慶應義塾湘南藤沢中等部

中学受験専門プロ家庭教師が語る

慶應義塾湘南藤沢中等部の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

慶應義塾湘南藤沢中等部の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

慶應湘南藤沢中等部受験の攻略ポイント

慶應義塾系列の共学校。どの科目も、標準的な問題が解けるということは最低条件として、各科目それぞれ、慶應義塾湘南藤沢中等部の傾向に合わせた対策を十分に取る必要あり。

算数 解法が分かっても手間のかかる問題が比較的多く、「処理能力」が要求される。
国語 「長文自由記述(論述)問題」をいかに攻略するかが最大のポイント。「読解問題」も「高度な読解力」が求められる。
社会 基本は「取れる問題を確実に押さえる」ことで、瞬時に「捨て問」を判別し次の問題に立ち向かうことが必要。
理科 4分野から基礎知識が幅広く問われる。資料や設問文を、読む速度を上げておくことが必要。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間:45分
  • 満点:100点

規則性、速さ、立体図形、割合の出題が多い。速さや立体図形では、グラフに関する問題が中心になっている。また、割合の中では、仕事算・ニュートン算・食塩水に関する問題が比較的多い傾向がある。
一方で、場合の数など出題数の少ない分野もあり、出題分野にやや偏りがある。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算問題 2分
【大問2】小問集合 9分
【大問3】平面図形 標準 6分
【大問4】規則性 やや難 11分
【大問5】立体図形 標準 5分
【大問6】速さ やや難 12分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:45分
  • 満点:100点

「小説」と「論説文」(あるいは「説明文」「随筆」「韻文」)、「漢字」を含む「総合的知識問題」(「一般常識」が問われることもある)、「長文自由記述(論述)問題」という大問4題が基本(2017年度も同)。文章量は7000~10000字超(本年度は約10600字)。解答数は例年40前後(本年度は昨年度同様やや多い47)。「設問形式」は、「選択肢」「抜き出し」「空所補充」「語句(事項)記述」「乱文整序」、「説明記述」(例年数問。本年度はなし)など。そして、何といっても本校の「国語」で最大の特色は「長文自由記述(論述)問題」(「100字」超。本年度は昨年度に引き続き「180字以内」指定)。「題材」が毎年異なり、ユニークなものが目白押しだ。「四本足の物体の仕組みと働き」(12年度)、「リボンの結び方」(11年度)、「アイスクリームがおいしい理由」(09年度)、「文字の図案化」(08年度)等々。ここ数年はあまり奇をてらったものはなかったが、本年度は「じゃんけん」の「ルール説明」という不可思議な題材だ。当然、個別の対策が必要となってくる。100点満点。試験時間は45分。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】一般常識問題 やや難 1分
【大問二】説明文 標準 10分
【大問三】小説 標準 26分
【大問四】課題型の長文自由記述問題 やや難 8分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間:25分
  • 満点:50点

「地理」「歴史」「公民」「時事」、全ての単元から出題される。大問は6~7題で近年は定着している(2017年度は7題)。各大問は3単元対応が基本だが、一部他の単元が混在することもある。解答数は例年50ほど(本年度はやや減って42)。単元別配点比率では、これまで「歴史」が断然トップで、「地理」「公民」「時事」と続いていたが、本年度は「歴史」(38%)と「地理」(36%)がほぼ並び、「公民」(20%)「時事」(6%)だった(新傾向か? 要注意)。解答形式は、「リード文」や「単一テーマについての説明文」、「資(史)料」などに関しての「選択肢」(「不適切」「組み合わせ」あり)、「事項記述」(「漢字指定」「計算」などあり)、「年代整序」、「説明記述」(本年度は1問)など。出題内容は多彩で、「地図」「地形図」「統計資料」「史料」等々の「高度な読み取り」も求められる。いずれにしても、時間と解答数を考えると、「スピード」と「思考力・処理能力の高さ」が求められる。50点満点。試験時間は25分。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】地理 3分
【大問2】地理 標準 4分
【大問3】歴史 3分
【大問4】歴史 4分
【大問5】歴史 標準 4分
【大問6】公民 やや難 3分
【大問7】公民 標準 4分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間:25分
  • 満点:50点

理科の4分野(物理、化学、生物、地学)のすべてから出題される。小学生の理科単元の基礎知識が幅広く問われている。難しい問題で受験者に差をつけるのではなく、受験者の一般教養を問う傾向にある。低学年の段階から、図鑑を利用した学習を始めておくと有利になるだろう。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】物理分野(ふりこの運動) やや難 6分
【大問2】地学分野(太陽と月) 標準 6分
【大問3】化学分野(上皿天秤 水溶液) 標準 6分
【大問4】生物分野(動物のしくみ 生命と環境) 標準 5分

慶應義塾湘南藤沢中等部合格者の声

小倉先生の経験と実績が息子を合格へと導いたと思っています。8月の終わり頃入会して、単元によっては基本から教わることで、すぐに成績が上がりはじめました。入試直前期には、志望校の出題傾向から特におさえておくべき単元をしぼっていただきました。小倉先生に教わってから算数ができるようになって自信がつき、合格することができました。本当にありがとうございました。

K.N君の保護者様

学校概要

学校 慶應義塾湘南藤沢中等部
偏差値 2017予測偏差値 男64/女68(四谷大塚80%)・男58/女60(サピックス80%)
併願校 1月入試では渋谷教育学園幕張中栄東中市川中、2月は慶應義塾普通部慶應義塾中等部早稲田実業中聖光学院中渋谷教育学園渋谷中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点など具体的な数値は非公表だが、問題の難易度から判断すると、およそ7割程度が合格ラインではないかと推測される。出身塾別で見ると、サピックスが多く、日能研・早稲田アカデミー・四谷大塚が続いている。
進学実績 ほぼ全員が慶應義塾大学に進学。進学できる学部は、普段の成績と本人の希望をあわせて確定する。
その他 慶應大学湘南藤沢キャンパス内に校舎がある。情報教育と異文化交流に力を入れており、帰国生の割合が約2割と高くなっている。
基本情報 所在地 〒252-0816 神奈川県藤沢市遠藤5466
最寄駅 小田急江ノ島線/相鉄いずみ野線/市営地下鉄「湘南台」よりバス・JR「辻堂」よりバス
連絡先 ℡:0466-49-3585
沿革 平成4年開校。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら
  • 慶應義塾湘南藤沢中等部

  • 慶應義塾湘南藤沢中等部受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ6F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ