中学受験専門プロ家庭教師が語る

早稲田実業学校中等部 国語入試対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

2019年度「早稲田実業学校中等部の国語」攻略のための学習方法

知識

「早実の国語」では、「漢字の読み書き」はもちろん、様々な「総合的知識問題」が出題されている。さあどうするか?当然、一朝一夕には身につかないので、地道な努力が必要となる。

先ず「語彙力」。日々の積み重ねあるのみ。塾での「小テスト」等を確実にこなし、もし間違ったものがあれば、必ず書き出して覚える。「漢字の読み書き」だけではなく、「同音異義語」「同訓異字」「類義語」「対義語」、また、「四字熟語」「ことわざ」「慣用句」「故事成語」や「敬語」「分かりづらい言葉の意味」等も押さえておきたい。

また、過去問や演習問題を実施する際、問題文中の語彙で「読み・書き・意味」のいずれかがあいまいなものがあったら、書き出して自分なりの「語彙ノート」を作成しておくといい。そこには自分が分からない言葉が蓄積されていくので、折に触れ確認し定着させていく。入試当日に持っていけば、「お守り」にもなる。

これらの「語彙」は様々な形式で出題されるし、「記述」の際にも重要だ。指定字数の中でいかに的確な「言葉」を用いるかが勝負となるからだ。最終段階では、問題集等で何度も確認しておくこと。

そして、「文法」。塾でも学習しているはずだが、定着していない受験生が多い。直接出題されることもあるし、「記述」にも不可欠だ。日本語として「文法」的に「正しい文」でなければ減点されるし、そもそも内容が正確に伝わらない。特に、「文節の相互関係」や「付属語」(「助詞」「助動詞」)の用法を確実に定着させておくことが重要だ。

なお、「語彙力」「文法力」強化用テキストとしては、「言葉力1200」「言葉力ドリル」(共に学研)「でる順過去問 ことわざ・語句・文法」(旺文社)等がオススメ。

速読

大学入試にも匹敵する分量の問題文を読まなくてはならない。全体で7000~8000字程度。解答時間は60分。当然、「速読」が求められる。しかし、設問を解くために読むのだから通常の「速読術」を使うわけにはいかない。やはり文章に応じての「速読」のコツを習得しなくてはならない。

「論説文」(説明文)であれば「Nの法則」。意味段落の「序論」「結論」は「論旨」が述べられているのでしっかりと読み、「本論」は「段落相互関係」に注目しながら各「形式段落」の「最初」と「最後」を中心に読み進める。

「小説」は「場面分け」をしながら新たな「登場人物」をチェックしつつ、「心情表現」を拾いながら素早く読んでいく。こうした手法によって、早実定番の「抜き出し設問」にも的確に対処できる。これらのコツは塾でも教えてくれるはずだ。教えてくれなければ、自分から聞いてみるといった積極性もほしい。

その上でとにかくできる限り数多くの過去問の文章を読むことだ。早実に限らず、他の学校の入試問題も読んでおきたい。練習あるのみ。そして、最終的には分速650字以上(できれば700字近く)で「速読」できるようにしたい。

解法

前述したよう、早実おなじみの「抜き出し設問」や「紛らわしい選択肢設問」に勝利するための基本は、「解法」をいかにうまく使うかということだ。「解き方」が安定しなければ、「得点力」はアップしない。「論説文」(説明文)と「小説」「随筆」、それぞれに応じた独自の「解法」。そして、全てに共通する「解法」。それらを体系的に理解して定着させ、応用できるようにしなくてはならない。

たとえば、塾での練習問題。答え合わせをして「解説」を聞いて納得した。以上終了ではダメ。必ず「考え方」の道筋をなぞっておくことが重要。特に、間違った問題は宝の山だ。「解き方の過程」のどこで誤ってしまったのか? その分かれ道をしっかりと確認して頭に刻み込んでおくことが、同じ間違いを繰り返さない秘訣だ。さらに、いくつもの練習問題を通じて同種の設問に共通する「解き方の過程」を身につけたい。それが「解法」となる。

そうして理解、習得したものを書きとめた自分なりの「解法ノート」を作成しておく。解き方に迷ったらそのノートを確認して、確実に応用できるようにしておくこと。繰り返すことで、やがて自然と「解法」を用いて解くようになるはずだ。

意識

いついかなるときでも、常に何かを「意識」しながら学習することが重要だ。なんとなく机に向っていても無駄なだけ。その時々、何を目的として学習しているのか、具体的に「意識」し続けていることが必要。

そうして何かを「意識」することができるようになったら、次は同時にいくつかのことを「意識」するようにして学習したい。「設問」を正しく理解しているか? 「条件」に合致しているか? 「必要な要素」を満たしているか? つまらないミスはないか? といったようなことを、問題を考え、解き、解答欄に答えを書き入れるいくつもの段階で常に「意識」している必要がある。

60分という時間で解き進めていかなくてはならない早実では、ひとつのミスが致命的になる。入試本番では、見直しの時間はないと思った方がいい。常に「意識」しているということは、何度も「見直し」をしていることになるのだ。

2019年度「早稲田実業学校中等部の国語」特徴と時間配分と攻略ポイント

分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】「小説の読解」(「説明記述」1問あり) 26分
【大問二】「論説文の読解」(「説明記述」3問あり) やや難 29分
【大問三】「総合的知識問題」(「漢字の読み書き」と「多義語の記述」) 5分

特徴と時間配分

大問は「小説」、出典はこまつあやこ「リマ・トゥジュ・リマ・トゥジュ・トゥジュ」(文字数約4300字)
小問は全10問(解答数13)。「選択肢」(「空所補充」、「内容合致」あり)、「抜き出し」(1問)、「説明記述」(1問。「字数指定」なし)、「総合的知識問題」(「文法」「語句」「慣用句」)。問題文は6分弱で読み、設問を20分ほどで解きたい。

大問は「論説文」、出典は松村圭一郎「うしろめたさの人類学」(文字数約1900字)。
小問は全5問(解答数7)。「選択肢」(「空所補充」あり)、「説明記述」(3問。「40字以内指定」2問と「80字以内指定」1問)、「総合的知識問題」(語句の意味)。問題文は2分半程度で読み切り、設問を26~27分で解きたい。

大問は「総合的知識問題」(「漢字の読み書き」7問と「多義語の記述」3問)。
5分ほどで丁寧に終えたい。

【大問一】「小説の読解」(「説明記述」1問あり)

中2の時にマレーシアからの帰国子女になった「沙弥」(さや)は、日本の学校に順応しようと四苦八苦。ある日、延滞本の督促をしてまわる3年生の「督促女王」こと「佐藤先輩」に呼び出され、「今からギンコウについてきて」と言われ、まさか銀行強盗?と驚くが、それは「吟行」(短歌を詠みに出かけること)のことだった――。

マレーシア語のリズムがまるでオノマトペのような響きで面白く、軽妙なタッチで描かれた学園物語。ちなみに、本作品は本校以外でも多数の学校で出題されている「2019年度中学入試最多出題作品」。

本文では、出席番号が「31番」だったという理由だけで、「佐藤先輩」の「吟行」のパートナーに指名された「沙弥」が、編入した中学で周りから浮きたくないと思うあまり「佐藤先輩」を傷つけてしまう様子が描かれている。

内容は難なく理解できるはずだ。本校の求める「レベル」がよく分かる多彩な小問が並んでいる。
以下、いくつかを検討する。

[問1] 「被修飾語判別の選択肢」(5択)

「総合的知識問題」。「文法」だ。傍線部(1)の「とっさに」は「どこにかかるか」を答える。
要は、副詞である「とっさに」が修飾している言葉を判別するわけだ。
傍線部を含む一文は「わたしはとっさに目をそらして、わかめごはんを一気にかき込む。」となっている。途中に「読点」があるのだから当然、「とっさに」→「そらして」とかかっていることが分かるはずだ。
したがって、「答え」は選択肢(イ)「そらして」。本問は平易だったが、本校ではやはり「文法」を完全に理解し、習得しておくことが肝要だ。

<時間配分目安:1分弱>

[問3] 「空所補充の漢字記述」(「漢字1字」指定)

「総合的知識問題」。「慣用句」だ。傍線部(3)「□がいい」の□に入る「漢字一字」を答える。
ここは「文脈」を確認しないと特定不可能だ。「同一場面」から読み解いていく(「小説」では「同一場面の直前直後」に「手がかり・ヒント」がある)。
直前から、「『佐藤先輩』と仲よくしていることを周りに知られるのが嫌だった『沙弥』」なのに、「二人でいるときは仲よくしたいなんて」思っている「沙弥」が、自分自身について「□がいい」と感じていることが読み取れる。であれば、「自分の都合ばかり考えて他を顧みない。身勝手だ」を表す「虫がいい」がふさわしいと判断できるはずだ。よって、「答え」は「虫」になる。本校に限らず「慣用句」は頻出。あらゆるものを定着させておくこと。

<時間配分目安:1分半>

[問4] 「状況説明選択肢」(5択)。
傍線部(4)「佐藤先輩はくちびるだけで微笑んでいた」について、このときの「『佐藤先輩』について述べたもの」を答える。
「選択肢設問」は「消去法」が原則。
先ずは「原意消去」をしたい(「原意絶対優位の原則」=「設問」「傍線部」等の「原意」、要は「本来の意味」を最優先に考えること)。ここでは「微笑んでいた」の「原意」と結びつかないものを「消去」していく。
各選択肢の「文末」を確認する(「選択肢」の説明で最も重要な要素は「文末」に記されている)。
(ア)「信じられなくなっている」
(イ)「いいことだと自分に言い聞かせている」
(ウ)「突き放している」
(エ)「悲しみをこらえている」
(オ)「怒りと憎しみがこみ上げている」。
さあ、どうだろうか? 「微笑んでいた」のだから無論、(イ)以外は「消去」できるはずだ。他の部分の説明も特に誤っていないので、「答え」は(イ)でいい。なんと「一発消去」だ。「原意消去」、大いに活用すべし。

<時間配分目安:1分>

[問5] 「内容説明の空所補充選択肢」(全4問/8択)。
傍線部(5)「マレーシア」と傍線部(6)「日本」について、「本文において語られるマレーシアと日本の社会の違い」について述べた文中の、   D に入る「ふさわしい言葉」を答える。
本校としては昨年度新出の「本文内容に関する空所補充選択肢設問」と同種の問題。
「説明文」だけで「360字ほど」もあり「15択」という昨年度には及ばないが、相当に厄介だ。
そこで、空所前後の「文脈」で選択肢を絞り込んでおきたい。
「説明文」は「  性を  される日本の社会に対し、マレーシアの社会は「  性が  される」というものだ。明らかに、    と対になっており、「○○性」に合致するものだと分かる。そうだとすると、選択肢の中では(ア)「異質」と(オ)「同質」の組み合わせしかない。
さらに、それらを踏まえて    の候補を絞り込むと、両者には(ウ)「強要」か(ク)「容認」か、どちらかだと判別できるはず。その上で、傍線部直後で説明されている「日本の社会」と「マレーシアの社会」との違いを読み取れば、自ずと特定が可能になる。
それぞれの「答え」は、  (オ)「同質」  (ウ)「強要」  (ア)「異質」  (ク)「容認」となる。
このように、「文脈」の基礎的な「解法」などを駆使していくといった「知恵」が、本校でも確実に求められるようになったということだ。

<時間配分目安:全問で2分強>

[問7] 「内容説明の抜き出し」(「10字程度」の「はじめ」と「終わり」の「3字」指定)。
傍線部(7)「こんな自分、嫌だ」について、「『沙弥』にとっての理想のあり方が表現された部分」を「十字程度」で抜き出し、「はじめ」と「終わり」の「三字」を答える。
「抜き出し」では、「抜き出し内容」を捉えた上で「抜き出し範囲」を絞り込んでいく。
先ずは「内容」。「こんな自分」が「嫌」なのだから、「こんな自分」とは違う「『沙弥』にとっての理想のあり方」ということになる。当然、「指示語」があるので開く(「指示語」が出たら即開くことが肝要)。
直前から、「こんな自分」=「(マレーシアにいたときとは違って、いま日本にいる自分は)人とちがうことを怖がって、人とちがうことを否定して」いる「自分」だと分かる。
つまり、「理想のあり方」とは「(どこでも)人とちがうことを怖がらず、肯定できる自分」ということになる。「範囲」は無論、「同一場面」だ。確認していくと、直後で図書室の「七海さん」が「沙弥」が好きな本について、「その本、私も好きだよ」と言って、話しかけている。その中に「その本は私が行く先々で、どこでも同じ凛(りん)とした姿で図書館にある。それを見ると、安心して、私も自分の気持ちを立て直すことができた」とあり、「マレーシアの日本人学校の図書室にも、この中学校の図書室にも。遠く離れた場所でも、この本は変わらない……」という「沙弥」の思いが続いている。「どこでも同じ」で「凛」としている。まさに、「理想のあり方」ではないか。「字数」もOKだ。
したがって、「答え」は「どこで~した姿」となる。尚、「抜き出し」では「候補」がひとつとは限らない。「範囲」を隈なく探し、全ての「候補」を確認してから特定しなくてはいけない。

<時間配分目安:2分半>

[問8] 「条件付き理由説明記述」(「字数指定」なし、「20字程度」」の解答欄)。
傍線部(8)「単に出席番号が三十一だから」について、「なぜ『出席番号が三十一』だと佐藤先輩に選ばれることになるのか」を説明する。
「条件」は「簡潔に答える」こと。
何が「出席番号が三十一だから」なのかが分からなくては始まらない。「同一場面」を確認する。
直前の「七海さん」の言葉から、「『佐藤先輩』が『沙弥』を吟行に誘った」ことだと読み取れるはずだ。で、「吟行」って何?そのことが判明しなければ「出席番号が三十一」との関連も不明のまま。
改めて、「同一場面」、さらには「本文全体」をチェックする。が、つかめない。まさか、こんなことが……。何か忘れてはいないか?そうだ、「前説」だ。そこから「吟行=短歌を詠みに出かけること」だと判明するではないか。「短歌」と「出席番号が三十一」とはどう結びついているのか……。「短歌」は「五・七・五・七・七」=そう、「三十一音」だ⇒「短歌」のことを「みそひともじ(三十一文字)」ということは知っておきたい。
したがって、たとえば、「吟行で詠まれる短歌は三十一音だから。」(18字)といった「答え」だ。
本問からの教訓、それは「前説」は単に物語の概略を説明しているだけではなく、設問を解くためには不可欠だから記されているということだ。

<時間配分目安:3分>

【大問二】「論説文の読解」(「説明記述」3問あり)

市場、国家、社会……断絶した世界が「つながり」を取り戻す可能性を、「構築人類学」という新たな学問手法で追求――強固な制度のなかにスキマをつくる力は「うしろめたさ」にあると指摘している。

本文では、政治的な統制の強いエチオピアだが、「人の名前」に関する日本とエチオピアの違いを例に、どちらの国家支配が強いかを論じている。「人類学」についての論述ではあるが、筆者の体験談を中心に論じられており、難解な語句は「*注」で説明されているので内容は十分に理解できるはず。

「説明記述」中心の大問構成。なかなか一筋縄ではいかない。時間配分が鍵となる。
何問かを考えてみたい。

[問1] 「語句の空所補充選択肢」(全3問/5択)。
本文中の    の空所に「当てはまる言葉」を答える。
各選択肢は、全て「接続詞」と「副詞」だ。
「接続詞」は本校に限らず定番の問題。中でも「逆接」はともかく、それ以外には十分に注意すること。
「逆接」以外だと、どれもがあてはまってしまう可能性があるのだ。単純に前後を読みつなぐだけではなく、それぞれの「接続詞」の「意味・用法」を的確に押さえた上で、「内容」を確認する必要がある。
順に空所に「当てはまる言葉」を確認していく。
  には「例示」の「副詞」である(イ)の「たとえば」、  には「順接」の「接続詞」である(オ)の「一方」、  には「無論」の意味の「副詞」である(ウ)の「もちろん」がそれぞれ入ると分かるはずだ。「逆接」以外では、いくつかの「候補」をしっかりと「代入確認」してから確定することが重要だ。

<時間配分目安:全問で1分半>

[問2] 「語句の空所補充選択肢」(5択)。
「総合的知識問題」。「語句の意味」。
本文中にある空所  に入る「ある傾向が強い様子」を意味する「言葉」を答える。
各選択肢は、(ア)「つまるところ」、(イ)「まれに」、(ウ)「あくまで」、(エ)「存外」、(オ)「とかく」。「まれに」はともかく、他は意外と知らないかも知れない。「つまるところ」=「詰まる所」=「結局。要するに」、「あくまで」=「飽くまで」=「どこまでも、徹底的に」、「存外」=「予想していた以上に。案外」、「とかく」=「あれやこれや。いろいろと。しばしばそうなる傾向があるさま」。
よって、「答え」は(オ)だ。本校では、こうしたレベルの「語彙力」が求められると心得よ。

<時間配分目安:30秒>

[問3] 「条件付き内容説明記述」(「40字以内」指定)。
傍線部(1)「エチオピアでの『名前』は、単一の固定したものではない」について、それでは「エチオピアでにおける『名前』とはどのようなものであると言えるか」を「解答らんに合わせ」て、「四十字以内」で説明する。
「条件」は、「『個人』という言葉を用いる」こと。「解答らん」は「エチオピアでにおける『名前』とは、□□□……」となっている。「同一意味段落」から「エチオピアの『名前』がどのようなものなのか」を読み解いていきたい(「論説文」や「随筆」では「同一意味段落」に「根拠・手がかり」がある)。
傍線部直後で「(エチオピアの)『名前』は、『わたし』という存在の外部にあって、つねに操作可能」と説明されている。また、3段落前では「『名前』は、社会的な関係や状況に応じて呼び方が変わる」と述べられている。
こうした内容を「過不足なく」まとめていきたい。たとえば、「(エチオピアにおける『名前』とは、) 『わたし』という存在の外部にあり、社会的な関係や状況に応じて呼び方が変わるもの。」(40字)といった「答え」だ。
「文脈」を的確にたどり、述べるべき要素を把握することが肝要だ。

<時間配分目安:2分強>

【大問三】「総合的知識問題」(「漢字の読み書き」と「多義語の記述」)

「総合的知識問題」。「漢字の読み書き」7問と「多義語の記述」3問だ。
初めて「漢字問題」以外が「小問」として加わった一昨年度は難易度が高く、昨年度はとても平易だったが、本年度は再び難しくなった(隔年現象か?)。
特に「多義語の記述」は厄介だ。以下、注意すべきものを挙げておく。

[問1] 「漢字の読み書き」(「読み」が2問と「書きとり」が5問。「送り仮名」の必要なものは「ひらがな」でつけること)。
昨年度同様に本年度も「送り仮名」も求められているので、注意すること。
目論見」=「もくろみ」⇒「計画。企て」という意味も押さえておくこと。
「いわば、シキンセキとして」=「試金石」⇒「貴金属の鑑定に用いられる黒色の硬い石」のことだが、「物の価値や人の力量などを計る基準となる物事」という意味でよく用いられるので注意すること。
「生活にウラウチされた」=「裏打ち」⇒「紙・布・革などの裏にさらに和紙や布などを張って厚く丈夫にすること」だが、ここでは「物事を別の面から確実にする」こと。
金輪際」=「こんりんざい」⇒本来は「仏教用語」だが、「極限まで。どこまでも」という意味でも用いられ、後に「打消し」を伴うと、「絶対に・断じて~ない」となる。
本校が求める「語彙力」の高さをここでも痛感させられる。尚、普段あまり意識していないかもしれない「送り仮名」、改めて確認しておきたい。

<時間配分目安:全問で3分>

[問2]  「多義語の記述」(3問。「ひらがな」指定)
示されている(例)のように、①~③の「意味を表すことば」を「ひらがな」で答える。
新趣向の問題。馴染みがないので戸惑うことは必須だ。
(例)「囲碁、将棋などで先の手を考える/顔色から気持ちを考える/詩歌を作る」⇒「答え」=「よむ」。
「鑑定する/世話をする/ためす」⇒「ものをみる目がある」/「子どもの面倒をみる」/「あじをみる」といったような使い方がある⇒「答え」=「みる」。
「出発する/続けていたことを止める/服の生地などを切る」⇒「午後の便でたつ」/「国交をたつ」/「布をたつ」といったような使い方がある⇒「答え」=「たつ」。
「強い感動を与える/芝居を興行する/文字などを入力する」⇒「心をうつ」/「興行をうつ」/「ワープロをうつ」といったような使い方がある⇒「答え」=「うつ」。
本校では、本問のように新たな出題形式が登場する。どのような問題であっても対応できるように、「知識分野」についての確実な習得が必要だ。

<時間配分目安:全問で2分>

攻略ポイント

●昨年度以降、本校最大の「攻略ポイント」が「抜き出し設問」からシフトしつつある。本年度は「説明記述」だ。その対策としては、正否の分かれ目となる「最重要要素」を「文末」として他の「必要な要素」を積み上げていくという手法を完璧にマスターすること。それぞれの「要素」を「20~30字程度」でまとめられるように徹底的に練習することが肝要。

●無論、「抜き出し設問」も無視はできない。その「攻略法」を押さえた上で(「2017年度」の「攻略のポイント」を御覧あれ)、今後のさらなるシフトに備え幅広い「解法」を習得し、応用できるようにしておくことが肝要になった。そうでなければ、本校合格は勝ち取れないと考えよ。合格ラインは「国語の受験者平均得点率」(過去10年間の平均で54.3%、本年度はさらに減少して48.8%)と「4科合計の合格最低得点率」(過去10年間の平均で62.5%、本年度は62.8%)から推定すると6割強。「解法」を定着させて、無駄な失点を防がなくてはけない。

●「高い語彙力」が求められる早実では「総合的知識問題」も侮れない。「四字熟語」「慣用句」「ことわざ」「故事成語」などの「語句」関連だけではなく、「文法」も確実に理解し、定着させておく必要がある。本校を志望したその時からあらゆる「知識」を独自に吸収するように努力すること(当然、塾での学習だけでは不十分)。

●試験時間は60分。問題文のボリュームは全体で7000~8000字程度となっている(本年度は減少して約6200字)。いかに速く読み取れるかが勝負。分速750字以上を目標に「読む練習」を常にすることが重要だ。

早稲田実業学校中等部トップページはこちら

中学受験のために家庭でできること

インタビュー =学力が伸びる子と伸び悩む子の特徴とは

リーダーズブレインの合格実績豊富な現役家庭教師が、プロならではの視点でポイントをお話ししています。どのようなタイプの子供が伸びるのか、家庭でのサポートで親が気を付けるべき事は何か。勉強のサポートの仕方から親子の関係性など…ぜひ参考にしてください。

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ 6F(受付)・7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ