中学受験プロ家庭教師 弱点克服・志望校入試傾向対策
中学受験専門プロ家庭教師が語る

鷗友学園女子中学校 入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2019年度「鷗友学園女子中学校の算数」
攻略のための学習方法

全体的な学習法

本校の入試問題は、傾向があまり変わらない。

標準的で素直な問題が中心で、努力が報われやすいようになっている。本校受験者にとって、易しすぎる問題や難しすぎる問題が少なく、得点差がつきやすい問題が多いともいえる。

したがって、苦手な分野をなくすことが重要である。基本事項に穴があると、出題された場合に、はっきり差になって表れやすい。いたずらに難しい問題まで練習する必要はないが、標準的な問題を素早く正確に解けるようにしておくことが重要となる。

ただし、近年は受験生のレベル上昇の影響もあり、やや難しい問題も出題されるので、そのような問題にも積極的に触れておきたいところ。

終盤の大問で得点するためには

終盤の大問では、やや難しい問題も出題される。終盤の大問は、いくつかの小問に分かれていることが多く、最初の小問は易しいことも少なからずある。この1問の差が合否に大きな影響を与えることがあるので、しっかり得点することが重要である。そのためには本校の過去問に限らず、普段の模試でも(1)だけでも解くという強い意志をもって臨まなければならない。

相似について

本校では、相似に関する問題が毎年のように出題されるので、十分な演習が必要となる。過去に出題された問題を見ると、似た傾向の問題が多いので過去問での演習が非常に効果的である。途中の計算が複雑な数字になることもよくあるので、そのことも頭の隅にいれておくとよい。

速さやグラフに関する問題について

本校では、速さやグラフに関する問題が頻出である。この分野に関しては、やや難しめの問題も比較的多く見られ、それぞれの状況を整理して考える力が問われる。算数で差をつけたい受験生は、この分野を特に強化しておきたい。また、苦手な受験生も、小設問1つでも正解できるように努力する必要がある。

割合・比に関する文章題

序盤~中盤に出題されることが多い。序盤~中盤に出題された場合、割合・比の基本的な扱い方がしっかりできていれば対応しやすい。このタイプでの失点は大きなダメージにつながりかねないので、苦手な人はしっかり訓練を積んでおかなければならない。

解答形式は全て記述式

解答形式は、すべて式や考え方を記述する形式である。部分点も設定されているので、採点者に伝わるような書き方をする必要がある。考え方を書くスペースは十分確保されているので、解答スペースの広さを心配する必要はないと思われる。

本校の受験生は、日頃から途中式をしっかり書く練習を怠らないことが重要である。

ただし、式や考え方を書きすぎると時間が足りなくなるので、必要以上に書きすぎないようにすることも練習ある。特に図形の問題で途中式を細かく書くと、大幅に時間がかかるので注意が必要である。

本校の場合、学校のホームページにて入試実物とほぼ同じものがダウンロードできるので、それらを利用して練習するとよい。なお、実物の入試問題はB5サイズの冊子になっていて、その冊子に考え方と解答を両方書き込む形式になっている。

2019年度「鷗友学園女子中学校の算数」の
攻略ポイント

特徴と時間配分

過去2年に比べると、問題の質的にも量的にも易化している。このため、平均点がかなり上昇する結果となった。したがって、つまらないミスは大きな影響を与えることになる。

次年度は、試験時間が50分から45分に短縮される。今年度の問題を過去問として活用するのなら、あえて45分で取り組んでもよいだろう。

※試験時間が余る設定になっています。見直しなどに使おう。

【大問1】計算問題

  • 難度:
  • 時間配分:4分

計算問題が2問。やや手間がかかるが確実に正解すべき問題である。

【大問2】数の性質

  • 難度:標準
  • 時間配分:4分
  • ★必答問題

りんごとみかんを配る問題。問題文はやや長いが、分かることを1つずつ求めていけば、それほど難しい問題ではない。

【大問3】場合の数

  • 難度:標準
  • 時間配分:7分

1000から2020までの整数のうち、条件を満たす整数の個数を求める問題。今年度の問題の中ではかなり厄介な問題といえるだろう。勘違いが起こりやすく、時間もかかりやすい問題なので取り組み方にも注意したい。

(1)では、各位の数字がすべて異なる整数の個数を求める。1000~1999と2000~2020に分けて考えるとよい。1000~1999については計算で求めることができる。2000~2020は調べてみればよい。

(2)では、2種類の数字を使ってできる整数の個数を求める。こちらの問題も1000~1999と2000~2020に分けて考えるとよい。

【大問4】平面図形

  • 難度:標準
  • 時間配分:7分

本校では定番の平面図形と比に関する問題。例年の平面図形よりは、やや取り組みやすいだろう。

(1)は、本校の過去問と類題演習を十分に練習していれば、難なく解けるはず。

(2)は様々な解法が考えられる。三角形CAEの面積から三角形CIHの面積を引く方針で解くと、(1)を活用しやすい。

【大問5】立体図形

  • 難度:標準
  • 時間配分:6分

円すいを動かしてできる立体についての問題で、(1)では体積、(2)では表面積が問われる。

まずは、できる立体を自分で書くことから始まる。ミスを防ぐためにも、ある程度見やすい図を書くようにしたい。

【大問6】ニュートン算

  • 難度:標準
  • 時間配分:4分
  • ★必答問題

典型的なニュートン算の問題である。定石通りに解けばよいだけなので、それほど悩まずに解くことができる。あまり時間をかけずに正解したいところ。

【大問7】速さ

  • 難度:標準
  • 時間配分:7分
  • ★必答問題

CさんがBさんよりも先に目的地に着くための条件を考える問題で、つるかめ算を利用することになる。本校の最終問題にしては難しくない。

攻略のポイント

全体的には例年より取り組みやすい問題になっているが、【大問3には注意したい。正答を求めにくく、じっくり取り組むと時間をかなり使ってしまう可能性がある。【大問3はまだ前半の問題であるということを考えると、ひとまず後回しにすることも検討したいところ。

終盤の問題は、例年より明らかに易しいので、しっかり得点を狙う必要がある。最後まで解いてみると、時間が余った受験生が多かったのではないだろうか。【大問1】はもう一度見直しておきたい。【大問3】をじっくり解く(あるいは見直す)か、他の問題の確認をするかは、算数が得意か不得意か、そして他の問題に自信があるかどうかによって判断すればよいだろう。

鷗友学園女子中学校の科目別
入試対策一覧

中学受験のために
家庭でできること

インタビュー=学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。