女子学院中学校

中学受験専門プロ家庭教師が語る

女子学院中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

女子学院中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。
お手元に過去問をご用意ください。

女子学院中受験の攻略ポイント

女子御三家。どの科目も、「速読即解」が基本であり、圧倒的スピードでの「処理能力」が求められる。当然、速さだけではなく精度も要求されるため、全分野について一定以上のレベルに達することが大前提。

算数 さまざまなジャンルの問題に迅速かつ正確に反応でき、合理的に解を導く「処理能力」が必要。
国語 多彩な「解答形式」や「出題内容」から、本文の内容をどれだけ正確に読み取ることができるか問われる。
社会 限られた時間の中で、難易度を即座に判断し「取れる問題を確実に押さえる」ための、幅広い知識が求められる。
理科 標準的な問題が多いが、試験時間と設問数から、解答する速度と精度の両方が求められる。

算数の攻略ポイント

  • 試験時間:40分
  • 満点:100点

「速読即解」の代表校であり、40分という限られた時間の中でさまざまな出題がなされ、オールラウンドな力が試される。
「数の性質」…前半の小問に収まっていてもなかなか手強いときがあり注意が必要。本年度大問【1】の(2)がそれにあたる。
「図形(ほぼ全ジャンル)」…図形の出題は必ず複数見られ、難易度はさまざまだが、本年度は基本~標準レベルのものに落ち着いた。
「速さの問題」…旅人算が中心で、グラフを絡めてくることもしばしば。本年度は脇役して小問が一つだけ。
「文章題」…本年度はここが中心となった。大問の仕事算・周期算・平均算である。安易な設問から難問まで、当日の受験生を悩ませたのは想像に難くない。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】計算と小問集 12分
【大問2】平面図形(おうぎ形の面積) 5分
【大問3】仕事算(周期の問題) やや難 6分
【大問4】立体図形(容器を傾ける問題) 標準 6分
【大問5】周期算(日付の問題) やや難 6分
【大問6】平均の問題 6分

算数の学習法・攻略法をもっと見る

国語の攻略ポイント

  • 試験時間:40分
  • 満点:100点

「揺れ動いていた女子学院の国語」もさすがに安定したか? 2016年度の出題形式は昨年度と同じで、「随筆」と「論説文」、「漢字の書き取り」の大問3題。総文字数も昨年度同様の約4900字。「解答数」は昨年度より一気に減って37。「解答形式」は、「選択肢」「抜き出し」「事項記述」「説明記述」等でほぼ同様だ、つまりは、「揺れ」は収まりつつあるが、いまだ完全には落ち着いていないといったところ(故に、まだ油断は禁物)。無論、「総合的知識問題」を含めた「出題内容」の難易度の高さは不変で、「女子御三家」としての「洗練された総合的国語力」が問われることや、圧倒的なスピードでの「処理能力」が求められていることは言わずもがな。志望者は何にも動揺することなく、しかと本校を見据え確実な準備をしておきたい。100点満点。試験時間は40分。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】随筆の読解 やや難 16分
【大問二】論説文の読解 標準 23分
【大問三】漢字の書き取り 1分

国語の学習法・攻略法をもっと見る

社会の攻略ポイント

  • 試験時間:40分
  • 満点:100点

「地理」「歴史」「公民」「時事」、全ての単元から出題される。大問は3~5題(2016年度は4題)。全解答数は50~60弱程度(本年度は65。昨年度が何と90だったので、ほっと一息!)。 単元別配点比率としては近年、「地理」「歴史」、次いで「公民」の順だったが、本年度は3単元ともに3割前後と並んだ。「時事」はわずかだ(本年度は4%)。解答形式は、「事項記述」(一部「漢字指定」)「選択肢」「説明記述」(さほど長いものはない)など。そして、「地図」「地形図」「統計資料」「年表」「図版」等の読み取りは定番だ。時間と解答数を考えると、他校には見られない圧倒的な「スピード」と「処理能力の高さ」が求められる。「1点で雌雄を決する勝負」となる。100点満点。試験時間は40分。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問Ⅰ】地理・歴史 標準 12分
【大問Ⅱ】歴史・その他 やや難 13分
【大問Ⅲ】公民・地理 やや難 8分
【大問Ⅳ】公民・時事・地理 7分

社会の学習法・攻略法をもっと見る

理科の攻略ポイント

  • 試験時間:40分
  • 満点:100点

理科の4分野(物理、化学、生物、地学)のすべてから出題される。小学生の理科単元が、
基本に忠実に問われている。極端な対策は必要なく、標準の学習方法で対応できるが、細部までの確かな知識と、精度の高い計算能力は必要となる。

2016年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】 地学分野からの出題 標準 8分
【大問2】生物分野からの出題 標準 10分
【大問3】化学分野からの出題 やや難 10分
【大問4】物理分野からの出題 12分

理科の学習法・攻略法をもっと見る

女子学院中学校合格者の声

短い期間でしたが、算数の全単元と理科の苦手な単元をご指導いただくことができ、安心して受験当日を迎えることができました。また、子供だけでなく、親の不安なことも聞いて下さり、大変心強かったです。

Hさんの保護者様

Hさんの合格体験記をもっと見る

入試に間に合えば大丈夫ですよ、といつも言って下さいました。とてもおだやかな先生でしたので、こちらの焦りも少し楽になりました。細かい所まで指導して下さいました。

H.Kさんの保護者様

H.Kさんの合格体験記をもっと見る

女子学院中への受験を控えている保護者様へ

女子学院中学校の受験には学校別の対策が必須になります。プロ教師界でトップの実力を持つリーダーズブレインの家庭教師は、様々な中学受験の合格実績と受験ノウハウを有しています。その中でも、お子様に最適な女子学院中に強い家庭教師をご紹介します。

上位5.8%のトッププロ家庭教師を
ご紹介します。

中学受験プロ家庭教師紹介

リーダーズブレインの選び抜かれた中学受験専門プロ家庭教師の豊富な合格実績を紹介しています。

家庭教師ラインナップはこちら

学校概要

学校 女子学院中学校
偏差値 2017予測偏差値69(四谷大塚80%)・60(サピックス80%)
併願校 1月入試では渋谷教育学園幕張中浦和明の星中栄東中東邦大付属東邦中市川中、2月は豊島岡女子中白百合学園中鷗友学園女子中渋谷教育学園渋谷中洗足学園中・筑波大学附属中が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点は非公表だが、難易度や受験生のレベルから判断すると、75%はクリアしたい。出身塾別で見ると、サピックスが多く、早稲田アカデミー・四谷大塚・日能研が続いている。リーダーズブレインの生徒も同様の塾生が多い。
進学実績 東大・筑波大・一橋大を始めとした国立大に40%、早稲田大・慶應義塾大・上智大に170%、MARCHに90%が合格している。また、毎年卒業生の3割弱が上記大学の進学を目指して大学進学浪人を選択している。
その他 高校での募集を行わない完全中高一貫校。女子御三家のひとつ。制服や細かい校則はなく自由な校風。
基本情報 所在地 〒102-0082 東京都千代田区一番町22-10
最寄駅 有楽町線「麹町」徒歩3分・半蔵門線「半蔵門」徒歩6分・JR/都営新宿線「市ヶ谷」徒歩8分
連絡先 ℡:03-3263-1711
沿革 明治3年創設。
  • 女子学院中学校

  • 女子学院中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
レイカビル7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ