中学受験専門プロ家庭教師が語る

昭和学院秀英中学校 算数入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2019年度「昭和学院秀英中学校の算数」攻略のための学習方法

学習方法

本校の入試問題は、年度によって難易度に差が見られる。難易度に差が見られるが、合格者平均点を見ると、標準的な問題を正解していけば合格するのに十分な得点になることがわかる。まずは、各分野とも典型的な問題に対応できるようにすることが重要である。

典型的な問題とは、各塾の模試の前半にあるような問題のことである。単元ごとの学習だけでなく、模試の解き直しをしてみることも有効な学習法になるだろう。

場合の数の対策

苦手な人が比較的多い分野であるが、よく出題されている。しかし、場合の数に関しては、難易度がそれほど高くない傾向がある。基本的な考え方をしっかり理解していれば対応できる問題が多い。それだけに、この分野を苦手なままにしておくと差がついてしまう可能性が高い。

この分野は、正解・不正解ばかりに注目していると、なかなか実力がつかない。考え方をしっかり理解したうえで、典型的な問題の考え方を他人に説明できるようにしておくとよいだろう。また、様々な解法で考えてみることも、非常に有効な学習法となる。

平面図形の対策

平面図形の問題は数が多く、様々なタイプの問題が出題されている。また難易度も幅広い。
やはり、標準的な問題をきちんと解けるように演習しておくことが大切である。多くの問題に取り組み、図形の問題に慣れておくのがよいだろう。

やや難しい問題の中には、類題の経験がないと考えにくいタイプが見られる。余力があれば、他の上位校(女子校・共学校の方がお勧め)の平面図形の問題をピックアップして演習してみるのもよいだろう。

立体図形の対策

立体図形も平面図形と同様に数多く出題されている。一部ではあるが、かなり取り組みにくい問題も見られる。立体図形の難問対策は負担が大きいので、とりあえずは典型的な問題演習を中心にすればよいだろう。これで、本校の立体図形のほとんどの問題に対応できるはずである。ハイレベルな演習は余力がある場合のみでよいだろう。

記述式問題の対策

本校では、記述式問題(途中式などを書く)も出題されている。これらの問題は、(途中式を書かずに)答えを書くだけでもよいのであるが、部分点をもらえる可能性を残すためにも、途中式は書くようにしたい。解答欄のスペースは十分にあるので、考え方が採点者に伝わりやすいように書くことが重要である。普段の学習から、途中式をきちんと書いて練習しておくとよい。途中式の書き方などについては、専門の人にきちんと見てもらい、適切なアドバイスをもらうとよいだろう。

2019年度「昭和学院秀英中学校の算数」特徴と時間配分と攻略ポイント

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算と小問集合 標準 23分
【大問2】立体図形 標準 10分
【大問3】場合の数 標準 5分
【大問4】平面図形 標準 9分

特徴と時間配分

基本~標準レベルの問題がほとんどなので、各分野の土台をしっかり固めておけば高得点が狙える。問題数はやや多そうに思えるかもしれないが、実際に解いてみると、慌てなくても間に合うだろう。
ただし、解きにくく感じた問題に時間をかけすぎないように注意する必要はある。

【大問1】計算と小問集合

(1)(2)は計算問題。ミスなく正解する必要がある。

(3)は割合の問題。基本的な問題である。

(4)は集合の問題。この問題も基本的な問題。

(5)は食塩水の問題。様々な解法が考えられるが、溶けている食塩の量に注目して考えると比較的楽に解くことができる。食塩の量に注目すると、つるかめ算を利用することになる。

(6)は通過算。トンネルの長さの差と通過時間の差に注目すればよい。

(7)は条件整理の問題。条件を満たすような4つの整数を求めればよい。

(8)は数の性質の問題。定石通りの解法で解くことができる。空欄ケは、空欄クの結果も利用して求めるとよい。

(9)は平面図形の問題で、角度と面積が問われている。どちらも難しくない。

【大問2】立体図形

立方体を切断する問題である。

(1)は易しい。

(2)も立体の切断の演習を十分に行った受験生にとっては、難しくないはず。体積も考え方によっては、すぐに求められる。

(3)は切断面がどのようになるのか分かりにくい設定になっている。発想の転換も必要かもしれない。

【大問3】場合の数

いくつかのマスに2つの〇を書き入れるとき、書き入れる方法が何通りあるかを考える問題。

(1)①②ともに易しい問題である。

(2)(1)と同様の方法で解くことができる。答えの数字が大きくなる問題で、計算で求める必要があるが、(1)が手がかりにもなっているので、難なく解くことができる。

【大問4】平面図形

図形が移動したときの、通った部分の面積を求める問題。

(1)は円盤が直線上を動いた場合について考える。基本的な問題である。

(2)では、(1)と同じ大きさの輪(円周のみで内部を含まない)の場合について考える。

は通った部分の図形を図示する問題。輪を右半分と左半分に分けて、それぞれがどの部分を通るのかを考えると、解きやすい。
は通った部分の面積を求める問題。の図を正しく書くことができれば難しくない。典型的な平面図形の問題である。

攻略のポイント

【大問1】が小問集合で、【大問2】【大問4】が大問形式の問題になっている。一般的に小問集合の方が解きやすいイメージがあるが、今年度の問題では、小問集合と大問の難易度にあまり差がない。小問集合で得点を稼ぐよりは、各大問から得点を積み重ねていくと考えた方がよいだろう。
【大問1】は基本~標準レベルの問題が中心だが、一部解きにくく感じる問題もあるかもしれない。解きにくく感じた問題は一旦後回しにして、まずは最後の問題まで目を通すことを優先したいところ。
【大問2】【大問4】に注目すると、【大問2】(3)が最も難しい。比較的解きやすい【大問3】【大問4】はしっかり得点しておかないと、苦しい結果になってしまう。

昭和学院秀英中学校トップページはこちら

中学受験のために家庭でできること

インタビュー =学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ