中学受験専門プロ家庭教師が語る

武蔵中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

武蔵中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

武蔵中受験の攻略ポイント

男子御三家。どの科目も、問われていることに対して的確に記述して解答できる「表現力」が求められる。そのためには、単なる知識の詰め込みではなく、何故そうなるのかを説明出来るレベルの深い理解を伴う知識が必須。

算数 分野を問わずしっかり学習する。その際、考え方や途中式をきちんと書く習慣を身につけておく必要あり。
国語 「字数指定のない記述問題」は、出題者が求めることを正確に把握して、端的にまとめる練習が必須。
社会 基礎を定着させた上で、設問に応じて分かりやすく説明するという当然のことを、徹底的に練習する必要あり。
理科 結論の暗記のみの学習では歯が立たない。なぜその結論になるのかを考える授業、考える姿勢が求められる。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

本校では、出題分野にかなり偏りが見られる。よく出題される分野は、和差に関する問題、割合、速さ、平面図形、数の性質、場合の数である。出題分野や傾向には、出題者の強いこだわりを感じるので、今後もこれまでと同様の傾向が続くものと思われる。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】小問2題 2分
【大問2】食塩水 やや難 18分
【大問3】速さ やや難 16分
【大問4】場合の数 標準 10分

算数の学習法・攻略法をもっと見る

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

5000字~7000字程度の長文を読み、字数指定のない記述問題に取り組む作業が、武蔵中の国語の場合、欠かせない。記述は、単に長くだらだらと書いてしまうのではなく、設問で問われていることに対して、的確に解答できるようにしたい。そのためにも、様々な内容の記述問題に対応できる力を身につけておきたい。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
[大問1]物語文

国語の学習法・攻略法をもっと見る

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:60点

例年、大問1題の完全な「単元融合型総合問題」。「地理」「歴史」「公民」「時事」の全単元から出題される(ただし、2016年度は「地理」からの出題はなし。例外的か?)。近年の単元別の出題比率は、「歴史」「地理」「公民」「時事」の順(本年度は「公民」だけで「配点」の約半分、「歴史」が若干少なく「時事」はわずか)。全解答数は10前後(本年度は12)。「単一テーマについてのリード文」に関する、様々な「地図」「地形図」「統計資料」「歴史史料」「写真」など(本年度は「史料」と「統計資料」のみ)からの各単元に応じた「小問」が並ぶ。解答形式は、「選択肢」(本年度はなし)「事項記述」、「説明記述」(例年5問程度だったが、本年度は8問)。最大の特徴は「字数指定なし」(20~200字強の解答欄)の「説明記述問題」。「思考」を要する完璧な「記述力」が問われており、その対策が合否を左右する。60点満点。試験時間は40分。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
[問5] 「リード文に関しての理由説明記述」(字数指定なし。40字程度の解答欄)。
[問6] 「資料についての条件付き特徴説明記述」(字数指定なし。120字程度の解答欄)。
[問7(う)] 「統計資料についての理由説明記述」(字数指定なし。30字程度の解答欄)。
[問7(え)] 「統計資料についての理由説明記述」(字数指定なし。30字程度の解答欄)。
[問8(い)] 「統計資料についての条件付き内容説明記述」(字数指定なし。200字程度の解答欄)。

社会の学習法・攻略法をもっと見る

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:60点

武蔵中学の場合、押さえておきたいのは、分野というよりはこの学校の過去問演習。それこそが入試問題克服の第一歩となる。
まず科目の基本的知識の定着、そして問題演習を経て、十分な基礎力を身につけてから武蔵の問題にあたりたい。おのずとこの学校が要求するもの、それは知識の羅列ではなくて考察する力ということに触れられるだろう。ただあまり難しく考えなくてもよい。普段の学習の中で、自分の考えや思いつくことを書き並べていければそれで充分である。したがって、この学校の問題に合う合わないが存在するのは確かだ。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】物理(てこの問題) やや難 10分
【大問2】生物(クモの網のかけ方) やや難 15分
【大問3】天体(「星座早見」を使って) 標準 15分

理科の学習法・攻略法をもっと見る

武蔵中学校合格者の声

最初、我が家のインターホンで姿を拝見した時、「この人にお願いしたい」と思いました。その印象は正しかったです。

S.O君の保護者様

S.O君の合格体験記をもっと見る

武蔵中への受験を控えている保護者様へ

武蔵中学校の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な中学受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な武蔵中に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

学校概要

学校 武蔵中学校
偏差値 2016予測偏差値64(四谷大塚80%)・56(サピックス80%)
併願校 1月入試では市川中立教新座中栄東中、2月は渋谷教育学園渋谷中・世田谷学園中・城北中海城中芝中暁星中・本郷中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低60%はクリアしよう。出身塾別で見ると、早稲田アカデミーが多く、四谷大塚・日能研・サピックスが続いている。
進学実績 東大・東工大・一橋大を始めとした国立大に4割、早稲田大・慶應義塾大・上智大に3割、MARCHに1割が進学している。また、毎年卒業生の6割程度が上記大学の進学を目指して大学進学浪人を選択している。
その他 高校での募集を行わない完全中高一貫校。制服がなく校則での禁止事項もほとんどない。教科書にとらわれないハイレベルな授業で「自ら調べ考える」教育を実践し人気を集めている。
基本情報 所在地 〒176-8535 東京都練馬区豊玉上1-26-1
最寄駅 西武池袋線「江古田駅」徒歩7分・西武有楽町線「新桜台駅」徒歩7分・都営大江戸線「新江古田駅」徒歩7分
連絡先 ℡:03-5984-3741
沿革 大正11年創立。
  • 武蔵中学校

  • 武蔵中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
レイカビル7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ