慶應義塾普通部

中学受験専門プロ家庭教師が語る

慶應義塾普通部の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

慶應普通部の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

慶應普通部受験の攻略ポイント

慶應義塾系列の男子校。どの科目も、試験時間が短いため相応の「処理能力」が求められる。また「教養人」を求めている慶應らしい設問も多い。幅広く「一般常識」を身につけられるよう、日頃から意識しておく必要あり。

算数 全問記述式で、式や考え方を記述させるスタイル。しかも試験時間が短いためスピードが要求される。
国語 難易度は一部を除き、「標準」か「平易」のレベル。ポイントは「知識問題」。
社会 最大のネックは「試験時間」。難易度から判断して、瞬時に「捨て問」を判別し次の問題に向かうことが必須。
理科 基礎知識が幅広く問われている。難しい問題で差をつけるのではなく、受験者の一般教養を問う傾向。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:100点

場合の数、数の性質、速さ、平面図形、立体図形(展開図に関する問題)の出題が多い。また、手を動かして作業していく問題がよく見られるのも本校の特徴である。一方、典型的な特殊算の問題は、それほど多くは出題されていない。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算問題 3分
【大問2】推理に関する問題 標準 3分
【大問3】調べ上げの問題 4分
【大問4】やりとりの問題 標準 5分
【大問5】流水算 標準 6分
【大問6】立体図形 標準 2分
【大問7】場合の数 標準 7分
【大問8】平面図形 標準 4分
【大問9】マルイチ算 標準 4分
【大問10】平面図形 標準 2分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:100点

2015度までは「論説文」(説明文)と「小説」(あるいは「随筆」)と「漢字の書きとり」という大問3題が基本だったが、昨年度は「韻文」が加わって大問4題になり、本年度は「小説」と「随筆」2題、「漢字の書きとり」という大問4題(近年、傾向が揺らいでいるので要注意)。文章量は一昨年度まで6000~7000字程度と増加傾向にあったが、昨年度は歯止めがかかり、本年度は減少して約5500字。「設問形式」は、「選択肢」「抜き出し」「説明記述」「空所補充」「脱文挿入」などと多彩だ。ただ、「説明記述」は例年数問(本年度は3問)で字数も「10~30字」と少ない。当然、「設問内容」も多種多様だが、慶應義塾(「普通部」に限らず)の特色として「漢字」以外の様々な「知識問題」があるので、幅広い「知識」を日頃から身につけておくことが必要。100点満点。試験時間は40分。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】小説 やや難 18分程度
【大問2】随筆 標準 12分程度
【大問3】随筆 7分程度
【大問4】漢字の書きとり 標準 3分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間:30分
  • 満点:100点

「地理」「歴史」「公民」「時事」、全ての単元から出題される。大問は5~6題。単元別の出題数としては、「歴史」「地理」がメインで(2017年度は「歴史」が約半数)、次いで「公民」「時事」の順(本年度は「時事」が多い)。全解答数は50~60弱程度。本年度は大問5題。「歴史」(1問のみ「時事」)2題、「地理」、「地理」「時事」、「公民」「時事」が各1題で全解答数は47。解答形式は、「事項記述」(ほぼ「漢字指定」)、「選択肢」(「整序」あり)、「説明記述」(数問。本年度は2問)。「地図」「統計資料」「歴史資料」「写真」「図版」などからの出題がある。「基本レベルの問題」の中に「超難問」が紛れ、さらに、「大人の一般常識」を問われる場合もある(慶應義塾は「教養人」を求めている)。いずれにしても、時間と解答数を考えると、「スピード」と「処理能力の高さ」が求められる「1点を争う勝負」となる。100点満点。試験時間は30分。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】地理 7分
【大問2】地理 時事 標準 5分
【大問3】歴史 5分
【大問4】歴史 やや難 8分
【大問5】公民 時事 やや難 5分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間:30分
  • 満点:100点

理科の3分野(化学、生物、地学)から出題され、今年は物理分野の出題がなかった。小学生の理科単元の基礎知識が幅広く問われている。難しい問題で受験者に差をつけるのではなく、受験者の一般教養を問う傾向にある。低学年の段階から、図鑑を利用した学習を始めておくと有利になるだろう。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】 化学分野 (水溶液 酸とアルカリ) 標準 8分
【大問2】生物分野 (植物のしくみ 植物の発生) やや難 8分
【大問3】生物分野 (生物の環境) 6分
【大問4】地学分野 (太陽と月) 標準 7分

学校概要

学校 慶應義塾普通部
偏差値 2017予測偏差値64(四谷大塚80%)・57(サピックス80%)
併願校 聖光学院中慶應湘南藤沢中慶應中等部芝中渋谷教育学園幕張中市川中栄東中桐朋中浅野中渋谷教育学園渋谷中・サレジオ学院中・逗子開成中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点など具体的な数値は非公表だが、問題の難易度から判断すると、およそ7割程度が合格ラインではないかと推測される。出身塾別で見ると、サピックスが多く、早稲田アカデミー・四谷大塚・日能研が続いている。リーダーズブレインの生徒も同様の塾生が多いが、近年サピックス生の増加が見られる。
進学実績 ほぼ全員が慶應義塾大学に進学。進学できる学部は、普段の成績と本人の希望をあわせて確定する。
その他 慶應義塾系列の男子校。慶應義塾大学への内部進学を前提とした授業カリキュラムを行う。
基本情報 所在地 〒223-0062 神奈川県横浜市港北区日吉本町1−45−1
最寄駅 東急東横線・目黒線・市営地下鉄「日吉」より徒歩5分
連絡先 ℡:045-562-1181
沿革 明治31年慶應一貫教育体制が確立。
  • 慶應義塾普通部

  • 慶應義塾普通部受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
レイカビル7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ