中学受験専門プロ家庭教師が語る

暁星中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

暁星中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

受験の攻略ポイント

東京の男子難関校。科目ごとに難易度に差がある。比較的易しめな科目も、「易しいとはいっても男子難関進学校の中では」なので、基本事項をまんべんなく習得した上で、しっかり対策をしよう。

算数 「平面図形」「速さ」「文章題」「整数の性質」が頻出。難問以外は確実に解答することが必須。
国語 書くべき内容の類推が必要な記述問題が多い。「記述力」が合否をわけるため、「記述力」の向上が必須。
社会 出題範囲は各分野とも幅広く、まんべんない。各分野で大きな穴を作らないようにする必要あり。
理科 典型的な問題が出題されるが、量が多く時間がかかるため、まずは基礎事項をしっかり固める必要あり。

2020年度大学入試を意識した出題

新しい傾向の出題が見られました

暁星中学校では2019年度入試より、新しい傾向の出題がみられる。2020年度大学入試改革を踏まえた出題とみられ、受験生には対策が必要だ。

・2019年度 国語 【問11】

作文記述問題
与えられたテーマについて200~300字程度で自由に書かせる問題。
一定の量の文章を破綻なくまとめられる作文力を問われている。
いろいろなテーマで文を作ってみて、人に読んでもらい添削してみるとよい。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間: 50分
  • 満点: 100点

テストの形式はおおよそ決まった形をとっており、『大問は5、設問数は10程度』である。
出やすい分野は「平面図形」「速さ」「文章題」「整数の性質」「割合と比」など。
本年度は、昨年度に引き続き「速さ」の大問が2題出題され、その問題の出来不出来が合否を大きく分けたと思われる。また、テスト全体として問題の水準が高く、ここ数年の過去問だけでは対応が難しいレベルだった。
【大問1】から【大問3】を「落とせない問題」に指定したのは、どれもよく出される問題だからで、過去問対策の時点で必ずしもできていなくてはいけない、ということではない。

2019年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】平面図形(面積と比) 標準 8分
【大問2】速さ(消去算・つるかめ算) やや難 10分
【大問3】ニュートン算 やや難 10分
【大問4】速さのグラフ 10分
【大問5】数の性質(約数) やや難 12分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間: 50分
  • 満点: 100点

文学的文章の長文読解の一題だけという構成が定形となっている。漢字・記号選択が数問と残りは全て記述問題という、記述に特化した構成である。字数指定のあるものと無いものがある。小説の読解と記述の訓練を集中して行いたい。
また、最後に出される小作文とも言える記述も本校の特色である。300~400字くらいでいろいろなことを作文してみて、まとめ方のこつをつかんでおこう。

2019年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】小説の読解 問1~問11 やや難 50分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間: 40分
  • 満点: 75点

大問3~4つ、総解答数50~70の記号選択・用語記入の問題で資料も数多く出される。出題範囲は各分野から幅広いが、2017年度では地理分野に大きく比重が傾き、2018年度・2019年度では歴史分野のほうが問題数が多かった。
年度により、出題範囲が変わることが予想されるので、学習範囲に抜けがないように注意し、どこから出されても慌てないように準備したい。

2019年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】歴史分野 18分
【大問3】地理分野 やや難 13分
【大問4】政治経済分野 標準 9分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間: 40分
  • 満点: 75点

大問数が前年までの4つから5つに増加し、大問1・2が地学に対応する。それぞれ地質分野と天体分野がテーマだが、推定配点が75点中29点と、4割近くを占めている。以降は化学・生物・物理の順に大問が1つずつ充てられているが、物理に至っては設問数が4題のみで、推定配点も12点に過ぎない。このように配点の偏向が見られるため、地学分野の出来が得点を大きく左右する。出題テーマもプレートの名称やエラトステネスによる地球の外周の測定など、受験生が対策の力点をあまり置かないような内容が扱われており、大きく差がつく可能性のあるポイントである。他の分野は記述解答形式の設問が増えたものの、難度としては例年と同程度であり、従来通り実験結果の推定や考察が得点の鍵になる。

2019年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】地学分野:プレートと地殻変動 標準 4分
【大問2】地学分野:地球の形と大きさ 標準 5分
【大問3】化学分野:水の沸騰 やや難 12分
【大問4】生物分野:ゾウリムシと被食・捕食の関係 標準 10分
【大問】物理分野:音の速さと高さ やや難 9分

プロ家庭教師が合格をサポート

中学受験指導で40年以上の実績をもつリーダーズブレインは、これまで多くの中学受験生を志望校に合格させています。指導にあたる教師陣はすべて中学受験専門のプロ家庭教師です。

上位5.8%のトッププロ家庭教師

リーダーズブレインは指導経験7年以上の現役プロ教師の中から、わずか上位5.8%のトッププロを厳選しています。
みなさまがプロ家庭教師にもとめるクオリティをお届けします。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

暁星中学校合格者の声

リーダーズブレインのプロ家庭教師は、お子さまのレベルやご希望にあわせて指導します。プロならではのノウハウでさまざまな課題を解決して志望校合格に導いてきました。

先生の知識・指導力・解説力が素晴らしく、苦手だった理科の成績が直ぐに安定するようになり、息子との信頼関係があっという間に築けたことに感謝いたしました。
また、志望校についても傾向と対策を熟知しており、短期間で無駄なく勉強でき合格に導いて下さいました。手塚先生のご指導なく合格はできなかったことを感謝しています。

K.H君の保護者様

プロ教師対談インタビュー『中学受験生を伸ばすポイントは?』

プロに聞く!教師対談インタビュー

豊富な経験から「合格までの最短距離」をプロ教師陣が語り合います。

伸びる受験生はどうしているのか?家庭でのサポートで親が気をつけるべきことは何か?勉強のサポートの仕方から親子の関係性など・・・ぜひ参考にしてください。 

学校概要

学校 暁星中学校
偏差値 2019予測偏差値56(四谷大塚80%)
併願校 1月入試では立教新座中、2月は渋谷教育学園渋谷中芝中桐朋中・本郷中・明大明治中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低55%はクリアしよう。出身塾別で見ると、サピックスが多く、四谷大塚・早稲田アカデミー、日能研が続いている。リーダーズブレインの生徒も同様の塾生が多い。
進学実績 東大東工大一橋大を始めとした国立大に2割、早稲田大慶應義塾大上智大に約8割、MARCHに6割が合格している。また、毎年卒業生の4割程度が上記大学の進学を目指して大学進学浪人を選択している。
その他 キリスト教(カトリック)系の男子校。高校募集をしていない完全中高一貫教育を行う。
基本情報 所在地 〒102-8133 東京都千代田区富士見1−2−5
最寄駅 東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩5分、JR・有楽町線・南北線「飯田橋」より徒歩8分
連絡先 ℡:03-3262-3291
沿革 明治21年開校。
  • 暁星中学校

  • 暁星中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ