聖光学院中学校

中学受験専門プロ家庭教師が語る

聖光学院中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

聖光学院中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、第1回

聖光学院中受験の攻略ポイント

神奈川の男子最難関校の1つ。どの科目も、中学受験の全分野を満遍なく学習することが求められる。さらに、それらを土台とした高レベルの「思考力」と「応用力」が求められる。

算数 極端な難問や易しすぎる問題はほとんど出題されず、実力が忠実に点数に表れる。よって全分野、十分な学習が必要。
国語 「選択肢問題」は、各選択肢の説明が長く(しかも5択)、紛らわしいものが多い。十分な対策が必要。
社会 様々な「知識」を多角的に組み合わせて考えなければ解けない問題が多い。解くスピードも求められる。
理科 知識の丸暗記では太刀打ちができない。しっかりとした科学法則の理解に裏付けられた「思考力」が求められる。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間:60分
  • 満点:150点

本校では、割合、速さ、平面図形、立体図形がよく出題されている。
ただし、出題分野に極端な偏りはなく、場合の数、規則性なども少なからず出題されている。
いずれの分野も、深い理解をしたうえで、難度の高い問題にも触れておきたい。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算と小問 標準 9分
【大問2】場合の数 標準 11分
【大問3】場合の数 標準 7分
【大問4】水入れの問題 やや難 20分
【大問5】立体図形 やや難 10分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:60分
  • 満点:150点

※本校では例年、2回の試験が実施されているが、以下は全て「第一回試験」について。

「小説」(あるいは「随筆」)と「論説文」(あるいは「説明文」)、「漢字」、「総合的知識」(「国語常識」)、各1題の大問4題という出題形式が定着している(2017年度も同様)。

「解答数」は30前後(本年度は29)。文章量は7000~10000字程度(本年度は約7900字)。設問形式は、「選択肢」「抜き出し」「空所補充」「語句記述」「説明記述」など多種多様。

中でも「厄介」なのは「選択肢」だ。基本的に「5択」で各選択肢の説明も長め(100字以上の場合もある)、加えて紛らわしいものが多々あり、合否を分けるポイントとなっている。

「説明記述」は数問で(本年度は3問)、「40~80字ほど」の字数指定が多い。

さらに、「大問二」で必ず出題されている「総合的知識問題」も大きな特色。あらゆる分野から出題されており、大人でさえ「えっ、何?」という難問もある。本校のホームページにも「豊かな言語体験を持つ、ということは日頃から心がけてほしい」と記されているほどだ。幅広い「知識」を日頃から身につけておくことが求められている。

150点満点。試験時間は60分。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】漢字の書きとり 標準 1分
【大問二】総合的知識問題(「心情表現」記述) 4分
【大問三】小説の読解(「説明記述」あり) やや難 26分
【大問四】論説文の読解(「説明記述」「知識」あり) 標準 29分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:100点

※本校では例年、2回の試験が実施されているが、以下は全て「第一回試験」について。

「地理」「歴史」「公民」「時事」、全ての単元から出題される。大問は例年4題(昨年度は3題だったが、2017年度は再び4題)。各大問は単元をまたいだ「総合形式問題」が多い。

本年度は、「歴史」のみ、「公民」「その他」(「時事的要素」もあり)、「歴史」「公民」「時事」「その他」、「地理」「歴史」の各1題。

全解答数は45~50弱で一貫している(本年度は45)。
「設問形式」は、様々な「リード文」などに関連しての「事項記述」、「選択肢」(「不適切」「組み合わせ」あり)、「抜き出し」、「説明記述」(本年度は4問)等。

特徴的なのは、同校ホームページに「基本的な知識をもとに、問題の読解力と、柔軟な思考力を磨くことが大切」と記されているように、様々な「知識」を多角的に組み合わせて考えなければ解けない問題が多いということだ。

また、「地理」の出題内容が実に多彩。「地図」「地形図」「統計資料」「図版」「写真」等々(本年度は「立体図」の出題あり)、「書き込み」をさせる場合もある。

時間と解答数を考えると、「スピード」と「思考力・処理能力の高さ」が求められる。

100点満点。試験時間は40分。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】[「歴史」単元(「説明記述」あり) 標準 12分
【大問2】「公民」単元(「その他」、「説明記述」あり) やや難 9分
【大問3】「公民」「歴史」「時事」単元(「説明記述」あり) 標準 9分
【大問4】「地理」「歴史」単元(「立体図」あり) やや難 9分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間:40分
  • 満点:100点

理科の4分野(物理、化学、生物、地学)のすべてから出題され、中学受験のカリキュラムを駆使した良問といえる。難易度は高く、計算問題よりも、受験者の思考力を試そうという傾向にある。
過去問の演習を含めて、独自の対策が必須だ。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】生物(生物と環境) やや難 8分
【大問2】地学(天体) 標準 11分
【大問3】化学(水溶液) 標準 9分
【大問4】物理(音) 12分

聖光学院中学校合格者の声

国語に対する取り組み姿勢が変わり、興味を持つようになり、結果として学力も向上しました。志望校合格の鍵となりました。

N.A君の保護者様

学校概要

学校 聖光学院中学校
偏差値 2017予測偏差値70(四谷大塚80%)・64(サピックス80%)
併願校 1月入試では渋谷教育学園幕張中市川中栄東中、2月は開成中筑波大学附属駒場中駒場東邦中早稲田中渋谷教育学園渋谷中浅野中麻布中海城中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低70%はクリアしよう。出身塾別で見ると、サピックスが多く、四谷大塚・日能研・早稲田アカデミーが続いている。
進学実績 東大・東工大・一橋大を始めとした国立大に60%、早稲田大・慶應義塾大・上智大に120%、MARCHに30%が合格している。
その他 高校からの募集を行わない完全中高一貫校。神奈川県男子御三家のひとつ。大学現役合格率は全国でもトップクラスだが、「聖光塾」や「選択芸術講座」など受験対策以外の教育も充実している。
基本情報 所在地 〒231-0837 神奈川県横浜市中区滝之上100
最寄駅 JR「山手駅」徒歩8分
連絡先 ℡:045-621-2051
沿革 昭和33年設立。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら
  • 聖光学院中学校

  • 聖光学院中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
新陽ビルⅢ6F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ