの? 確かにそうだ。では、考えようがないか? 否(いな)! 類推できるはずだ。

「リード文」は「時代の流れ」に即して記述されていることがすぐに分かる。

下線部(d)の直前には「大宝律令が制定された時代」とあるので、おおよそ「奈良時代」だと判断でき、直後は「10世紀以降、各地で成長してきた武士たち」となっている。ということは、下線部(d)は「平安時代」だと特定できるはずだ。

ここで、各選択肢の「キーワード」から「時代」を判別していく。

(ア)「書院造の建築様式が広まり」⇒「書院造」といえば「銀閣」=「室町時代」。

(イ)「風土記」⇒誰もが知っている=「奈良時代」。

(ウ)「狂言」「御伽草子(おとぎぞうし)」⇒これも周知=「室町時代」。

(エ)「阿弥陀仏」「極楽浄土」⇒「浄土信仰」と結びつく=「平安時代」。

よって、「答え」は(エ)になる。

「リード文」は、下線部以外に「ヒントの山」がある。尚、「私は知らない」⇒「誰も知らない」⇒「知らなくても解ける」と心得よ。

                                   <時間配分目安:1分弱>

[h] 「下線部についての内容説明選択肢設問」(複数完全解答/3択)。

「リード文」中の下線部(h)「(戦国大名だった)武田氏は、当時最強といわれた騎馬隊を組織したことで有名」について、「織田信長が武田軍と戦った長篠の戦いの説明」として「正しいものをすべて」答える。定着必須の「長篠の戦い」だ。

各選択肢の「キーワード」で正誤判別する。

(ア)「この戦いに勝利」「織田信長の名が全国に広まった」⇒えっと、正しい? いや、ちょっと待て! 「信長の全国デビュー」は「長篠の戦い」(1575年)より前で、今川氏を破った「桶狭間の戦い」(1560年)のはずだ=「不適切」。

(イ)「オランダから輸入した鉄砲」⇒「南蛮貿易」なので「ポルトガル」「スペイン」に決まっている=「不適切」。

(ウ)「(信長軍には)徳川家康と豊臣秀吉が一緒に加わった」⇒流石(さすが)に誰もが知っているはず=「適切」。したがって、「答え」は(ウ)だけだ。

「正誤判別」では細部にわたる目配せが不可欠だ。

                                   <時間配分目安:30秒強>

[i] 「下線部についての事項記述設問」。

「リード文」中の下線部(i)「(江戸時代には)馬の軍事的な役割も減りました」について、「同様に大名たちも、軍事的なつとめ以外に新たな仕事を負担させられるようになった」が、「どのような仕事か」を答える。

やや高度な「知識」が求められている。「お手伝い普請」、定着しているか? 「諸大名に資材や人足を負担させて行わせた大規模な土木工事」のことだ。 豊臣政権でも行われたが、江戸幕府では江戸城とその城下町の建設、京都御所の造営、木曽川・長良川・揖斐(いび)川の治水工事などがあったことは知っていたい。

よって、「答え」は「城や城下町の建設」「治水工事」などとなる。平易な中に潜む難問、本校ではやはり、「深知り知識」が定着していると有利だ。

                                    <時間配分目安:30秒>

[n] 「下線部についての事項記述設問」。

「リード文」中の下線部(n)「(太平洋戦争では)農村から馬が集められ、戦地に連れて行かれて」について、「馬以外で戦争に必要とされて家庭などから回収されたもの」を答える。

テキストの隅や「コラム欄」に記載されている、いわゆる「周辺ネタ」だ。定着しているか? 「答え」は「鍋などの金属製品」だ。どれだけ丁寧にテキストを読み込んでいるかが、合否を分けると心得よ。

                                   <時間配分目安:30秒弱>

[p②] 「下線部についての条件付き理由説明記述設問」(「字数指定」なし、「40字ほど」の解答欄)。

「リード文」中の下線部(p)「(戦後になると)飼育される馬の数は急速に減りました」について示されている「グラフ」(馬の飼育頭数の移り変わり)の中の「の時期」(=「高度経済成長期」=[p①]の「答え」)に、「馬の総飼育数が減少したのはなぜか」を説明する。「条件」は「輸送・交通手段の変化以上の理由で、馬がおもに何に使われていたかを考えて説明する」こと。やたらに長い「問題文」だが、先ずは正確に理解することが大前提。その上で、「馬の総飼育数減少の理由」など誰も知るはずがない。だが、前にも述べたように考え進めることは可能だ。「輸送・交通手段の以外で、馬がおもに使われていたこと」⇒無論、「農作業」だと分かるはず(「リード文」全体からも読み取れる)。では、なぜ「高度経済成長期に馬が農作業に使われなくなったのか」⇒「工業発展に伴い、農村から都市へと人口流出」→「人手不足」→「農作業の機械化が進んだ」→「馬の需要が減少」ということだと考えられる。以上を的確にまとめていく。たとえば、「高度経済成長期に農業の機械化が進み、農作業用に使われていた馬の数が減少したから。」(40字)といった「答え」になる。「問題文」や「条件」は、最重要な「手がかり・ヒント」なのだ。

                                    <時間配分目安:2分>

【大問4】「公民」(ただし、「時事」「考察問題」が混在)

  • 難度:標準
  • 時間配分:6分

「『SDGs』の目標のひとつであるジェンダー(性)平等」という「時事ネタ」を切り口としての、「日本の政治における男女格差解消への取り組み」についての「リード文」からの出題。「ジェンダー平等」に関して、「公民」単元(「政治」分野)、「時事」単元から出題され、最後に「考察問題」が待ち構えている。難易度はさほど高くない。2つの「設問」を検証したい。

[a] 「下線部についての空所補充の事項記述設問」。「時事」単元。

「リード文」中の下線部(a)の「SDGs」とは「(       )な開発目標」のことだが、空所(       )に「入る言葉」を答える。典型的な「時事問題」だ。誰もが即、「持続可能」が「答え」だと分かって当然。尚、「時事問題」に関しては、受験前年の「ネタ」だけではなく、数年前までさかのぼって押さえておくことが肝要だ。

                                   <時間配分目安:30秒弱>

[e] 「下線部についての内容説明記述設問」(「字数指定」なし、「80字ほど」の解答欄)。「考察問題」。

「リード文」中の下線部(e)「女性も男性と同じように参加できる社会」について示されている「グラフ」(女性で仕事についている人の2018年の割合を、国ごとに年齢別に表したもの)で、「日本は、スウェーデンなどと比べ、20代後半から30代にかけて一時的に下がることが特徴」だが、「こうした特徴は日本社会のどのようなところに原因があって出てくるものなのか、あなたの考え」を説明する。

「あなたの考え」なので、確かに何を述べてもいい「考察問題」だが、示されている「M字型曲線」の「グラフ」は誰もが見たことがあるに違いない(どのテキストにも必掲)。そこで習得した「知識」に基づいて考察していけばいい。「20代後半に結婚や出産・育児で仕事をやめ、子どもに手がかからなくなる40代になって再び働くようになる」ことを示していると理解しているはずだ。では、そうなるのは日本社会のどのようなところが原因なのか? 「家事や育児は女性がすべきだという考え方が根強い」「男性は育児休暇を取りづらい」「働きたくても子どもを預けるところがない」などといったことが考えられるに違いない。あとは、「あなたの考え」としてまとめればいい。たとえば、「家事や育児は女性がすべきだという考え方が根強く、男性が育児休暇を取りづらいことや、出産後も働き続けたくても子どもを預けることが難しく仕事をやめざるを得ないところ。」(81字)といった「答え」だ。「定着している知識」に基づいて「考察」することが求められる。

                                    <時間配分目安:3分>

攻略のポイント

●例年、大半を占める「基礎的問題」を絶対に落とさないことが重要。ライバルは確実に得点してくる。したがって、失点は許されない状況だ。ただし、やはり本校らしい「難問」もあるのも事実(本年度も少数ではあるが、例外ではない)。しかも、30分で例年45前後の解答数で(本年度は40)で「説明記述」までもある。そうなると当然、「戦術」も必要だ。「できそうにもない問題」に時間を取られ「できるはずの問題」を逃してしまうということを防ぐために、瞬時に「捨て問」を判別し次の問題に立ち向かうこと。もし時間が余ったら、また戻ればいい。合格ラインは非公表だが、「受験者平均得点率」(過去13年間平均で67.7%、本年度は66.7%)から判断すると75%(45点/60点満点)はめざしたい。全体の難易度から判断して、単純なミスさえ防げば「基礎的知識」で十分対応できる範囲だ。

「統計資料」「地図」などの「読み取り問題」が毎年出題されている。解く際には、「資料」に示された「項目」「数字」といった「要素」と「自分の知識」を多角的に結びつけて考えることが必要になる。そのためにも、過去問演習を通じて(「解説」を読みながら)、どのような「要素」を組み合わせて考えていけばいいのかを繰り返し確認し、自分でも「多角的思考」ができるように練習しておきたい。

「説明記述」の攻略ポイントは、短時間で簡潔にまとめられるように練習を繰り返すことだ。そして、「社会の記述」で重要なのが、必ず「社会科用語」を使うということ。たとえ「内容」は同じだとしても、的確な「用語」を用いていなければ得点にはならない。また、「必要な要素」は絶対に外さないこと。

●尚、昨年度出題された「新たな大学入試制度」を意識した「考察論述」、本年度は未出だったが、来年度以降に向けても十分な準備が必要なことは言うまでもない。

フェリス女学院中学校の科目別
入試対策一覧

中学受験のために
家庭でできること

インタビュー=学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。