中学受験プロ家庭教師 弱点克服・志望校入試傾向対策
中学受験専門プロ家庭教師が語る

浦和明の星女子中学校 入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2014年度「浦和明の星女子中学校の国語」
攻略のための学習方法

[分析]
浦和明の星中では「文学的文章(物語文・物語風の随筆文)」と「説明的文章(説明文・論説文・説明的な随筆文)」という形が多いが、年度により、韻文も出題されている。文章ジャンルは、多彩である。
漢字・語句問題は、読解問題の中で出題され、その数は減少傾向にあるように見える。
そして、設問構成は、記述、書き抜き、選択式と、バランスがとれている。形としては、オーソドックスな入試問題である。
設問の中では、選択式問題の数が最も多い。そして、各選択肢はボリュームがある。
長い文章を読み終えた後、長い選択肢に取り組むのは、非常にたいへんなことである。
過去問演習等を通して、どのような選択式問題が出題されていたのか、必ずおさえておきたい。
合格者平均点を見ると、近年は、数値が60点を下回ることがない。(かつては、合格者平均点が50点台のこともあった) かなり高得点勝負になっている。
ただし、受験者全体の平均点も高いことから、出題内容自体が、得点しやすいものになっていることがわかる。
得点しやすい出題内容で、より高得点を取って勝負を決める。近年の浦和明の星中の入試は、そのような状況になっている。

[記述]
記述は、100字程度の文字数を必要とすると考えられるものも出題される(字数指定なし)。
ただし、出題数は数題程度であり、多くない。
また、設問内に「・・・の理由も含めて」「・・・の違いを明らかにして」など、書くべき内容の明示があることも多い。
手ごわいことはない。恐れずに取り組んでほしい。

[速読]
素材文の長さは、10、000字を超えることもある。首都圏の中学入試では、トップクラスだ。
これに加えて、選択肢の文字数も多い。限られた時間の中で、可能な限り、文章を早く読めるようにしておきたい。
速読は、必須である。速読する力を養っておきたい。

[韻文対策]
韻文の出題があることもおさえておきたい。
出題頻度は高くないが、韻文と解説文を組み合わせた形のものが出題されることがある。
同じような形式の問題に取り組み、韻文対策を忘れないようにしたい。

[知識]
漢字・語句問題は、出題数は多くはないが、小学校の未習部分からも出題される。
出題範囲は、漢字の書き取り、四字熟語、慣用句、漢字の知識(画数・部首)など、多彩である。
かつては、文学史が問われたこともある。
幅広い分野を、学習しておきたい。

[過去問演習]
過去問演習に入る際には、以下の点に留意したい。
・50分という制限時間を意識して、すばやく解き進める癖をつける。(すべて解き終える!)
・初めに問題用紙・解答用紙の全体を把握して、時間配分など、取り組むための作戦を立てる。
・すばやく読み進める力をつける。速読は必須である。
・選択肢にも、文字数が多いものが目立つ。ただし、はっきりと正解だと分かる選択肢、あるいは、はっきりと誤答だとわかる選択肢もある。解決したら、すぐに次の設問に進む。ゆっくりする時間はない。
・難しすぎる記述は出題されない。書く内容をイメージして、一気に書き上げる。
・解き終えた答案は、必ず、中学受験専門の国語の先生に確認してもらう。先生に添削指導をしてもらい、専門家としてのアドバイスをもらう。

2014年度「浦和明の星女子中学校の国語」の
攻略ポイント

特徴と時間配分

説明文の読解問題と物語文の読解問題という、大問二題構成である。
設問形式は、選択式・書き抜き・記述式とバランスがとれている。ただし、読解問題の総字数は、10、000字を超える長さである。
選択式問題も、かなりボリュームがある。
また、【大問二】の問8のように、字数指定がないが、結果的にそれなりの字数が必要な記述問題もある。時間に注意して取り組みたい。

【大問一】読解問題(説明文)

  • 時間配分:25分

【問1】漢字の書き取り。基本から標準レベル。確実に得点したい。<時間配分目安1分>
【問2】言葉の意味。選択式。すべて、文脈をおさえることで、解答できる。<時間配分目安2分>
【問3】内容理解。書き抜き。書き抜き箇所が見つけにくい可能性がある。<時間配分目安3分>
【問4】表現理解。選択式。基本的な設問。状況をイメージすることで、解決する。<時間配分目安2分>
【問5】表現理解。選択式。「殺風景」という言葉に着目する。<時間配分目安1分>
【問6(1)】表現理解。書き抜き。設問の「全部含んだ」という表現を見逃さない。<時間配分目安2分>
【問6(2)】対比関係。書き抜き。難しくはない。ただし、すぐに見つからない場合、飛ばす方がよい。<時間配分目安2分>
【問7】内容理解。書き抜き。「動く」という点に着目して、Aの解答を見つける。Aが見つかれば、Bはすぐに見つかる。<時間配分目安3分>【問8】脱文挿入。選択式。比較的、取り組みやすい設問。<時間配分目安1分>
【問9】細部表現。選択式。基本レベル。確実に得点したい。<時間配分目安1分>
【問10】文章構成。選択式。選択肢を細かく分析することが必要。決して、難しくない。<時間配分目安2分>

【大問二】読解問題(物語文)

  • 時間配分:25分

【問1】漢字の読み書き。基本レベル。確実に得点したい。<時間配分目安1分>
【問2】表現理解。選択式。牛の優しい目とのつながりに着目する。<時間配分目安1分>
【問3】心情理解。選択式。傍線部②直前の「照れたみたいな笑顔」が手がかり。<時間配分目安2分>
【問4】心情理解。選択式。似たような形の選択肢が並ぶ。見分け方に注意。<時間配分目安2分>
【問5】慣用表現。選択式。空欄直前の「寂しい」「悲しい」に関係する言葉をあてはめる。<時間配分目安1分>
【問6】表現理解。選択式。「二言三言」の会話。話題は家畜。そういった状況から考える。<時間配分目安2分>
【問7A】場面理解。書き抜き。傍線部⑤直後に解答を見つけることができる。<時間配分目安1分>
【問7B】場面理解。書き抜き。設問の文の「異性を意識し出す中学生」が手がかり。そこから、文章中のどの辺りを探せばよいかがわかる。<時間配分目安2分>
【問7C】場面理解。短答式。傍線部⑤以降の「心が和む」が手がかり。<時間配分目安1分>
【問8】心情理解。記述式。記述のポイントは3つ以上。「ときめき/安心」→「恥ずかしさ」という気持ちの変化と、「知られてしまった」という理由を欠かさずに記述したい。<時間配分目安3分>
【問9】性格理解。書き抜き。基本レベル。確実に得点したい。<時間配分目安1分>
【問10】場面理解。選択式。傍線部⑧以降の内容をおさえていく。選択肢のキズもしっかりおさえるとよい。<時間配分目安1分>
【問11】心情理解。選択式。選択肢に書かれた情報をていねいに分析して欲しい。<時間配分目安1分>
【問12】心情理解。選択式。選択肢の言葉を読み比べることで、解きやすくなる。<時間配分目安2分>
【問13】心情理解。選択式。ここも、選択肢の言葉を読み比べることで、解きやすくなる。<時間配分目安2分>
【問14】心情理解。書き抜き。指定部分の中の、「奈央さん」に関する箇所から、解答を見つける。<時間配分目安2分>
【問15】表現理解。選択式。誤っている部分は見つけやすい。<時間配分目安1分>

攻略のポイント

合格者平均点が73.5点と非常に高い。
国語で合格ライン以上をねらうためには、漢字・語句部分をすべて正解して、大問ごとの読解問題の誤答を、三つ以内におさめること。

素材文の総字数が10、000字以上と非常に長い。
ただし、文章を読む時間は20~30分以内におさめて、残りの20~30分を解く時間にあてたい。
※上記の時間配分目安は、読解と設問を切り離して解く時間をまとめたものであるため、合計で30分を上回ります。

選択式問題は、相当ボリューム(字数)がある。ただし、キズ部分、正解の根拠になる部分などが見分けやすいものも目立つ。
それぞれの設問で、正解が分かったらすぐに次の設問に移ること。スピードを意識して取り組んでほしい。

記述問題は、書きにくいものではない。書く内容をイメージして、一気に書き進めたい。

浦和明の星女子中学校の科目別
入試対策一覧

中学受験のために
家庭でできること

インタビュー=学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸び

TOP

創業以来、
最高峰のプロ教師陣を輩出

TRADITION
SINCE 1985

1985年法人設立以来、プロ家庭教師のクオリティーにこだわり続け、現役プロ教師の中でもトッププロと呼ばれる真の実力を兼ね備えた合格実績豊富な家庭教師のプロだけをご紹介しています。
特に中学受験·大学受験·医学部受験専門のプロ教師のクオリティーに自信があります。