浦和明の星女子中学校

中学受験専門プロ家庭教師が語る

浦和明の星女子中学校の傾向と対策

出題傾向・攻略のための学習法・推奨テキスト

浦和明の星女子中学校の入試傾向をプロ家庭教師の視点で解説します。役立つプロのノウハウをご覧ください。

お手元に過去問をご用意ください。 ※問題は、第1回

浦和明の星女子中受験の攻略ポイント

埼玉の女子最難関校。どの科目も難問・奇問は少ないが、標準的な問題が解けるということは最低条件として、それらを早く正確に解答する「処理能力」が求められる。

算数 「問題を解くスピード」と「標準的な問題における正答率の高さ」が求められる。
国語 素材文が長いため速読は必須。選択肢式問題・書き抜き問題をすばやく解答する「処理能力」も求められる。
社会 全ての分野・単元から出題の可能性あり。全ての分野で隙の無い、確実な実力をつけることが必要。
理科 難問は少ない。基本的な知識と典型的な計算問題をスピードを持って解く練習が必要。

算数の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

「速さ」…大問として必ず出題されている。速さの問題と一言で言っても、その内容は、グラフを使うもの・純粋に速さを求めるものや旅人算・比を使うものなどバラエティに富んでいる。本年度は典型的な「速さのつるかめ算+旅人算」。逆に、「通過算」「時計算」「流水算」のような速さの文章題は見られない。
「図形」…平面図形、立体図形とも小問に見られる。他校に比べると図形の比重は低く感じる。本年度も【大問1】の設問に3つだけ。しかも平易。【大問2】も図形の問題と言えなくはないが…
「割合と比」…小問も含むとやはりよく出されている。割合と比は古典的な内容なので問題が十分に練られており、標準レベルの問題は必ず当てておきたい。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】小問集合 15分
【大問2】水そうとグラフ 標準 6分
【大問3】つるかめ算・割合と比 標準 6分
【大問4】速さの問題(つるかめ算・旅人算) やや難 10分
【大問5】規則性(数列・周期) 8分

国語の攻略ポイント *

  • 試験時間:50分
  • 満点:100点

やはり素材文の長さには特筆すべきものがある。例年でも10,000字を超えることがあったが、最新年度では論説文・物語文で計15000字ほどにもなっており、首都圏の入試でもトップクラスである。特に物語文は文量が多いので、長い文章でも集中を切らさずに読む練習を積んでおきたい。また、年度により詩の読解も出題されているので、無策でいるわけにはいかない。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問一】論説文の読解 やや難 27分
【大問二】小説の読解 やや難 23分

社会の攻略ポイント *

  • 試験時間:理社で50分
  • 満点:50点

平成29年度は例年と問題の形が大きく変わっている。
大問形式はなくなり、3つの資料文を読んで一問一答で答えていく形式になった。分野も大問ごとに分かれていた前年までと異なり、地理・歴史・現代社会が混在して1問ごとにいろいろな分野の問題に答えていくようになっている。図版や頻出だった地形図も出されていない。統計資料は使われている。
設問は例年通り記号選択がほとんどで難易度にも変化は無いと思われるが、29年度は合格者平均点が8割にもなり、易しかったようである。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【リード文・い】古墳時代~平安時代 標準 8分
【リード文・ろ】鎌倉時代~明治時代 やや難 8分
【リード文・は】明治時代~現代 標準 9分

理科の攻略ポイント *

  • 試験時間:理社で50分
  • 満点:50点

大問4つが4つの分野(生物・地学・物理・化学)から対等に出されており、また出題される単元にも偏りはないので、どの内容もまんべんなく押さえておかなければならない。
学校自体の難易度に比べると問題自体はオーソドックスで標準的なレベルになっていて、大変に取り組みやすい。昨年度の問題までに見られた問題文の分量も適切なものに変わった。

2017年度
分野・単元 難度 時間配分 必答問題
【大問1】鏡と光の反射 標準 6分
【大問2】水溶液の判別 標準 6分
【大問3】人体(消化器官と消化液の性質) 標準 8分
【大問4】北の空の星座 4分

学校概要

学校 浦和明の星女子中学校
偏差値 2017予測偏差値66(四谷大塚80%)・55(サピックス80%)
併願校 1月入試では渋谷教育学園幕張中栄東中、2月は女子学院中桜蔭中雙葉中豊島岡女子中渋谷教育学園渋谷中慶應中等部が多く見られる。
*入試日程の変更にご注意ください
合格者 合格最低点を見ると、年度による差があるが、事前の過去問対策では最低65%はクリアしよう。出身塾別で見ると、サピックスが多く、四谷大塚・早稲田アカデミー・日能研が続いている。
進学実績 東大・筑波大・東工大を始めとした国立大に2割、早稲田大・慶應義塾大・上智大に7割、MARCHに8割が合格している。
その他 2006年より高校での募集を停止し、完全中高一貫校となった。それ以降、国公立大の合格実績を伸ばしている。
基本情報 所在地 〒336-0926 埼玉県さいたま市緑区東浦和6-4-19
最寄駅 JR「東浦和」徒歩8分
連絡先 ℡:048-873-1160
沿革 平成15年開校。
  • 浦和明の星女子中学校

  • 浦和明の星女子中学校受験対策
    をお考えならプロ家庭教師による入試傾向対策指導を!

    お電話でのお問合せ資料請求はこちら
    0120-11-3967
    メールでのお問合せ資料請求はこちら
    資料請求はこちら

詳細はこちら

メールを送る

無料体験授業のご相談 お問合せ・資料請求

中学受験 家庭教師

合格実績

入試問題傾向分析と対策

短期集中フリープラン

お申込は授業回数5回だけの短期間でもOK!弱点克服!

1対1専用の教室併設

アクセス

東京都新宿区高田馬場1-29-4
レイカビル7F

TEL

FAX

  • プロ教師募集
  • 採用情報
ページトップ