中学受験プロ家庭教師 暁星中学校の傾向と対策
中学受験専門プロ家庭教師が語る

暁星中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

暁星中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

受験の攻略ポイント

東京の男子難関校。科目ごとに難易度に差がある。比較的易しめな科目も、「易しいとはいっても男子難関進学校の中では」なので、基本事項をまんべんなく習得した上で、しっかり対策をしよう。

算数 「平面図形」「速さ」「文章題」「整数の性質」が頻出。難問以外は確実に解答することが必須。
国語 書くべき内容の類推が必要な記述問題が多い。「記述力」が合否をわけるため、「記述力」の向上が必須。
社会 出題範囲は各分野とも幅広く、まんべんない。各分野で大きな穴を作らないようにする必要あり。
理科 典型的な問題が出題されるが、量が多く時間がかかるため、まずは基礎事項をしっかり固める必要あり。

新しい傾向の出題が見られました

暁星中学校では2019年度入試より、新しい傾向の出題がみられる。2020年度大学入試改革を踏まえた出題とみられ、受験生には対策が必要だ。

・2020年度 国語 【問10】

作文記述問題
与えられたテーマについて200~300字程度で自由に書かせる問題。
一定の量の文章を破綻なくまとめられる作文力を問われている。これまでの体験から特に印象深かった出来事を思い出し、どんなことを感じたかなどまとめる練習をしてみよう。

理科の攻略ポイント

試験時間:
40分
満点:
75点

前年は大問数が5つという例外的な構成であったが、本年度は化学・地学・生物・物理に1問ずつ充てられた4問構成へと回帰した。例年化学分野は出題形式にかかわらず、他の分野よりも難度が高い印象である。

それが第1問に据えられているため、ここで時間を使い過ぎて以降の大問に十分な時間がかけられないような事態には気を付けて欲しい。さらに、全ての分野にわたり、図表や設問を理解するための精緻な読解力が必要とされる。化学分野を除けば、選択肢や空所補充の問題の多くは基礎的な知識や簡単な類推によって答えられるのだが、文章や図表の情報処理を冷静に行わないと、点数を稼ぐべき問題で失点してしまいかねない。本年度の記述問題は答えにくいものが多いため、それ以外の問題でどれだけ確実に得点できるかが合否を分けるポイントになる。特に、地学は基礎的な理解を問う問題が中心なので、しっかりと押さえておきたい分野である。

2020年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】 化学分野:水とシャボン液の性質 8分
【大問2】 生物分野:植物の生殖 やや難 10分
【大問3】 地学分野:内惑星と外惑星の観測、小問集合 やや難 11分
【大問4】 物理分野:密度と浮力 やや難 11分

社会の攻略ポイント

試験時間:
40分
満点:
75点

大問3~4つ、総解答数50~70の記号選択・用語記入の問題で資料も数多く出される。出題範囲は各分野から幅広いが、2017年度では地理分野に大きく比重が傾き、2018年度~2020年度では歴史分野のほうが問題数が多かった。


年度により、出題範囲が変わることが予想されるので、学習範囲に抜けがないように注意し、どこから出されても慌てないように準備したい。

2020年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】歴史分野 やや難 14分
【大問2】歴史分野 標準 4分
【大問3】地理分野 やや難 13分
【大問4】政治経済分野 標準 9分

国語の攻略ポイント

試験時間:
50分
満点:
100点

文学的文章の長文読解の一題だけという構成が定形となっている。漢字・記号選択が数問と残りは全て記述問題という、記述に特化した構成である。

字数指定のあるものと無いものがある。小説の読解と記述の訓練を集中して行いたい。
また、最後に出される小作文とも言える記述も本校の特色である。300~400字くらいでいろいろなことを作文してみて、まとめ方のこつをつかんでおこう。

2020年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】小説の読解 やや難 50分

算数の攻略ポイント

試験時間:
50分
満点:
100点

テストの形式はおおよそ決まった形をとっており、『大問は5、設問数は10程度』である。
出やすい分野は「平面図形」「速さ」「文章題」「整数の性質」「割合と比」など。


本年度もまたその傾向を踏襲しており、上記5分野のうち4分野が出題された。「ニュートン算」を「割合と比」の応用問題と考えると5分野全てが出題されたことになる。
ただ本年度と昨年度では問題の難易度に大きな差があり、年度によって難易度が大幅に異なるのも暁星算数の特徴である。

2020年度

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】平面図形(円とおうぎ形の面積) 標準 10分
【大問2】年齢算 標準 10分
【大問3】ニュートン算 標準 10分
【大問4】速さのグラフ 10分
【大問5】数の性質(約数) 標準 10分

暁星中学校合格者の声

リーダーズブレインのプロ家庭教師は、お子さまのレベルやご希望にあわせて指導します。プロならではのノウハウでさまざまな課題を解決して志望校合格に導いてきました。

授業の様子、理解度、課題点を、毎授業後に詳細に教えてくださるので、安心してお願いすることが出来ました。また、短期間にもかかわらず、息子の性格を理解し、同じ間違いをくり返しても、根気強く指導してくださいました。こうした事は、集団指導やアルバイト生による指導では絶対に得られない経験だったと思います。

Mさんの保護者様

プロ家庭教師が合格をサポート

中学受験で40年以上の実績をもつリーダーズブレインは、これまで多くの中学受験生を志望校に合格させています。指導にあたる教師陣はすべて指導経験7年以上の中学受験専門プロ家庭教師です

上位5.8%の
トッププロ家庭教師

プロ家庭教師

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

プロ教師対談インタビュー『中学受験生を伸ばすポイントは?』

豊富な経験から「合格までの最短距離」をプロ教師陣が語り合います。

伸びる受験生はどうしているのか?家庭でのサポートで親が気をつけるべきことは何か?勉強のサポートの仕方から親子の関係性など・・・ぜひ参考にしてください。

学校 暁星中学校
偏差値 2020予測偏差値55(四谷大塚80%)
併願校 1月入試では立教新座中、2月は渋谷教育学園渋谷中芝中桐朋中・本郷中・明大明治中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低55%はクリアしよう。出身塾別で見ると、サピックスが多く、四谷大塚・早稲田アカデミー、日能研が続いている。リーダーズブレインの生徒も同様の塾生が多い。
進学実績 東大東工大一橋大を始めとした国立大に2割、早稲田大慶應義塾大上智大に約8割、MARCHに6割が合格している。また、毎年卒業生の4割程度が上記大学の進学を目指して大学進学浪人を選択している。
その他 キリスト教(カトリック)系の男子校。高校募集をしていない完全中高一貫教育を行う。
基本情報 所在地 〒102-8133 東京都千代田区富士見1−2−5
最寄駅 東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩5分、JR・有楽町線・南北線「飯田橋」より徒歩8分
連絡先 ℡:03-3262-3291
沿革 明治21年開校。
暁星中学校

暁星中学校 をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

お電話でのお問い合わせ

0120-11-3967
受付:9:30~21:30(定休:日曜・祝日)
TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。